作品詳細ページ

三度目の正直

ひがにしん

★11 668

最新話公開 2018年12月21日 第1話公開 2018年12月21日

胸糞系ボーイミーツガールです!

とある児童養護施設で咲いた
小さな恋の
恐ろしい結末。

もくじ

  • 第1話

    公開日:2018年12月21日

    ★2

編集者メッセージ(新着)

  • かわいい絵柄と対照的なブラックさが素晴らしいですね。
    こんな編入見たことないわと思いました笑
    ラストもゾッとするオチにできてて、ダーク系作品好きな自分としては読後感が良かったです。

    贅沢を言えば、むつみちゃんが終始怪しげで最後の展開が予測されてしまう可能性が高いので、もっとミスリードができると良いですね。
    p.18-21辺りの怪しげなくだりを極力削り、五日ちゃんの視点でむつみちゃんのことを信じさせることができれば、最後の「怖っ!」というカタルシスはより増すと思いました。
    「信じる→裏切られる」という形をよりわかりやすくするという感じですね。
    現状、誰目線で読めば良いのかがややフワっとしている印象です。

    そういう時はモノローグが有効なので、騙される側の主人公のモノローグを冒頭から散りばめて、心境の変化を描いておくと良いと思います。

    この「宗教施設で起きる三角関係」という世界観自体は売り物にできるパッケージだと思うので、よりエグさや怖さ、そしてこの施設内だから起き得ることを突き詰めていけると世にウケる確率が上がりそうですね。同じ宗教モノの『絶望の楽園』とかを参考にしてみてください。

    お気に入りに登録させて頂きますので、またぜひご投稿頂けますと幸いです。
    頑張ってください!

    2018/12/22 11:12
  • 様々な部分で上手いと唸らされる作品でした。

    キャラの思惑の隠し方や、最後のシーンの演出、タイトルの意味など、
    これでもかとアイデアが詰め込まれていました。

    何より、「むつみ」の魅力が素晴らしくて、
    展開が読めたとしてもページを思わず捲りたくなる、
    キャラクターだったと思います。

    とても面白かったです。

    ご投稿ありがとうございました。


    2018/12/21 23:43

編集者メッセージ(いいね)

  • 様々な部分で上手いと唸らされる作品でした。

    キャラの思惑の隠し方や、最後のシーンの演出、タイトルの意味など、
    これでもかとアイデアが詰め込まれていました。

    何より、「むつみ」の魅力が素晴らしくて、
    展開が読めたとしてもページを思わず捲りたくなる、
    キャラクターだったと思います。

    とても面白かったです。

    ご投稿ありがとうございました。


    2018/12/21 23:43
  • かわいい絵柄と対照的なブラックさが素晴らしいですね。
    こんな編入見たことないわと思いました笑
    ラストもゾッとするオチにできてて、ダーク系作品好きな自分としては読後感が良かったです。

    贅沢を言えば、むつみちゃんが終始怪しげで最後の展開が予測されてしまう可能性が高いので、もっとミスリードができると良いですね。
    p.18-21辺りの怪しげなくだりを極力削り、五日ちゃんの視点でむつみちゃんのことを信じさせることができれば、最後の「怖っ!」というカタルシスはより増すと思いました。
    「信じる→裏切られる」という形をよりわかりやすくするという感じですね。
    現状、誰目線で読めば良いのかがややフワっとしている印象です。

    そういう時はモノローグが有効なので、騙される側の主人公のモノローグを冒頭から散りばめて、心境の変化を描いておくと良いと思います。

    この「宗教施設で起きる三角関係」という世界観自体は売り物にできるパッケージだと思うので、よりエグさや怖さ、そしてこの施設内だから起き得ることを突き詰めていけると世にウケる確率が上がりそうですね。同じ宗教モノの『絶望の楽園』とかを参考にしてみてください。

    お気に入りに登録させて頂きますので、またぜひご投稿頂けますと幸いです。
    頑張ってください!

    2018/12/22 11:12

TOP