作品詳細ページ

デッドメーカー(ネーム)

躯咲【むくろさき】

★49 1,184

最新話公開 2018年03月19日 第1話公開 2018年03月19日

結構前に描いたけどお蔵入りしていた読み切りネームです。主人公据え置き。

もくじ

  • 第1話

    公開日:2018年03月19日

    ★5

編集者メッセージ(新着)

  • よ! 新作お待ちしてました!
    「新作」ではないですかね。前回の『カラフルグレー』もこちらも以前描かれたもののようですが、もしかしてこちらの方が先にあったプロトタイプかな〜などと推測しながら読ませていただきました。こちらもセンスが随所からほとばしっていて、大変面白かったです。その上で、これをもとに編集者(第三者)の指摘なしでブラッシュアップして『カラフルグレー』を作ったのだとしたら、すごいなーと思いました。『デッドメーカー』の面白いところをギュッと凝縮して強化して短くしたのが『カラフルグレー』だと個人的には思っていて、この作業を1人でできてしまう人はなかなかいないと思います…。(この作品の面白いところ、魅せるポイントは、バトルよりも、この屋敷内のイリスたちの「生活萌え」(+イリスのデレ)だと思っています)キャラの配置も、パッと見ちょっとイリスと似てしまっているブレアよりも、唯一無二の首なし凄腕メイドメアリーの方が良いと思います。
    でもコマ割りはこちらの『デッドメーカー』の方が読みやすかったりして、とにかく不思議な作家さんだな〜と思いました。是非一度お会いしてお話しさせて頂きたいです!

    2018/03/19 13:53
  • 新作、ありがとうございました!
    前回投稿からの、ここ2週間が人生で一番待ち遠しい時間でした笑

    さて、作品についてですが、
    「もう、これをこのまま連載の1話としてしまっていいのでは!?」
    と。
    血が怖いネクロマンサーと潔癖症のゾンビメイド…、始まりから二人のギャツプの可愛くて可愛くて。
    他にもブレアちゃんのヨダレだったり、主人公のぬいぐるみ屋さんだったり、キャラの背景がしっかりあるところを見ると、もうキャラクター作りは一流の域ですね。

    個人的にうさまの「ダイナマイッ」が口に出して言いたくなるほど、ツボでした笑

    今作に関して、僕から言えることはほぼありません。
    あるとすれば、お話の始まりに「ネクロマンサーとは恐ろしいものである」の様なおどろおどろしいフリがあれば、死霊魔導士というテーマの紹介と3P目のイリスのギャップがさらに引き立つのではないでしょうか。
    もう、それくらいの修正で連載を狙えるなと思えるほど面白かったです。
    (贅沢を言うと、25Pのネクロマンサー殺しの断末魔が印象に残りすぎて、彼については何もないままお話が終わっちゃったと思えてしまったので、彼についても最後にちょっと触れてほしかったかなとは思いました。)

    ここから2話、3話と彼女に来る依頼をこなすお話を基本に、全体を貫く縦軸を置ければ、すぐに連載できそうです。

    そして、何よりネームの段階でセリフを読みやすく投稿していただけたことに感激しました。
    こういうことって、分かっていても中々できないことですよね。
    ムクロさんは「人に伝えるということ」をしっかり分かっている方だなと思います。
    もう、そういう意識も含めて、マンガを商業連載するお力が絶対あるはずです。

    僕が担当になれなくても、どこかで連連載されて、このキャラクターたちをずっと見れればいいなと思えるくらい、ムクロさんの創ったキャラクターたちが大好きです。
    ですが、それに関われないのは、とても悔しいので、是非『デッドメーカー』を連載するためのお手伝いをさせていただきけないでしょうか。
    よろしくお願いいたします!

    2018/03/19 13:15
  • アップ楽しみにしておりました!
    そして楽しく読ませてもらいました!

    バトルの設定が実はとてもしっかりと練られており、セリフの語感にもこだわりがあり、キャラの美学もキラリと光ったりと、料理でいうところの「仕込み」の丁寧さに感動しました。


    ですがそんな小難しいことは抜きに、マスター(主人公)をもっともっと見ていたいと思えたことが最大の魅力&最大の武器なんだと思います。

    『カラフルグレー』から一貫して、
    ミニネームでも良いので主人公が動くところをとにかくたくさん読んでみたいと思わせる力があります。超個人的願望で読みたいです。
    この主人公は発明です!

