作品詳細ページ

ループする8月31日に童貞を捨てたい男子

伊藤一角

編集者のみ閲覧可能
★3 378

最新話公開 2022年11月04日 第1話公開 2022年11月02日

ループする世界での高校生男女の恋愛漫画です。
月刊スピリッツで連載経験あります。何誌か編集者様に担当して頂いていますが、どこで描くべきか模索しており、投稿させて頂きます。よろしくお願いします。
※担当希望を出して頂いた編集者様、誠に光栄です。お返事まで今暫くお待ちくださいませ。

担当決定済み

もくじ

  • 第1話

    公開日:2022年11月02日

    ★0
  • 第2話

    公開日:2022年11月04日

    ★0
  • 第3話

    公開日:2022年11月04日

    ★0

編集者メッセージ(新着)

  • ご投稿ありがとうございます。
    『僕はお肉じゃない』拝読しておりました。当時から、性愛のいやらしさ・ネットリした感じをしっかり描写しながらも、読み味がめちゃくちゃ爽やかである…という、大変稀有な漫画を描かれる方だな…と感じておりました。
    ご投稿作はそこから更に進化されている感じがあり、もう本当にめちゃくちゃに面白かったです!! pixivで最新話まで拝読してしまったのですが、もう続きはないのでしょうか…!? 読みたい…。


    鈴木君も高木さんも人として魅力的で、誰もが友達になりたいと思ってしまう感じがあり、もうこの設定だけで、作品としてのパッケージングだけしっかりすれば、ずっと連載作として読めるのではないかと思いました。

    キスの時鈴木君の「…愛してる」が漏れてしまい、高木さんがしっかり気持ち悪く感じて殴る、というシーンがとても好きです。ものすごく特殊な状況下にあるのに、その状況に流されない現実のシビアさ、素晴らしいと思います。
    「お互い初めてのセックスだもんな」みたいな言い方で探り入れてしまう感じも、童貞感がリアル過ぎて怖かったです。そしてこのディスアドバンテージを鈴木君がこの後しっかりと払拭していくので、「いいぞいいぞ!鈴木君!!」とつい応援したくなってしまいました。

    またセリフ一つやコマ割り、めくりのタイミングも冴えているので、伊藤さんが「読者を笑わせたい」と意図されているところで、毎回しっかり笑わせられている感じがありました。「眩しいよ」とか、あだ名がホークとか、いちいち滑らないので安心してページを捲れます。
    男性の恋愛感情にフォーカスを当てて作品を描こうとすると、どうしてもエゴや気持ち悪さが多少なり出てしまうものだと思うのですが、キャラ性に加えてしっかり爽やかに笑えるポイントがあるので、その点が全く気にならず、ものすごいバランスの上に漫画が成り立っていると思います。
    8月31日、という極限まで限られたシチュエーションの中でも、漫画としての楽しさをここまで凝縮できるのかと目から鱗の思いで読みました。
    恋愛ばかりでなく、コメディとしての精度、「夏の公園ってなんかいいな…」といった詩的な雰囲気などなど、すごく多くの楽しさが込められている作品だと感じます。

    複数の楽しみ方を漫画に与えることができていると思うので、ぜひ、なんでもありの傾向が強い青年誌でご執筆をいただきたいと感じます。
    熱烈担当希望させていただきますので、お話しする機会をください。
    よろしくお願いいたします。

    2022/11/07 16:11
  • 伊藤一角様、オトナ女性漫画のタグ付きでのご応募をありがとうございます。冒頭2P目・3コマ目の伊藤くんの表情でもう、心を掴まれました。一見自信なさげ、それでいてグイグイ来ちゃう伊藤くんのキャラを如実に表したこの表情、本作を貫く明るい笑いと高度なユーモアの幕開けを期待させるには十分で、見た瞬間に「大好き・・」とページをめくる手が止まりませんでした。会話のリズムも抜群だと思います。セリフの威力に頼るシーンと、セリフを排除して人物の目つきひとつで”間”をコントロールするシーンなど、わくわくとクスクスが止まりません。漫画を読む楽しさに満ちた素晴らしい作品でした。
    興奮のままに他の作品も読ませて頂きましたが、画力の高さと表現のオリジナリティに唸るばかり。作風としては長く青年誌でご活躍されてきたことも頷けますが、今回女性誌も視野に投稿くださったとのことで、お話だけでも伺えればと担当希望を出させて頂きます。何か新しい挑戦のきっかけになりますことを願っております。どうぞよろしくお願いいたします。

