作品詳細ページ

総理大臣戦挙

ショーキ

編集者のみ閲覧可能
★2 175

最新話公開 2023年01月20日 第1話公開 2023年01月07日

追記 最後の方を少し修正させていただきました!1話をネーム 2話を資料に分けました。
よければご覧頂けると幸いです。よろしくお願いします!

もくじ

  • 第1話

    公開日:2023年01月07日

    ★0
  • 第2話

    公開日:2023年01月20日

    ★0

編集者メッセージ(新着)

  • 主人公の言うとおり、アホすぎる設定からの熱い展開…!
    決して漫画じゃないと描けない物語、面白かったです!2
    9ページの主人公の本音と葛藤、ここが妙に心に残りました。

    個人的に今回のネームでとてもよかったのはショーキさんが「主人公」を描こうとした点です。
    主人公を描くってあたりまえのようでいて
    多くの作家さんは物語を組み上げるうちに
    あれを入れようこれを入れようとなって主人公が置いていきぼりになりがちですが
    ショーキさんは主人公の生い立ち、目標、信念を設定やストーリーなどより優先して描かれているなぁと。
    これは連載と言う長い道のりを走るうえで一番必要な考え方ですし、
    僕個人としてはそういう意味でショーキさんは連載に向いている方だと思います。
    「エリートヤンキー三郎」「監獄学園」「パリピ孔明」などなど
    バカげた設定で「主人公を描く」、今ヤンマガがすごく欲しい才能じゃないでしょうか。
    ぜひ一緒に本誌作品を作ってみたいです!
    担当希望いたしますのでぜひよろしくお願いいたします。

    (あとショーキさん自身、絵がめちゃうまですね
    特に10ページ目の女の子が気になります! )

    2023/01/11 01:54
  • ご投稿ありがとうございます。

    めっちゃ面白かったです!
    「総理大臣戦挙」という企画がはっきりしていて楽しく読ませていただきました…!
    企画に加えて主人公のキャラもよく、最初の3Pで既に主人公が面白いのが素晴らしいです。
    主人公とハル君の組み合わせも、パワーと頭脳、明るい性格と暗い性格と正反対になっていて良いコンビだと思いました!

    このままでも面白い作品ですが、後半の見せ場で「主人公のヤバさ・天才さ」がより表現できるとより面白くなると思いました。
    この主人公は、社会的に追いやられた父親をみて、「総理大臣を目指す」という一風変わった主人公であり、前半部分ではそのキャラを魅力的に描けているので、「この主人公ならではの格好良さや天才性」を後半の見せ場に持ってくると良いと思いました!

    「主人公を魅力的に描けること」と「ぶっとんだ企画力」ことは素晴らしい武器になるので、ぜひ作品作りをご一緒させていただけると嬉しいです。担当希望出させていただきます!!!
    ショーキさんの描きたい漫画についてぜひ一度お話を聞かせていただけると嬉しいです!
    よろしくお願いいたします。

    2023/01/09 21:26

編集者メッセージ(いいね)

  • ご投稿ありがとうございます。

    めっちゃ面白かったです!
    「総理大臣戦挙」という企画がはっきりしていて楽しく読ませていただきました…!
    企画に加えて主人公のキャラもよく、最初の3Pで既に主人公が面白いのが素晴らしいです。
    主人公とハル君の組み合わせも、パワーと頭脳、明るい性格と暗い性格と正反対になっていて良いコンビだと思いました!

    このままでも面白い作品ですが、後半の見せ場で「主人公のヤバさ・天才さ」がより表現できるとより面白くなると思いました。
    この主人公は、社会的に追いやられた父親をみて、「総理大臣を目指す」という一風変わった主人公であり、前半部分ではそのキャラを魅力的に描けているので、「この主人公ならではの格好良さや天才性」を後半の見せ場に持ってくると良いと思いました!

    「主人公を魅力的に描けること」と「ぶっとんだ企画力」ことは素晴らしい武器になるので、ぜひ作品作りをご一緒させていただけると嬉しいです。担当希望出させていただきます!!!
    ショーキさんの描きたい漫画についてぜひ一度お話を聞かせていただけると嬉しいです!
    よろしくお願いいたします。

    2023/01/09 21:26
  • 主人公の言うとおり、アホすぎる設定からの熱い展開…!
    決して漫画じゃないと描けない物語、面白かったです!2
    9ページの主人公の本音と葛藤、ここが妙に心に残りました。

    個人的に今回のネームでとてもよかったのはショーキさんが「主人公」を描こうとした点です。
    主人公を描くってあたりまえのようでいて
    多くの作家さんは物語を組み上げるうちに
    あれを入れようこれを入れようとなって主人公が置いていきぼりになりがちですが
    ショーキさんは主人公の生い立ち、目標、信念を設定やストーリーなどより優先して描かれているなぁと。
    これは連載と言う長い道のりを走るうえで一番必要な考え方ですし、
    僕個人としてはそういう意味でショーキさんは連載に向いている方だと思います。
    「エリートヤンキー三郎」「監獄学園」「パリピ孔明」などなど
    バカげた設定で「主人公を描く」、今ヤンマガがすごく欲しい才能じゃないでしょうか。
    ぜひ一緒に本誌作品を作ってみたいです!
    担当希望いたしますのでぜひよろしくお願いいたします。

    (あとショーキさん自身、絵がめちゃうまですね
    特に10ページ目の女の子が気になります! )

    2023/01/11 01:54

TOP