作品詳細ページ

僕らには僕らの言葉がある:助けてあげてる?

詠里

★21 706

最新話公開 2021年08月19日 第1話公開 2021年08月19日

聾(ろう:聴覚障がい者のうち、日本語ではなく手話を第一言語として使っている人のことを指します。)のピッチャーと、聴者(健常者、健聴者という言葉で表されることもあります)のキャッチャーのお話です。作中の手話に付随する日本語訳は意訳であり、また、演出上の都合等で日本語訳を載せていない箇所がありますのでご了承ください。

もくじ

  • 第1話

    公開日:2021年08月19日

    ★3

編集者メッセージ(新着)

  • ご投稿、ありがとうございます!

    完成度の高さを見たら、これはプロの技でしょうと思いましたが、やはり既にデビューされていますね。表現力が強く、ちょっとした出来事でも面白く描かれています。表情だけではなく、手や姿勢、コマ割り、すべての武器を駆使されていますね。
    そのおかげで人間関係と感情がとてもよく伝わります。Days neoに載せてくださった作品の他、Comic Daysの連載とPixivも拝見させて頂きましたが、どのエピソードもキャラが生き生きしていて自然体で動いています。その静かなエネルギーが魅力的です。
    弊社はフランスの出版社で、日本で漫画を作り、フランスで刊行しております。もし海外にも興味があるのであれば、一度お話してみませんか?現在連載があり、他に長編を制作することができないのを承知しております。すぐ企画を立てることができなくても、お話だけでも聞かせて頂ければ嬉しいです。
    どうぞよろしくお願いします。

    2021/08/30 18:21
  • ご投稿ありがとうございます。

    新しい投稿作から読んだため、こちらを後に読む形になってしまいましたが、
    「あのバッテリーにはやっぱりこういう信頼関係があるんだ!」
    と納得の内容でした.

    そしてヒロと真白の関係性の土台にあるであろうヒロの人間性が、
    ヒロの母親あってのことという背景にも納得です。
    聾という設定を描きながらも、あくまで人間と人間の関係を描こうという強い意志を感じました。

    障子の間から覗いていた母親が、二人の間に出ていくときの
    「プリンあんだけど食べる?」
    というセリフがめちゃリアル感があってよかったです。

    この人たちをずっと見ていたいな〜と思わせる作品でした。

    2021/08/26 18:04

編集者メッセージ(いいね)

  • ご投稿ありがとうございます。

    新しい投稿作から読んだため、こちらを後に読む形になってしまいましたが、
    「あのバッテリーにはやっぱりこういう信頼関係があるんだ!」
    と納得の内容でした.

    そしてヒロと真白の関係性の土台にあるであろうヒロの人間性が、
    ヒロの母親あってのことという背景にも納得です。
    聾という設定を描きながらも、あくまで人間と人間の関係を描こうという強い意志を感じました。

    障子の間から覗いていた母親が、二人の間に出ていくときの
    「プリンあんだけど食べる?」
    というセリフがめちゃリアル感があってよかったです。

    この人たちをずっと見ていたいな〜と思わせる作品でした。

    2021/08/26 18:04
  • ご投稿、ありがとうございます!

    完成度の高さを見たら、これはプロの技でしょうと思いましたが、やはり既にデビューされていますね。表現力が強く、ちょっとした出来事でも面白く描かれています。表情だけではなく、手や姿勢、コマ割り、すべての武器を駆使されていますね。
    そのおかげで人間関係と感情がとてもよく伝わります。Days neoに載せてくださった作品の他、Comic Daysの連載とPixivも拝見させて頂きましたが、どのエピソードもキャラが生き生きしていて自然体で動いています。その静かなエネルギーが魅力的です。
    弊社はフランスの出版社で、日本で漫画を作り、フランスで刊行しております。もし海外にも興味があるのであれば、一度お話してみませんか?現在連載があり、他に長編を制作することができないのを承知しております。すぐ企画を立てることができなくても、お話だけでも聞かせて頂ければ嬉しいです。
    どうぞよろしくお願いします。

    2021/08/30 18:21

TOP