    2022/11/07 11:03
  • オトナ女性漫画大賞タグへのご投稿をありがとうございました。
    いわゆるループものへのメタ的な視点から始まり、6ページ目の鈴木くんの心残りのつかみがきいていて冒頭から引き込まれました。
    ともすれば2人の会話が続いて単調になりそうなところを、公園、ファミレス、LINE画面と各話で変化がついており、この2人のちょっとずつの進展を応援したくなる展開で、続きが気になります。
    ループ×ラブコメだと「パーム・スプリングス」という映画を思い浮かべたのですが、他にもループしている人が現れたりとか、いろいろ展開・謎解きを読者に予想させるところも、SNSでも話題になりそうで魅力的でした。
    女性誌志望のタグをつけていただいていたので、担当希望いたします。なにとぞよろしくお願い申し上げます。

    2022/11/04 17:40
  • はじめまして!
    ご投稿、ありがとうございます!

    登場キャラ二人とも大人っぽい表情をしていて、とても魅力的だなと
    思っていたら、話している内容はちゃんと高校生。でも大人の恋愛のような
    ちょっと苦いテイストも漂っていて…。
    すごくおもしろかったです!

    この先もいろいろな展開が予想できるのですが、シンプルに「この先も読みたい!」
    と思わせられた度合いとしては今年ナンバーワンでした!

    オトナ女性マンガ対象に応募されているみたいですが、個人的にはすごく青年誌向きの
    内容化と思います。
    是非弊誌でお仕事をご一緒させていただけませんでしょうか?
    伊藤さんが概要欄に書いておられた「悩み」みたいなところについても
    私でよければ、相談に乗らせていただきます。

    ご検討いただけますと幸いです。
    何卒よろしくお願いいたします。

    2022/11/04 17:01
  • ご投稿ありがとうございます!
    ヤングマガジン編集部のトロニーと申します。

    いや〜…よかったです…。
    鈴木くんの淡く切実で、しかし真っ直ぐすぎる願いと、高木さんのほのかな感情の揺らぎにグッときました。鈴木くんの(二人の)行く末を見守っていたくなる温度感です!
    そしてTwitterで4話目まで拝読いたしましたが、ループの刹那性と恋心の掛け合わせがめちゃくちゃ上手くて痺れました!
    ループしつつもあまり閉塞的にならない絶妙な感覚が素晴らしいです。

    個人的にヤングマガジンは男の欲望に色々な角度からしっかり向き合っている漫画雑誌だと思っています。
    鈴木くんの描き方的に「男の欲望」という濃さではないかもしれませんが、このシチュエーションはすごく欲望や葛藤と相性がよくて、ヤンマガに合う部分があると感じています。
    高木さんの健康的な可愛らしさも素敵だったので、ぜひヤンマガを検討してみてください!
    実写メディア化も目指せると思っています。

    また、私ごとになっちゃうんですが、ループものがめちゃくちゃ好きでして…。その点でもぜひ作品作りのお手伝いをしたいなと思っています!
    恋はデ・ジャブ、ミッション8ミニッツ、ターン、シュタインズゲート、ハッピーデスデイ、最近だとコロコロコミックの運命の巻戻士など…。(たまたまですが、ヤンマガでも織田信長が延々と本能寺の変を繰り返す漫画を担当しております!)
    ループの中でこうなったら熱い!こうなったら感動する…!という部分も大事だと思うので、そこでも協力させていただきます。

    一度お話しできればと思っております!
    担当希望いたしますので、ぜひご検討ください!
    よろしくお願いいたします。

    2022/11/02 20:08
  • ご投稿ありがとうございます!
    こちら拝読いたしました。

    最新話までpixivでも拝見しておりました…!!
    (お声掛けしようか迷っていたところでした…!!)

