作品詳細ページ

咒屋

犬塚

★15 331

最新話公開 2018年05月03日 第1話公開 2018年05月03日

鯨と呼ばれる男のもとに友人が連れて来たのはまるで人形のような少女だった。友人はこの少女を鯨に預かって欲しいと言うのだが・・・。

もくじ

  • 第1話

    公開日:2018年05月03日

    ★1

編集者メッセージ(新着)

  • 独特の世界観にぐっと引き込まれました。

    鯨が非常に魅力的ですね。クールなキャラが甘いものが大好きだというギャップ。お節介な友人との対比。人間らしさが欠けているように見せながら、最後の最後で名前を聞く時の焦りと笑顔にはほっとさせられます。キャラクターの魅せ方について非常に良いバランス感覚をお持ちだなと感じました。

    青年と少女というと、お互いが相手に救いを求める形が多いかと思うのですが、契約という平等な関わり方が良いですね。残酷な中にほのかな優しさを感じます。

    鯨の日常・仕事・エドガーとの関係性、少女の過去・素顔など見たいものがたくさんあります。次話が楽しみです。

    2018/05/25 14:36
  • 不思議で不気味で、
    どこかに隠されていたり、
    人知れず異国を
    彷徨ってるかのような
    奇妙で奇怪な作風、、、。

    [のろいや]と、
    読んだらいいのでしょうか。

    少女を連れてきた男の
    軽妙な存在が世界観を
    和ませてくれていますが、、、。

    さてさてこの先!
    主人公と少女を巡り、
    一体どんな物語が開けるのか。

    いっさい謎めいていて、
    まだ何もわからないだけに、
    逆に興味をひかれてしまいます。

    まさか本当に右目を
    ああするとは、、、。

    その時点で、嗚呼!
    これは本気の作品なんだなと
    思い知らされました、、、。

    ややもすれば、
    独善的とも取れるような
    クールで残酷な演出の先に、
    いかなるドラマが待ち受けるのか。

    第2話を楽しみに、
    待たせていただきたいと思います。
    ご期待しております。














    2018/05/03 17:18

編集者メッセージ(いいね)

  • 不思議で不気味で、
    どこかに隠されていたり、
    人知れず異国を
    彷徨ってるかのような
    奇妙で奇怪な作風、、、。

    [のろいや]と、
    読んだらいいのでしょうか。

    少女を連れてきた男の
    軽妙な存在が世界観を
    和ませてくれていますが、、、。

    さてさてこの先!
    主人公と少女を巡り、
    一体どんな物語が開けるのか。

    いっさい謎めいていて、
    まだ何もわからないだけに、
    逆に興味をひかれてしまいます。

    まさか本当に右目を
    ああするとは、、、。

    その時点で、嗚呼!
    これは本気の作品なんだなと
    思い知らされました、、、。

    ややもすれば、
    独善的とも取れるような
    クールで残酷な演出の先に、
    いかなるドラマが待ち受けるのか。

    第2話を楽しみに、
    待たせていただきたいと思います。
    ご期待しております。














    2018/05/03 17:18
  • 独特の世界観にぐっと引き込まれました。

    鯨が非常に魅力的ですね。クールなキャラが甘いものが大好きだというギャップ。お節介な友人との対比。人間らしさが欠けているように見せながら、最後の最後で名前を聞く時の焦りと笑顔にはほっとさせられます。キャラクターの魅せ方について非常に良いバランス感覚をお持ちだなと感じました。

    青年と少女というと、お互いが相手に救いを求める形が多いかと思うのですが、契約という平等な関わり方が良いですね。残酷な中にほのかな優しさを感じます。

    鯨の日常・仕事・エドガーとの関係性、少女の過去・素顔など見たいものがたくさんあります。次話が楽しみです。

    2018/05/25 14:36

TOP