作品詳細ページ

ミッドナイト清純同性交遊

宮野オンド

★58 5,700

最新話公開 2018年09月27日 第1話公開 2018年05月09日

世界には、おっパブに行ける人間と行けない人間がいるんだ…

もくじ

  • 第1話

    公開日:2018年05月09日

    ★6
  • 第2話

    公開日:2018年09月24日

    ★3
  • 第3話

    公開日:2018年09月25日

    ★3
  • 第4話

    公開日:2018年09月27日

    ★8

編集者メッセージ(新着)

  • 面白かったです。
    二人の関係性が良かった。会話がうまいなあと思って読みました。

    個人的には4話の擬音がかなりツボでした!
    「ぐにぐに」「くくっ」からの「しぴっ」
    「ざばららぁ」からの「ポテ ポテ(ポテトだけに!)」

    なんとも言えないダサ面白さ、
    続きが気になります。

    2018/12/03 01:33
  • 大石くんが、俵田くんが、
    泣くとしたらどんな時か。
    怒るとしたら!?
    どっちかが隠し事するならどうでしょうか。もしくはタイトルに倣い、清純さをピッカピカに見せつけてくれるとしたら。

    色々あっても壊れない友情な気がしているので、気持ちヘビーめにあれこれ試してもらうと、もっと濃ゆい作りになる予感がしております。

    2018/10/29 05:37
  • 読ませていただきました!

    ダサい2人の描き分けがとてつもなく上手いと思いました。
    どっちもダサいけど俵田くんの方が若干トレンディな感じといいますか、大石くんの不思議な着眼点をこれまた変な角度で切る俵田くん、という方程式が気持ちよくハマっていました。

    このヘッポコな2人のかわいさをじっとり見せるという難しい道を開いていくなら、せめて2人の関係性は終始一貫させたいところです。

    4話の定規のくだりで「酷暑での判断力の低下の仕方が可愛くない?」と大石くんが話してますが、大石くんは「酷暑での判断力の低下」とか言わない気がするんですね。どちらかというと俵田くんの方が言いそうかなと。
    大「なんか、すごい見ちゃったよ」俵「酷暑での判断力の低下の仕方が可愛いね」
    このような感じの方が彼らっぽい気がします。好みの問題ですかね?笑

    ディティールが命の漫画かと思いますので細かくリクエストさせていただきました。
    こういうの一生考えられるタイプです!4ページに適当なダサさを入れ込むお手伝いをさせていただきたいです!

    2018/10/18 02:26
  • 漂う童貞感、ときおりはさまれる吉野さんディス、会話のテンポもとてもリアルでおもしろかったです!友情にヒビが入りかねないぐらい(くだらない議題で)言い争う大石くんと俵田くんとか、2人のメインキャラの性格の違いがわかるようなエピソードも読んでみたくなりました。四話で完結なのでしょうか、続き期待しております!

    2018/10/15 20:23
  • 友達とダラダラ過ごす深夜の空気感が描けてていいですね〜〜。会話もとてもリアルに感じますし。
    ジャム作り(笑)。確かに、私も好きです。
    人物の顔の描き方にばらつきがあり、同じ人が次のコマでは全く違う人に見える…というのが時たま気になりました。

    とはいえ、いつもポジティブな終わり方が好きです。第3話も楽しみにしてます。

    2018/09/24 01:24
  • 大石くん、いいですね!

    異性の胸に興味がある、なのにおっパブにいけない。
    自分の知らない世界を知ることに対して尻込みしてしまう彼の姿、とても共感してしまいました。

    私だけでなく、誰もが大石くんの
    ような一面を持っているはず。
    そういう人たちの心をうまくくすぐれる才能の片鱗を感じました!

    俵田くんも素敵な友人ですね。大石くんの、おっぱい揉ませて発言にもぬるっと対応してくれてますし。

    特に面白い会話をしなくても、雰囲気が保てて、いつまでも一緒にいれてしまう二人。

    友情の一つの理想形が伝わる作品だと思います!

    今回は二人のノリが一致していましたが、ノリが一致しない話も見てみたいと思いました。

    くだらないことで意見が割れてしまう二人と、その後に待っているぬるっとした友情も見てみたいです!!

    2018/05/19 18:51
  • ダメ臭ぷんぷん
    かわいい二人、、、。
    かわいそうな二人とも言えますが、
    嫌いになれない二人ですね。

    大石くんのキレ顔、笑いました!
    俵田くんの肉まん、温かでした!

    全般的にロウな
    童貞テンションのまま、
    尻すぼみに終わった
    印象がありましたが、、、

    それすらも味わいにできる
    何かイッパツ!
    強力な武器が、
    大石くんにほしいですね。

    キレたら一気に嫌な奴になって
    罵詈雑言を吐くとか、、、

    泣いたら見境なく暴走するが
    一切記憶にないとか、、、
    なんでもいいと思うんですが、

    もうワンステージ
    面白み可笑しみが増すよう
    考えてみてほしいと願います。

    あくまで私感ですみませんが、
    [のど自慢]に例えると、
    鐘ひとつ半〜ふたつな印象でした。

    鐘の音、大連打を目指して
    熱く楽しく、
    頑張ってみてくださいませ。
    応援しております。ドーテイ押忍!!





