作品詳細ページ

女体化ホモ(続き)

堀出井靖水

★19 1,522

最新話公開 2018年04月04日 第1話公開 2018年04月04日

こちら(https://daysneo.com/works/596c5976959829b8efb7ec93c26dad28.html)の続きで、やっぱりツイッターで遊んでた物なのですが、遊びなので適当にやりすぎてここから急に形式が変わり、分けますのでよろしくお願いします。ジャンルは分かりません。

担当決定済み

もくじ

  • 第1話

    公開日:2018年04月04日

    ★2
  • 第2話

    公開日:2018年04月04日

    ★1
  • 第3話

    公開日:2018年04月04日

    ★2

編集者メッセージ(新着)

  • 余談ですが「ホモ」という言葉の使用には、
    蔑称だとする意見もあるようで配慮が必要かと思います。
    本作の主旨にそういった意図があるとは感じませんし、
    言葉狩りをするつもりもございませんが、
    知識として心の隅に置いていただければ幸いです。

    2018/04/05 00:54
  • 『女体化ホモ』~『女体化ホモ(続き)』まで通して読んでの感想です。

    (続き)になると、女の子の仕草とか立ち方とか表情が、
    格段に魅力的になっているように感じました。
    2人のやり取りを見ているとホッコリした気持ちになり、見守りたくなります。

    セリフがやや詰め込みすぎな気もしますが、
    さすがにプロとしてすでにご活躍されているだけあって、
    コマ割りは整理されていて読みやすかったです。

    設定面では「朝起きたら女になっていた」で押し切るのが、やや強引に感じました。
    ツイッターに掲載するには、これくらいのサラリとした設定の方が楽しみやすいのですが、
    仮に雑誌の連載作として掲載を目指すことを考えると、
    そこにハッタリ的でもいいので理屈が欲しいと感じてしまいました。

    世界設定も気になるところですね。
    女体化は頻繁に起こっているのか?
    女体化が起こることは、社会的に周知されているのか?
    周囲の反応はどのようなものなのか?
    戸籍はどうなるのか? …などなど

    意図的に2人の人間関係にフォーカスして、
    世界観への注目を逸らしているようにも見えますが、
    読者としてはどうしてもその辺が気になってしまいました。
    一歩踏み込んで、世界観の伝わるエピソードを読んでみたいですね。

    おそらく家族には女体化したことはすぐバレると思いますし、
    女体化を隠すには失踪するしかない。
    失踪したなら身寄りがなくなるので、学校には通えなくなります。
    もし一般的に女体化が起きる世界なら、
    世の中の制度が我々の住んでいる社会とはかなり違いがあるはず。

    このように考えはじめるといろいろと面倒なので、
    “この2人だけが特別に女体化した”という設定にしたほうが、
    シンプルなお話になってよさそうですね。

    あとはなぜ“特別に”この2人が女体化することになったのか…
    そこに漫画的なウソ(ハッタリ)が投入できるといいですね。

    適当なことを言います。たとえば、
    「あやしげな貝の身を食べて、その毒にあたった結果」…とか。
    読者が飲み込める(納得できる)ウソを披露していただきたいです。

    現状はこの漫画の世界には主人公の2人しか存在せず、
    異次元で起きている物語に見えるので、世界観がしっかり作られれば、
    より共感しやすい作品になるのではないかと思います。

    2018/04/05 00:38

編集者メッセージ(いいね)

  • 『女体化ホモ』~『女体化ホモ(続き)』まで通して読んでの感想です。

    (続き)になると、女の子の仕草とか立ち方とか表情が、
    格段に魅力的になっているように感じました。
    2人のやり取りを見ているとホッコリした気持ちになり、見守りたくなります。

    セリフがやや詰め込みすぎな気もしますが、
    さすがにプロとしてすでにご活躍されているだけあって、
    コマ割りは整理されていて読みやすかったです。

    設定面では「朝起きたら女になっていた」で押し切るのが、やや強引に感じました。
    ツイッターに掲載するには、これくらいのサラリとした設定の方が楽しみやすいのですが、
    仮に雑誌の連載作として掲載を目指すことを考えると、
    そこにハッタリ的でもいいので理屈が欲しいと感じてしまいました。

    世界設定も気になるところですね。
    女体化は頻繁に起こっているのか?
    女体化が起こることは、社会的に周知されているのか?
    周囲の反応はどのようなものなのか?
    戸籍はどうなるのか? …などなど

    意図的に2人の人間関係にフォーカスして、
    世界観への注目を逸らしているようにも見えますが、
    読者としてはどうしてもその辺が気になってしまいました。
    一歩踏み込んで、世界観の伝わるエピソードを読んでみたいですね。

    おそらく家族には女体化したことはすぐバレると思いますし、
    女体化を隠すには失踪するしかない。
    失踪したなら身寄りがなくなるので、学校には通えなくなります。
    もし一般的に女体化が起きる世界なら、
    世の中の制度が我々の住んでいる社会とはかなり違いがあるはず。

    このように考えはじめるといろいろと面倒なので、
    “この2人だけが特別に女体化した”という設定にしたほうが、
    シンプルなお話になってよさそうですね。

    あとはなぜ“特別に”この2人が女体化することになったのか…
    そこに漫画的なウソ(ハッタリ)が投入できるといいですね。

    適当なことを言います。たとえば、
    「あやしげな貝の身を食べて、その毒にあたった結果」…とか。
    読者が飲み込める(納得できる)ウソを披露していただきたいです。

    現状はこの漫画の世界には主人公の2人しか存在せず、
    異次元で起きている物語に見えるので、世界観がしっかり作られれば、
    より共感しやすい作品になるのではないかと思います。

    2018/04/05 00:38
  • 余談ですが「ホモ」という言葉の使用には、
    蔑称だとする意見もあるようで配慮が必要かと思います。
    本作の主旨にそういった意図があるとは感じませんし、
    言葉狩りをするつもりもございませんが、
    知識として心の隅に置いていただければ幸いです。

    2018/04/05 00:54

TOP