作品詳細ページ

限りなく深い青色の

浅川りか

★27 498

最新話公開 2018年07月09日 第1話公開 2018年07月09日

赤い色が見えない女の子のお話です。私の友人がモデルですが、私の経験などとも混ざったストーリーになっています。
「普通になりたい」と悩む主人公に、クラスメイトの五十嵐くんがかけた言葉とは。
普通と違う、生きづらさを感じている人達に何か伝わればいいなぁと思い描きました。

【作品情報】
制作期間:1ヶ月
使用ツール:線⇨アナログ トーン⇨CLIP STUDIO

ご指摘や修正点、アドバイスなどありましたらよろしくお願いいたします。

担当決定済み

もくじ

  • 第1話

    公開日:2018年07月09日

    ★7

編集者メッセージ(新着)

  • 泣き顔や、照れ顔みたいな決めゴマよりも、何気ないシーンの表情がいちいち魅力的でした。武器になる絵だと思います。お母さんが少しだけいわゆる毒親風になっていますが、どちらかというと、こういうテーマの場合、ささいな勘違いだったり、無理解が原因になってるのかなと思ったりします。基本的には理解してくれてるけど、周囲が放つ何気ない一言に主人公は傷ついてしまったりするのかなと。男の子をこちら側に持ってきたのはこの物語にとっては希望になっていていいと思います。

    2018/07/12 02:35

編集者メッセージ(いいね)

  • 泣き顔や、照れ顔みたいな決めゴマよりも、何気ないシーンの表情がいちいち魅力的でした。武器になる絵だと思います。お母さんが少しだけいわゆる毒親風になっていますが、どちらかというと、こういうテーマの場合、ささいな勘違いだったり、無理解が原因になってるのかなと思ったりします。基本的には理解してくれてるけど、周囲が放つ何気ない一言に主人公は傷ついてしまったりするのかなと。男の子をこちら側に持ってきたのはこの物語にとっては希望になっていていいと思います。

    2018/07/12 02:35

TOP