作品詳細ページ

深夜2時過ぎのセッション

ririo100

★1 570

最新話公開 2020年07月30日 第1話公開 2020年07月30日

引っ越し先のマンションに住んでみたら、深夜に部屋のいたるところから音が・・・

担当決定済み

もくじ

  • 第1話

    公開日:2020年07月30日

    ★0

編集者メッセージ(新着)

  • 最後のページの葉っぱの演出がとても素敵ですね!
    深夜2時過ぎに得体のしれない何かとセッションする設定も秀逸だと思いました。

    あと、これは私見ですが、「描かなくても良いものは描かない」というショートカットの技術がririo100さんは高いと思います。「もう一回コンコンしてみよう」みたいな無駄な言葉がなく、極力絵で見せようという意識が感じられました。あだち充先生のテンポ感を彷彿とさせます。

    一方で、「面白いけど、結局これなんの話だったの?」と言われてしまう可能性のある作品だなとも思いました。それは、主人公の中にどういう心の変化があったかも省いてしまっているからです。

    「主人公に変化が訪れる瞬間」は読み切りの中で最も大事ですが、現状それが訪れるP.9-10がちょっとわかりづらいです。ここだけはショートカットせず、このシーンにどんな意味があるのか、どんなことを主人公に伝えたいのかを具体化できると、ririo100さんはもっと上に行けると思います。

    あとは蛇足かもしれませんが、ほとんどの雑誌は左ページ始まり(いわゆる奇起こし)なので、めくりの意識を持つためにも、奇起こしの形に一度トライしてみると良いかもしれません。

    ririo100さんが今後どういう作品を描いていきたいのか、一度お話を聞かせていただきたいです。よろしくお願い致します。

    2020/07/30 16:37

編集者メッセージ(いいね)

  • 最後のページの葉っぱの演出がとても素敵ですね!
    深夜2時過ぎに得体のしれない何かとセッションする設定も秀逸だと思いました。

    あと、これは私見ですが、「描かなくても良いものは描かない」というショートカットの技術がririo100さんは高いと思います。「もう一回コンコンしてみよう」みたいな無駄な言葉がなく、極力絵で見せようという意識が感じられました。あだち充先生のテンポ感を彷彿とさせます。

    一方で、「面白いけど、結局これなんの話だったの?」と言われてしまう可能性のある作品だなとも思いました。それは、主人公の中にどういう心の変化があったかも省いてしまっているからです。

    「主人公に変化が訪れる瞬間」は読み切りの中で最も大事ですが、現状それが訪れるP.9-10がちょっとわかりづらいです。ここだけはショートカットせず、このシーンにどんな意味があるのか、どんなことを主人公に伝えたいのかを具体化できると、ririo100さんはもっと上に行けると思います。

    あとは蛇足かもしれませんが、ほとんどの雑誌は左ページ始まり(いわゆる奇起こし)なので、めくりの意識を持つためにも、奇起こしの形に一度トライしてみると良いかもしれません。

    ririo100さんが今後どういう作品を描いていきたいのか、一度お話を聞かせていただきたいです。よろしくお願い致します。

    2020/07/30 16:37

TOP