作品詳細ページ

「カンパニー」

ギボ

★22 1,276

最新話公開 2018年11月01日 第1話公開 2018年10月07日

新人画家になった美恵。
だがうかれない顔。
その足で幼馴染がやっているパン屋さんのもとへ

もくじ

  • 第1話

    公開日:2018年10月07日

    ★4
  • 第2話

    公開日:2018年10月08日

    ★2
  • 第3話

    公開日:2018年10月20日

    ★1
  • 第4話

    公開日:2018年10月20日

    ★1
  • 第5話

    公開日:2018年10月20日

    ★1
  • 第6話

    公開日:2018年10月20日

    ★1
  • 第7話

    公開日:2018年10月20日

    ★1
  • 第8話

    公開日:2018年10月24日

    ★1
  • 第9話

    公開日:2018年10月26日

    ★1
  • 第10話

    公開日:2018年11月01日

    ★1

編集者メッセージ(新着)

  • 私もパン大好きです!
    よくあるグルメマンガかな?思いつつ読み始めたためいい意味で予想がハズレました。
    みんなに親しみのあるパンにも、ちょっとした工夫があるというグルメネタに止まらず、人生の悩みを解決するところがとても良かったです!

    カレーとプリンの組み合わせも意外性があって面白かったです。食べてみたいなぁ。


    ただ、説明→なるほど!
    とすぐなりがちなので、説明ばかりが印象に残ってしまい
    「そんな簡単なもの?」と物足りなく感じてしまいました。


    そこで主人公はちょっとお節介なくらい押しを強くして
    悩みを持つ人たちをもっと懐疑的な性格にする、

    などとしてはいかがでしょうか?
    すでに悩みを抱えた人は救いを求める反面そう簡単に動くこともできないはず。更なる失敗を恐れるからです。

    それでも押しの強い主人公に負けて、ちょっとでも前を向いてみるか…となる様が見られればよりドラマチックになっていくのでは??と思います!


    ネームはとても読みやすく、
    美味しそうな表情もしっかり描かれていたのでこれからも楽しみにしています。

    2018/10/21 02:08
  • すごい!
    ネタとストーリーが上手くかみ合っていて、食べ物漫画の構造としてはバッチリだと思います!
    唯一、1話目のP8までが会話偏重で、説明的すぎる気がします(二人が読者に向けて喋っているような感じ)。
    同じ8ページを使うならば、冒頭は美恵視点で、展示会から自分の絵が外されると言い渡され、とぼとぼしながらパン屋さんを訪れるシーンに代えてはどうでしょうか。
    そうすれば美恵のしょんぼりにも共感できますし、励まされて嬉しい気持ちにも共感できると思います。
    細かい違いですが、なるべく読者を登場人物の誰かと同じ境遇になっているような気分にするだけで、読み味が変わると思います。ご参考までに。
    この調子で頑張ってください、ご投稿ありがとうございました!

    2018/10/10 20:57

編集者メッセージ(いいね)

  • すごい!
    ネタとストーリーが上手くかみ合っていて、食べ物漫画の構造としてはバッチリだと思います!
    唯一、1話目のP8までが会話偏重で、説明的すぎる気がします(二人が読者に向けて喋っているような感じ)。
    同じ8ページを使うならば、冒頭は美恵視点で、展示会から自分の絵が外されると言い渡され、とぼとぼしながらパン屋さんを訪れるシーンに代えてはどうでしょうか。
    そうすれば美恵のしょんぼりにも共感できますし、励まされて嬉しい気持ちにも共感できると思います。
    細かい違いですが、なるべく読者を登場人物の誰かと同じ境遇になっているような気分にするだけで、読み味が変わると思います。ご参考までに。
    この調子で頑張ってください、ご投稿ありがとうございました!

    2018/10/10 20:57
  • 私もパン大好きです!
    よくあるグルメマンガかな?思いつつ読み始めたためいい意味で予想がハズレました。
    みんなに親しみのあるパンにも、ちょっとした工夫があるというグルメネタに止まらず、人生の悩みを解決するところがとても良かったです!

    カレーとプリンの組み合わせも意外性があって面白かったです。食べてみたいなぁ。


    ただ、説明→なるほど!
    とすぐなりがちなので、説明ばかりが印象に残ってしまい
    「そんな簡単なもの?」と物足りなく感じてしまいました。


    そこで主人公はちょっとお節介なくらい押しを強くして
    悩みを持つ人たちをもっと懐疑的な性格にする、

    などとしてはいかがでしょうか?
    すでに悩みを抱えた人は救いを求める反面そう簡単に動くこともできないはず。更なる失敗を恐れるからです。

    それでも押しの強い主人公に負けて、ちょっとでも前を向いてみるか…となる様が見られればよりドラマチックになっていくのでは??と思います!


    ネームはとても読みやすく、
    美味しそうな表情もしっかり描かれていたのでこれからも楽しみにしています。

    2018/10/21 02:08

TOP