作品詳細ページ

はんぼっち惑星

田中空

★12 273

最新話公開 2018年08月09日 第1話公開 2018年05月05日

究極(?)のディストピアのSF物語を描いてみたいと思いまして。淡々と、でも引き込まれる空気感を目指しつつ描いていければなと思っています。

もくじ

  • 第1話

    公開日:2018年05月05日

    ★2
  • 第2話

    公開日:2018年05月12日

    ★0
  • 第3話

    公開日:2018年05月25日

    ★1
  • 第4話

    公開日:2018年07月01日

    ★0
  • 第5話

    公開日:2018年08月09日

    ★0

編集者メッセージ(新着)

  • この広い世界に
    たった一人きりから、、、

    この荒廃した世界に
    幽霊と二人きりに、、、。

    高層の二人が
    切なくもかけがえのない
    存在になりそうで、
    何かが生まれそうな
    予感がしました。

    彼女の涙のワケが
    とても気になりました、、、。

    まだわからない事だらけ
    なのですが、
    わからない事が
    少しずつわかっていく事を
    楽しめる作品になって
    ほしいと願います。

    気負わない雰囲気と
    シリアスで切実な世界観が
    合わさりながら、
    ドラマチックに
    動いて行ってほしいと願います。

    最後のキタシロサイ、
    第3話も楽しみしています。





    2018/05/12 20:33
  • 着想と構想がとてもユニークで期待感があります。
    ただし少し拙速さも感じました。
    なぜ主人公が自分を人類最後の1人と考えたのかというところへの気配りがすっぽ抜けている気がします。
    この世界に何があったのか?どれくらい主人公は人間を探したのか?なぜいまここにこの状況で絶望しているのか?そのあたりがないと、共感を得られないです。
    キタシロサイのこと、主人公が人類最後の1人だと自覚するところ、この2つにも「面白さの可能性」がある気がします。
    この作品の前半に、極力段取りにならない形でうまく足せたら、もっと良くなるのではないかと感じました。
    僭越ながら私見まで。

    2018/05/06 16:04

編集者メッセージ(いいね)

  • 着想と構想がとてもユニークで期待感があります。
    ただし少し拙速さも感じました。
    なぜ主人公が自分を人類最後の1人と考えたのかというところへの気配りがすっぽ抜けている気がします。
    この世界に何があったのか?どれくらい主人公は人間を探したのか?なぜいまここにこの状況で絶望しているのか?そのあたりがないと、共感を得られないです。
    キタシロサイのこと、主人公が人類最後の1人だと自覚するところ、この2つにも「面白さの可能性」がある気がします。
    この作品の前半に、極力段取りにならない形でうまく足せたら、もっと良くなるのではないかと感じました。
    僭越ながら私見まで。

    2018/05/06 16:04
  • この広い世界に
    たった一人きりから、、、

    この荒廃した世界に
    幽霊と二人きりに、、、。

    高層の二人が
    切なくもかけがえのない
    存在になりそうで、
    何かが生まれそうな
    予感がしました。

    彼女の涙のワケが
    とても気になりました、、、。

    まだわからない事だらけ
    なのですが、
    わからない事が
    少しずつわかっていく事を
    楽しめる作品になって
    ほしいと願います。

    気負わない雰囲気と
    シリアスで切実な世界観が
    合わさりながら、
    ドラマチックに
    動いて行ってほしいと願います。

    最後のキタシロサイ、
    第3話も楽しみしています。





    2018/05/12 20:33

TOP