松葉ひろたか  (ID:HIRO-COMICOMI)
★23924

横浜生まれのオタク者。広告会社を脱サラ後、一度商業デビューをしましたが、その雑誌が廃刊となった後は様々な企業や官庁の広告漫画の請負いでしぶとく生きてきました。今回このサイトの存在を知り、夢よもう一度の心意気で挑戦しております。

投稿作品

担当希望

担当希望はありません

編集者メッセージ(新着)

  • 愚か者の山へのメッセージ

    絵柄、設定に興味を惹かれて拝見しました。
    人間関係にトラブルを抱えた2人の男(おっさん)が、極限状態の中で生死の選択を投げかけられる。という設定が素晴らしくいいなぁと思いました。特にP.4の、主人公の「やり直したい過去」が見えるシーンがよかったです。すでに終わった関係にすがっている男と過酷な状況が相まって、一気に興味をそそられました。

    だからこそ主人公を、この極限状態の中でもう一人の男と向かい合わせることで救ってほしかったです。
    いまのところ囚人が出てきてしまったあたりで、主人公の問題が置き去りになってしまった気がしてもったいなかったです。
    また、この山がどれだけ危険なのかをもっと伝えてほしかったです。個人的には「囚人」が脅威になることよりも、この山自体の過酷さが、2人を極限状態に落としてくれるとよかったかなぁと思いました。

    設定や男の哀愁のようなものが感じられる、個人的に好みな作風です。
    応援しております。

編集者メッセージ(いいね)

  • 愚か者の山へのメッセージ

    絵柄、設定に興味を惹かれて拝見しました。
    人間関係にトラブルを抱えた2人の男(おっさん)が、極限状態の中で生死の選択を投げかけられる。という設定が素晴らしくいいなぁと思いました。特にP.4の、主人公の「やり直したい過去」が見えるシーンがよかったです。すでに終わった関係にすがっている男と過酷な状況が相まって、一気に興味をそそられました。

    だからこそ主人公を、この極限状態の中でもう一人の男と向かい合わせることで救ってほしかったです。
    いまのところ囚人が出てきてしまったあたりで、主人公の問題が置き去りになってしまった気がしてもったいなかったです。
    また、この山がどれだけ危険なのかをもっと伝えてほしかったです。個人的には「囚人」が脅威になることよりも、この山自体の過酷さが、2人を極限状態に落としてくれるとよかったかなぁと思いました。

    設定や男の哀愁のようなものが感じられる、個人的に好みな作風です。
    応援しております。

TOP