作品詳細ページ

夢でみた扉

たやや

★14 501

最新話公開 2021年06月27日 第1話公開 2021年06月27日

初めての完成作品です。完成までに4ヶ月程度掛かりました。
元々はSCP Foundationの創作シリーズのような、ホラーテイストの感動ものを描きたいと思っていました。しかし、一作目から高望みすると挫折しそうだったので、今の形になっています。
次回作はファンタジー要素も加えたそれなりに壮大な漫画に挑戦しようと思っています。
なんとか一作完成させたところで、どこを改善した方がいいのか分かっていません。
アドバイスよろしくお願いします。

担当決定済み

もくじ

  • 第1話

    公開日:2021年06月27日

    ★3

編集者メッセージ(新着)

  • 幻想的な世界観の中で、主人公の時折見せるリアルな感情ある表情に惹かれ、ドキドキしながら最後まで読ませていただきました。

    ドアスコープを除いてその先にいた”妻”に声をかけられた後、尻餅をつくシーンなどは、映像的でストップモーションのように感じ、主人公の動揺が妙に伝わってきました。
    絵柄的に、ちょっとシンプルな顔だとは思ってしまったものの、主人公のみならずどのキャラも表情の演技力がよくて、それぞれを知りたくなりました。
    扉の先の謎の世界に差す強い逆光も、説明はなくても異世界感を感じさせる演出。よかったです。

    自分は詳しくはないんですが、SCP Foundationというワードが書かれていたので、この舞台設定の作りに少し合点がいきました。


    以下は、今後の参考にと思って書かせていただきます。
    もっとこのあたりが良くなればと思った要素は、「主人公の変化(成長)」と「読み手を意識すること」でした(抽象的ですみません)。

    「この予知的な体験が、主人公の何を変えたか」
    「この結末まで含めて、読者に何を見せたかったのか」
    が加われば、たややさんがこの作品に思っていたことが、もっと伝わるのやもと。

    今後の作品にも、この発想やキャラの演技力が発揮されることを期待してます。
    微力ながら、担当希望もさせていただければです。よろしくお願いします。

    2021/07/20 22:50

編集者メッセージ(いいね)

  • 幻想的な世界観の中で、主人公の時折見せるリアルな感情ある表情に惹かれ、ドキドキしながら最後まで読ませていただきました。

    ドアスコープを除いてその先にいた”妻”に声をかけられた後、尻餅をつくシーンなどは、映像的でストップモーションのように感じ、主人公の動揺が妙に伝わってきました。
    絵柄的に、ちょっとシンプルな顔だとは思ってしまったものの、主人公のみならずどのキャラも表情の演技力がよくて、それぞれを知りたくなりました。
    扉の先の謎の世界に差す強い逆光も、説明はなくても異世界感を感じさせる演出。よかったです。

    自分は詳しくはないんですが、SCP Foundationというワードが書かれていたので、この舞台設定の作りに少し合点がいきました。


    以下は、今後の参考にと思って書かせていただきます。
    もっとこのあたりが良くなればと思った要素は、「主人公の変化(成長)」と「読み手を意識すること」でした(抽象的ですみません)。

    「この予知的な体験が、主人公の何を変えたか」
    「この結末まで含めて、読者に何を見せたかったのか」
    が加われば、たややさんがこの作品に思っていたことが、もっと伝わるのやもと。

    今後の作品にも、この発想やキャラの演技力が発揮されることを期待してます。
    微力ながら、担当希望もさせていただければです。よろしくお願いします。

    2021/07/20 22:50

TOP