作品詳細ページ

正負の法則

とりすと

★22 3,019

最新話公開 2018年10月25日 第1話公開 2018年10月25日

男女2人の悲しくも素敵なお話です
感想頂けたら幸いです
Twitterやってます@hiirginait0

もくじ

  • 第1話

    公開日:2018年10月25日

    ★2

編集者メッセージ(新着)

  • なんつー漫画力の高さ…。
    見開きでそれまでの見え方がひっくり返る構成には度肝を抜かれました。
    めちゃくちゃ面白いです。この切なさはなかなか出せるもんじゃない。完全にとりすとさんの才能の虜になりました。

    色々褒めたいポイントはあるのですが、何より「ココで驚かせよう!」という狙いを持って描けているのが素晴らしいです。見せたいシーンを持ってネームを切るのは本当に大事ですし、その意識があるのはめちゃくちゃ強い。今回の話の場合はそのシーンが辛い&切ない方向に読者の感情を動かしていたので、逆算して冒頭で幸せそうなシーンが見せておけるとさらに良かったですね。

    また、これはすぐに修正できることですが、おそらく1pズレてます。
    見開きがp.33-34になってるので、
    右:偶数ページ
    左:奇数ページ
    にした方が良いです。
    雑誌や単行本では左始まり(俗に「奇起こし」といいます)が主流なので、それに合わせていただくと、とりすとさんが今後楽だと思います。
    冒頭だけでもp.3、p.13、p.15あたりはめくりを意識して作られてるページだと思うので、そこを活かすためにも、奇起こしで描く意識を持ってください。

    「原作者志望」とタグを付けていただいてますが、これから打ち合わせと絵の練習を重ねていけば、十分一人でも戦える才能をお持ちだと思います。
    ぜひそのお手伝いをさせてください!
    よろしくお願い致します。

    2018/10/26 04:57
  • いつかどこかで巡り合ってほしい。作品を読み終わった時、そう願いました。

    彼の彼女への想いが、ある意味可視化されていることで

    どれだけ強いものなのかはっきりと分かります。

    そして、彼女がどのくらい焦がれていたのかも‥‥。

    38Pは本当にツラい‥‥。

    数多ある異世界ものを、この角度で切り取れる

    とりすとさんは、これからも唯一無二のものを生み出せる才能を

    お持ちだと思います。

    素晴らしい作品をありがとうございました!


    2018/10/26 00:30
  • 大切な作品の投稿ありがとうございます。

    不思議な世界の、せつない恋の物語。
    運命の彼女を追いかける男がとても真に迫っていて、次々とページをクリックしてしまいました。特に、目の演技が良いですね。絶望・一縷の望み・諦念といった、描写の難しい感情がきちんと伝わってきました。

    ひとつ疑問だったのは、「なぜ彼はここまで彼女を求めるのか?」ということ。ふたりの幸せな時間を表すエピソードがあれば、もっと主人公の行動に感情移入できたはずです。
    また、キャラクターの描き分けにもやや難が。主人公とヒロインの顔、それぞれのカッコよさと可愛らしさ・美しさを描き分けてください。

    いろいろ注文をつけてしまいましたが、「体の一部と引き換えの恋」というアイデアは間違いなく面白い! 次回作もぜひ読ませてください。楽しみにしています。

    2018/10/25 22:16

編集者メッセージ(いいね)

  • 大切な作品の投稿ありがとうございます。

    不思議な世界の、せつない恋の物語。
    運命の彼女を追いかける男がとても真に迫っていて、次々とページをクリックしてしまいました。特に、目の演技が良いですね。絶望・一縷の望み・諦念といった、描写の難しい感情がきちんと伝わってきました。

    ひとつ疑問だったのは、「なぜ彼はここまで彼女を求めるのか?」ということ。ふたりの幸せな時間を表すエピソードがあれば、もっと主人公の行動に感情移入できたはずです。
    また、キャラクターの描き分けにもやや難が。主人公とヒロインの顔、それぞれのカッコよさと可愛らしさ・美しさを描き分けてください。

    いろいろ注文をつけてしまいましたが、「体の一部と引き換えの恋」というアイデアは間違いなく面白い! 次回作もぜひ読ませてください。楽しみにしています。

    2018/10/25 22:16
  • いつかどこかで巡り合ってほしい。作品を読み終わった時、そう願いました。

    彼の彼女への想いが、ある意味可視化されていることで

    どれだけ強いものなのかはっきりと分かります。

    そして、彼女がどのくらい焦がれていたのかも‥‥。

    38Pは本当にツラい‥‥。

    数多ある異世界ものを、この角度で切り取れる

    とりすとさんは、これからも唯一無二のものを生み出せる才能を

    お持ちだと思います。

    素晴らしい作品をありがとうございました!


    2018/10/26 00:30
  • なんつー漫画力の高さ…。
    見開きでそれまでの見え方がひっくり返る構成には度肝を抜かれました。
    めちゃくちゃ面白いです。この切なさはなかなか出せるもんじゃない。完全にとりすとさんの才能の虜になりました。

    色々褒めたいポイントはあるのですが、何より「ココで驚かせよう!」という狙いを持って描けているのが素晴らしいです。見せたいシーンを持ってネームを切るのは本当に大事ですし、その意識があるのはめちゃくちゃ強い。今回の話の場合はそのシーンが辛い&切ない方向に読者の感情を動かしていたので、逆算して冒頭で幸せそうなシーンが見せておけるとさらに良かったですね。

    また、これはすぐに修正できることですが、おそらく1pズレてます。
    見開きがp.33-34になってるので、
    右:偶数ページ
    左:奇数ページ
    にした方が良いです。
    雑誌や単行本では左始まり(俗に「奇起こし」といいます)が主流なので、それに合わせていただくと、とりすとさんが今後楽だと思います。
    冒頭だけでもp.3、p.13、p.15あたりはめくりを意識して作られてるページだと思うので、そこを活かすためにも、奇起こしで描く意識を持ってください。

    「原作者志望」とタグを付けていただいてますが、これから打ち合わせと絵の練習を重ねていけば、十分一人でも戦える才能をお持ちだと思います。
    ぜひそのお手伝いをさせてください!
    よろしくお願い致します。

    2018/10/26 04:57

TOP