    2018/03/19 12:23

編集者メッセージ(いいね)

  • アップ楽しみにしておりました!
    そして楽しく読ませてもらいました!

    バトルの設定が実はとてもしっかりと練られており、セリフの語感にもこだわりがあり、キャラの美学もキラリと光ったりと、料理でいうところの「仕込み」の丁寧さに感動しました。


    ですがそんな小難しいことは抜きに、マスター(主人公)をもっともっと見ていたいと思えたことが最大の魅力&最大の武器なんだと思います。

    『カラフルグレー』から一貫して、
    ミニネームでも良いので主人公が動くところをとにかくたくさん読んでみたいと思わせる力があります。超個人的願望で読みたいです。
    この主人公は発明です!

    2018/03/19 12:23
  • 新作、ありがとうございました!
    前回投稿からの、ここ2週間が人生で一番待ち遠しい時間でした笑

    さて、作品についてですが、
    「もう、これをこのまま連載の1話としてしまっていいのでは!?」
    と。
    血が怖いネクロマンサーと潔癖症のゾンビメイド…、始まりから二人のギャツプの可愛くて可愛くて。
    他にもブレアちゃんのヨダレだったり、主人公のぬいぐるみ屋さんだったり、キャラの背景がしっかりあるところを見ると、もうキャラクター作りは一流の域ですね。

    個人的にうさまの「ダイナマイッ」が口に出して言いたくなるほど、ツボでした笑

    今作に関して、僕から言えることはほぼありません。
    あるとすれば、お話の始まりに「ネクロマンサーとは恐ろしいものである」の様なおどろおどろしいフリがあれば、死霊魔導士というテーマの紹介と3P目のイリスのギャップがさらに引き立つのではないでしょうか。
    もう、それくらいの修正で連載を狙えるなと思えるほど面白かったです。
    (贅沢を言うと、25Pのネクロマンサー殺しの断末魔が印象に残りすぎて、彼については何もないままお話が終わっちゃったと思えてしまったので、彼についても最後にちょっと触れてほしかったかなとは思いました。)

    ここから2話、3話と彼女に来る依頼をこなすお話を基本に、全体を貫く縦軸を置ければ、すぐに連載できそうです。

    そして、何よりネームの段階でセリフを読みやすく投稿していただけたことに感激しました。
    こういうことって、分かっていても中々できないことですよね。
    ムクロさんは「人に伝えるということ」をしっかり分かっている方だなと思います。
    もう、そういう意識も含めて、マンガを商業連載するお力が絶対あるはずです。

    僕が担当になれなくても、どこかで連連載されて、このキャラクターたちをずっと見れればいいなと思えるくらい、ムクロさんの創ったキャラクターたちが大好きです。
    ですが、それに関われないのは、とても悔しいので、是非『デッドメーカー』を連載するためのお手伝いをさせていただきけないでしょうか。
    よろしくお願いいたします!

    2018/03/19 13:15
  • よ! 新作お待ちしてました!
    「新作」ではないですかね。前回の『カラフルグレー』もこちらも以前描かれたもののようですが、もしかしてこちらの方が先にあったプロトタイプかな〜などと推測しながら読ませていただきました。こちらもセンスが随所からほとばしっていて、大変面白かったです。その上で、これをもとに編集者(第三者)の指摘なしでブラッシュアップして『カラフルグレー』を作ったのだとしたら、すごいなーと思いました。『デッドメーカー』の面白いところをギュッと凝縮して強化して短くしたのが『カラフルグレー』だと個人的には思っていて、この作業を1人でできてしまう人はなかなかいないと思います…。(この作品の面白いところ、魅せるポイントは、バトルよりも、この屋敷内のイリスたちの「生活萌え」(+イリスのデレ)だと思っています)キャラの配置も、パッと見ちょっとイリスと似てしまっているブレアよりも、唯一無二の首なし凄腕メイドメアリーの方が良いと思います。
    でもコマ割りはこちらの『デッドメーカー』の方が読みやすかったりして、とにかく不思議な作家さんだな〜と思いました。是非一度お会いしてお話しさせて頂きたいです!

    2018/03/19 13:53

TOP