    二人のキャラの掛け合いの空気感のリアリティや、
    SF的ループの世界観もとても好きです。

    絶妙な気まずさがとてもいいんですよね…

    そちら生かしていただいた、
    なにかまとまったものをご一緒できれば…と思いました。
    漫画賞などの読み切り作品から、
    ご一緒できれば幸いです。

    僭越ながら、担当希望を出させていただきました。
    もし、ガンガンJOKERでの、
    ならびに弊社での作品作りにご興味がありましたら
    担当希望を受諾いただけますと幸いでございます…!
    大変お手数おかけしますが、何卒よろしく申し上げます。

    2022/11/02 17:47

編集者メッセージ(いいね)

  • オトナ女性漫画大賞タグへのご投稿をありがとうございました。
    いわゆるループものへのメタ的な視点から始まり、6ページ目の鈴木くんの心残りのつかみがきいていて冒頭から引き込まれました。
    ともすれば2人の会話が続いて単調になりそうなところを、公園、ファミレス、LINE画面と各話で変化がついており、この2人のちょっとずつの進展を応援したくなる展開で、続きが気になります。
    ループ×ラブコメだと「パーム・スプリングス」という映画を思い浮かべたのですが、他にもループしている人が現れたりとか、いろいろ展開・謎解きを読者に予想させるところも、SNSでも話題になりそうで魅力的でした。
    女性誌志望のタグをつけていただいていたので、担当希望いたします。なにとぞよろしくお願い申し上げます。

    2022/11/04 17:40
  • 伊藤一角様、オトナ女性漫画のタグ付きでのご応募をありがとうございます。冒頭2P目・3コマ目の伊藤くんの表情でもう、心を掴まれました。一見自信なさげ、それでいてグイグイ来ちゃう伊藤くんのキャラを如実に表したこの表情、本作を貫く明るい笑いと高度なユーモアの幕開けを期待させるには十分で、見た瞬間に「大好き・・」とページをめくる手が止まりませんでした。会話のリズムも抜群だと思います。セリフの威力に頼るシーンと、セリフを排除して人物の目つきひとつで”間”をコントロールするシーンなど、わくわくとクスクスが止まりません。漫画を読む楽しさに満ちた素晴らしい作品でした。
    興奮のままに他の作品も読ませて頂きましたが、画力の高さと表現のオリジナリティに唸るばかり。作風としては長く青年誌でご活躍されてきたことも頷けますが、今回女性誌も視野に投稿くださったとのことで、お話だけでも伺えればと担当希望を出させて頂きます。何か新しい挑戦のきっかけになりますことを願っております。どうぞよろしくお願いいたします。

    2022/11/07 11:03
  • ご投稿ありがとうございます!
    こちら拝読いたしました。

    最新話までpixivでも拝見しておりました…!!
    (お声掛けしようか迷っていたところでした…!!)

    二人のキャラの掛け合いの空気感のリアリティや、
    SF的ループの世界観もとても好きです。

    絶妙な気まずさがとてもいいんですよね…

    そちら生かしていただいた、
    なにかまとまったものをご一緒できれば…と思いました。
    漫画賞などの読み切り作品から、
    ご一緒できれば幸いです。

    僭越ながら、担当希望を出させていただきました。
    もし、ガンガンJOKERでの、
    ならびに弊社での作品作りにご興味がありましたら
    担当希望を受諾いただけますと幸いでございます…!
    大変お手数おかけしますが、何卒よろしく申し上げます。

    2022/11/02 17:47
  • ご投稿ありがとうございます!
    ヤングマガジン編集部のトロニーと申します。

    いや〜…よかったです…。
    鈴木くんの淡く切実で、しかし真っ直ぐすぎる願いと、高木さんのほのかな感情の揺らぎにグッときました。鈴木くんの(二人の)行く末を見守っていたくなる温度感です!
    そしてTwitterで4話目まで拝読いたしましたが、ループの刹那性と恋心の掛け合わせがめちゃくちゃ上手くて痺れました!
    ループしつつもあまり閉塞的にならない絶妙な感覚が素晴らしいです。

    個人的にヤングマガジンは男の欲望に色々な角度からしっかり向き合っている漫画雑誌だと思っています。
    鈴木くんの描き方的に「男の欲望」という濃さではないかもしれませんが、このシチュエーションはすごく欲望や葛藤と相性がよくて、ヤンマガに合う部分があると感じています。
    高木さんの健康的な可愛らしさも素敵だったので、ぜひヤンマガを検討してみてください!
    実写メディア化も目指せると思っています。

