作品詳細ページ

少年Aと母親S

江戸川翔

★27 600

最新話公開 2021年12月31日 第1話公開 2021年12月31日

とある家族の少し歪んだ愛や正義の物語。
少し卑猥なシーンがありますご注意下さい。

担当決定済み

もくじ

  • 第1話

    公開日:2021年12月31日

    ★4

編集者メッセージ(新着)

  • 一静がひたすらに気持ち悪く描けていて、表情は淡々としているのに次に何をしでかすのか期待させる、読者を強く引き込む力のあるキャラクターになっているな、と思いました。母親の狂気が高まっていく様も、表情の移り変わりにゾクゾクくるものがあって、とても楽しめました。最後の母の描写、生々しい恐ろしさというか、不思議なリアリティがあるのも素晴らしいと思います。
    一話目として読むにしても少し気になったのは、展開の意外性についてです。連続殺人事件の犯人についての展開は、読者としてはまあそうなるだろう、と思いながら読む部分だと思うので、せっかくキャラクターで怖がらせられる力があるのなら、もう一捻りして鳥肌を立たせるような仕掛けを描くところも読んでみたいな、と思います。個人的に一番不気味なのはP25、娘の訴えを無表情で聞く父親のシーンだったので、彼や長姉を殺人事件に絡められれば、最初からこの話にさまざまな期待をしてビビりながら読めるな、と思いました。
    どうしてこんな奇妙な家族ものを作ろうと思ったのか、ほかにどんな作品がお好きなのか、もしよろしければ一度、お話を伺う機会を頂戴できますと幸いです。何卒、よろしくお願い申し上げます。

    2022/01/04 06:48

編集者メッセージ(いいね)

  • 一静がひたすらに気持ち悪く描けていて、表情は淡々としているのに次に何をしでかすのか期待させる、読者を強く引き込む力のあるキャラクターになっているな、と思いました。母親の狂気が高まっていく様も、表情の移り変わりにゾクゾクくるものがあって、とても楽しめました。最後の母の描写、生々しい恐ろしさというか、不思議なリアリティがあるのも素晴らしいと思います。
    一話目として読むにしても少し気になったのは、展開の意外性についてです。連続殺人事件の犯人についての展開は、読者としてはまあそうなるだろう、と思いながら読む部分だと思うので、せっかくキャラクターで怖がらせられる力があるのなら、もう一捻りして鳥肌を立たせるような仕掛けを描くところも読んでみたいな、と思います。個人的に一番不気味なのはP25、娘の訴えを無表情で聞く父親のシーンだったので、彼や長姉を殺人事件に絡められれば、最初からこの話にさまざまな期待をしてビビりながら読めるな、と思いました。
    どうしてこんな奇妙な家族ものを作ろうと思ったのか、ほかにどんな作品がお好きなのか、もしよろしければ一度、お話を伺う機会を頂戴できますと幸いです。何卒、よろしくお願い申し上げます。

    2022/01/04 06:48

TOP