    2018/05/09 15:37

編集者メッセージ(いいね)

  • 大石くん、いいですね!

    異性の胸に興味がある、なのにおっパブにいけない。
    自分の知らない世界を知ることに対して尻込みしてしまう彼の姿、とても共感してしまいました。

    私だけでなく、誰もが大石くんの
    ような一面を持っているはず。
    そういう人たちの心をうまくくすぐれる才能の片鱗を感じました!

    俵田くんも素敵な友人ですね。大石くんの、おっぱい揉ませて発言にもぬるっと対応してくれてますし。

    特に面白い会話をしなくても、雰囲気が保てて、いつまでも一緒にいれてしまう二人。

    友情の一つの理想形が伝わる作品だと思います!

    今回は二人のノリが一致していましたが、ノリが一致しない話も見てみたいと思いました。

    くだらないことで意見が割れてしまう二人と、その後に待っているぬるっとした友情も見てみたいです!!

    2018/05/19 18:51
  • 友達とダラダラ過ごす深夜の空気感が描けてていいですね〜〜。会話もとてもリアルに感じますし。
    ジャム作り(笑)。確かに、私も好きです。
    人物の顔の描き方にばらつきがあり、同じ人が次のコマでは全く違う人に見える…というのが時たま気になりました。

    とはいえ、いつもポジティブな終わり方が好きです。第3話も楽しみにしてます。

    2018/09/24 01:24
  • ダメ臭ぷんぷん
    かわいい二人、、、。
    かわいそうな二人とも言えますが、
    嫌いになれない二人ですね。

    大石くんのキレ顔、笑いました!
    俵田くんの肉まん、温かでした!

    全般的にロウな
    童貞テンションのまま、
    尻すぼみに終わった
    印象がありましたが、、、

    それすらも味わいにできる
    何かイッパツ!
    強力な武器が、
    大石くんにほしいですね。

    キレたら一気に嫌な奴になって
    罵詈雑言を吐くとか、、、

    泣いたら見境なく暴走するが
    一切記憶にないとか、、、
    なんでもいいと思うんですが、

    もうワンステージ
    面白み可笑しみが増すよう
    考えてみてほしいと願います。

    あくまで私感ですみませんが、
    [のど自慢]に例えると、
    鐘ひとつ半〜ふたつな印象でした。

    鐘の音、大連打を目指して
    熱く楽しく、
    頑張ってみてくださいませ。
    応援しております。ドーテイ押忍!!





    2018/05/09 15:37
  • 漂う童貞感、ときおりはさまれる吉野さんディス、会話のテンポもとてもリアルでおもしろかったです!友情にヒビが入りかねないぐらい(くだらない議題で)言い争う大石くんと俵田くんとか、2人のメインキャラの性格の違いがわかるようなエピソードも読んでみたくなりました。四話で完結なのでしょうか、続き期待しております!

    2018/10/15 20:23
  • 読ませていただきました!

    ダサい2人の描き分けがとてつもなく上手いと思いました。
    どっちもダサいけど俵田くんの方が若干トレンディな感じといいますか、大石くんの不思議な着眼点をこれまた変な角度で切る俵田くん、という方程式が気持ちよくハマっていました。

    このヘッポコな2人のかわいさをじっとり見せるという難しい道を開いていくなら、せめて2人の関係性は終始一貫させたいところです。

    4話の定規のくだりで「酷暑での判断力の低下の仕方が可愛くない?」と大石くんが話してますが、大石くんは「酷暑での判断力の低下」とか言わない気がするんですね。どちらかというと俵田くんの方が言いそうかなと。
    大「なんか、すごい見ちゃったよ」俵「酷暑での判断力の低下の仕方が可愛いね」
    このような感じの方が彼らっぽい気がします。好みの問題ですかね?笑

    ディティールが命の漫画かと思いますので細かくリクエストさせていただきました。
    こういうの一生考えられるタイプです!4ページに適当なダサさを入れ込むお手伝いをさせていただきたいです!

    2018/10/18 02:26
  • 大石くんが、俵田くんが、
    泣くとしたらどんな時か。
    怒るとしたら!?
    どっちかが隠し事するならどうでしょうか。もしくはタイトルに倣い、清純さをピッカピカに見せつけてくれるとしたら。

    色々あっても壊れない友情な気がしているので、気持ちヘビーめにあれこれ試してもらうと、もっと濃ゆい作りになる予感がしております。

    2018/10/29 05:37
  • 面白かったです。
    二人の関係性が良かった。会話がうまいなあと思って読みました。

    個人的には4話の擬音がかなりツボでした!
    「ぐにぐに」「くくっ」からの「しぴっ」
    「ざばららぁ」からの「ポテ ポテ(ポテトだけに!)」

    なんとも言えないダサ面白さ、
    続きが気になります。

    2018/12/03 01:33

TOP