    また、私ごとになっちゃうんですが、ループものがめちゃくちゃ好きでして…。その点でもぜひ作品作りのお手伝いをしたいなと思っています!
    恋はデ・ジャブ、ミッション8ミニッツ、ターン、シュタインズゲート、ハッピーデスデイ、最近だとコロコロコミックの運命の巻戻士など…。(たまたまですが、ヤンマガでも織田信長が延々と本能寺の変を繰り返す漫画を担当しております!)
    ループの中でこうなったら熱い!こうなったら感動する…!という部分も大事だと思うので、そこでも協力させていただきます。

    一度お話しできればと思っております!
    担当希望いたしますので、ぜひご検討ください!
    よろしくお願いいたします。

    2022/11/02 20:08
  • はじめまして!
    ご投稿、ありがとうございます!

    登場キャラ二人とも大人っぽい表情をしていて、とても魅力的だなと
    思っていたら、話している内容はちゃんと高校生。でも大人の恋愛のような
    ちょっと苦いテイストも漂っていて…。
    すごくおもしろかったです!

    この先もいろいろな展開が予想できるのですが、シンプルに「この先も読みたい!」
    と思わせられた度合いとしては今年ナンバーワンでした!

    オトナ女性マンガ対象に応募されているみたいですが、個人的にはすごく青年誌向きの
    内容化と思います。
    是非弊誌でお仕事をご一緒させていただけませんでしょうか?
    伊藤さんが概要欄に書いておられた「悩み」みたいなところについても
    私でよければ、相談に乗らせていただきます。

    ご検討いただけますと幸いです。
    何卒よろしくお願いいたします。

    2022/11/04 17:01
  • ご投稿ありがとうございます。
    『僕はお肉じゃない』拝読しておりました。当時から、性愛のいやらしさ・ネットリした感じをしっかり描写しながらも、読み味がめちゃくちゃ爽やかである…という、大変稀有な漫画を描かれる方だな…と感じておりました。
    ご投稿作はそこから更に進化されている感じがあり、もう本当にめちゃくちゃに面白かったです!! pixivで最新話まで拝読してしまったのですが、もう続きはないのでしょうか…!? 読みたい…。


    鈴木君も高木さんも人として魅力的で、誰もが友達になりたいと思ってしまう感じがあり、もうこの設定だけで、作品としてのパッケージングだけしっかりすれば、ずっと連載作として読めるのではないかと思いました。

    キスの時鈴木君の「…愛してる」が漏れてしまい、高木さんがしっかり気持ち悪く感じて殴る、というシーンがとても好きです。ものすごく特殊な状況下にあるのに、その状況に流されない現実のシビアさ、素晴らしいと思います。
    「お互い初めてのセックスだもんな」みたいな言い方で探り入れてしまう感じも、童貞感がリアル過ぎて怖かったです。そしてこのディスアドバンテージを鈴木君がこの後しっかりと払拭していくので、「いいぞいいぞ!鈴木君!!」とつい応援したくなってしまいました。

    またセリフ一つやコマ割り、めくりのタイミングも冴えているので、伊藤さんが「読者を笑わせたい」と意図されているところで、毎回しっかり笑わせられている感じがありました。「眩しいよ」とか、あだ名がホークとか、いちいち滑らないので安心してページを捲れます。
    男性の恋愛感情にフォーカスを当てて作品を描こうとすると、どうしてもエゴや気持ち悪さが多少なり出てしまうものだと思うのですが、キャラ性に加えてしっかり爽やかに笑えるポイントがあるので、その点が全く気にならず、ものすごいバランスの上に漫画が成り立っていると思います。
    8月31日、という極限まで限られたシチュエーションの中でも、漫画としての楽しさをここまで凝縮できるのかと目から鱗の思いで読みました。
    恋愛ばかりでなく、コメディとしての精度、「夏の公園ってなんかいいな…」といった詩的な雰囲気などなど、すごく多くの楽しさが込められている作品だと感じます。

    複数の楽しみ方を漫画に与えることができていると思うので、ぜひ、なんでもありの傾向が強い青年誌でご執筆をいただきたいと感じます。
    熱烈担当希望させていただきますので、お話しする機会をください。
    よろしくお願いいたします。

    2022/11/07 16:11

TOP