作品詳細ページ

編集者メッセージページ

  • 拝見した第1話は物語の冒頭のみ、といった内容ですがテンポの良さがいいですね。とんでもない設定ですが、すんなりと呑み込まされた印象です。漫画として気持ちのいい嘘のつき方、という感じです。まだ何も始まってはいませんが、これだけで「何かが起こりそう」という期待感がむくむくと湧きました。

    一方で「何の成功体験もない人生」を運命づけられた主人公が、その境遇を完全に受け入れてしまっているので、この物語をどう回していくのか、そしてそれは読んでいて楽しいものなのだろうか、という不安感も覚えます。主人公を応援できる(共感できる)何かがほしいですね!(もしこの作品が読み切りであれば、冒頭の勢いのまま走り切るという選択もありかと思います)

    プロフィールに「描きたいものがある。」と言い切っていらっしゃるのを拝見し、どのような作品をお描きになりたいのか興味を引かれ、担当希望を出させていただきます。

    この度はご投稿いただきまして、ありがとうございました。

    2020/05/09 02:12
  • サムネイルの女性の不思議な魅力に釣られてしまいました。
    1話目、短いですが「まさにここから…!」という感じで非常にワクワクする内容ですね。
    この諦観100%の主人公と外国人ヒロインの出会いが何をもたらすのか非常に楽しみです。

    盛夏さんはモノローグが非常にお上手で、特にP.4の「僕は絶対成功しない」~「弟の体育着を縫い繕っている時だった」のシーンの言葉選びと、P.5の「こんなんで」「こんなだし」のテンポの良さには目を惹かれました。セリフに演技っぽさがなく、本当にキャラクターが喋っている感じがして素晴らしいです。

    受賞と掲載のご経験があるということで、今後の目標など含め、一度お話を聞かせていただきたいです。よろしくお願い致します。

    2020/05/16 06:32
  • ご投稿ありがとうございます!
    冒頭3ページの展開だけで、この漫画は傑作だと確信しました。
    ご投稿いただいているのはラフ絵ですが、それでもいろんな感情の表情を巧みに描ける方というのも十分に伝わってきますし、『ガラスの天井』というメタファーがタイトルになっているのも意味深で、「どんなヒキ!?」と思わされながら、この続きが気になって仕方ありません。

    2020/05/19 03:41

TOP