作品詳細ページ

MOONALONE

幌波諌子

★54 3,215

最新話公開 2018年03月01日 第1話公開 2018年03月01日

月面墓地で一人働く青年とそこにやってきた幽霊の話

こちらはデビュー前の2015年に描いたもので、ずっと日の目を見ずにいたものですが、(前半だけはピクシブにあります)
沢山の方に見ていただけて嬉しいです。

後半は削除いたしました。いつかこれを商業誌で、お金を払っていただけるような作品にするのが当面の目標です。

担当決定済み

もくじ

  • 第1話

    公開日:2018年03月01日

    ★10

編集者メッセージ(新着)

  • 「月」と「墓地」という組み合わせ
    とてもロマンチックですね。
    漫画に上手におとしこめているし、すごく、いいと思いました!
    そして、今まで見たことも、きいたこともない設定(お仕事)に
    出だしから前のめりで読まさせていただきました。
    二人のやり取りがコミカルで、1話目は一気に読んじゃいました。
    ”死も恥じらう18歳”とか、セリフにキャラが出ているのが
    よかったんだと思います!
    あとは、マシーンにいちいち名前がついていたり
    (正直、余計なところまで)細かく設定があるのが
    ボク的には二重丸です!

    もったいないな~と少し思ったのは
    特に2話目に入ってから展開が早いうえ、情報量も多かったので
    ちょっと置いてけぼりになりました。
    せっかくのお話なので
    もう少しゆったり描くか、内容を減らしてもよかったのかなと
    思いました。

    以上で、ございます。

    2018/03/08 00:15
  • 素敵な絵柄で大きなスケールのお話を描いているのが、とても素晴らしいです!
    その中で2人の会話が楽しいのは良いですね。お話の構成は誰でも考えられますが、セリフはセンスが必要ですから。
    1話おわりに、ちゃんと次を読みたいと思わせる引きを作っているのも嬉しいですね。
    あなたの作品をもっと読みたいです!

    2018/03/07 07:15
  • 作中出てくるキャラクターはたった二人。たった二人の会話劇で、ここまでドラマチックで美しいSFを魅せてくれるとは、幌波さんの才能に驚きました。
    「原作付きで作画希望」というのはあまりにももったいない!

    まず「ネーム(セリフ)のセンス」が素晴らしいです。
    この漫画は孤独と愛の物語だと思うのですが、遊星は閉ざされた月の世界を「とびきり愛された人が眠る場所」と言い、シャーリーは「愛された人が眠る場所であなただけが愛を知らない」と遊星を憂う。
    なんと美しく切ないネームでしょうか。泣けます。
    読者の心に残るネームを生み出せること、それは大きな財産です。
    丁寧で繊細な絵柄も相まって、詩的なセリフも違和感なくスッと心に入ってきました。
    要所要所でリアリティを持たせる設定が出てくるのもよいです。

    そのネームセンスをより生かすため、情報量はもう少し整理した方がいいかなと思います。
    読者に印象付けたいセリフと、物語の世界を知ってもらうために出す情報、その2つのバランスが良くなればもっと面白い作品になるはずです。

    そしてこれだけ秀麗な絵を描けるので、見開きを使った大きな絵も見たかったです!
    (「神つり」の方を拝見したら更に画力が上がって美しい大ゴマもたくさんあったので、なおさら本作でも見たかったなと…!)
    それから、(「神つり」もですが)もう少し背景にも情報があるといいなと思いました。
    文字で説明せずとも絵だけで読者に伝えられることはたくさんあるので、効果的なコマの作り方ができるようになると、更にメリハリの効いた作品になるはず!
    是非次作を一緒にを作ってみたいです。

    2018/03/07 03:44
  • 作中で起こることすべてにきちんとした理由があり、さりげなくはられた伏線が綺麗に回収されていて素晴らしいと思いました!
    最後、重力に負けて…というところがとても良かったです。
    華やかな画力も魅力ですが、ミステリーも描ける方なのではと思いました!
    読み終わったあとまた最初に戻って答え合わせしたくなるような、どんでん返しのある次回作が読んでみたいです。

    2018/03/07 00:21
  • 画力も高く構成も練られていますね。世界観も素晴らしいので、もっと贅沢にロングショットで月面と宇宙に浮かぶ地球を描いても良いかも知れません。青年誌ならコマ割りは装飾を廃してシンプルにする方向で。

    2018/03/06 18:22
  • 大変面白いです。「読み切りは少ない登場人物で」というセオリーを体現していてお見事です。
    以前の作品、ということを承知の上で難を挙げると、キャラの表情の硬さが気になります。
    表情のパターン、ひいては人物の顔の造形パターンが少ないのではと感じました。
    キャラの造形パターンが多いということは、今後の作品の読みやすさに繋がると思います。期待してます。

    2018/03/05 14:06
  • 素晴らしい世界観で、のめり込んでしまいました!
    やっぱり宇宙はいいですね…。レゴリスやデブリなど、宇宙ならではの言葉で、世界観も作りこまれている感じがしてどっぷりはまれました。
    また遊星とシャーリーの立場が逆転するシーンも、物語に驚きを加えてくれていて、最後まで飽きることなく読まされてしまいました…!

    2018/03/02 14:29

編集者メッセージ(いいね)

  • 作中出てくるキャラクターはたった二人。たった二人の会話劇で、ここまでドラマチックで美しいSFを魅せてくれるとは、幌波さんの才能に驚きました。
    「原作付きで作画希望」というのはあまりにももったいない!

    まず「ネーム(セリフ)のセンス」が素晴らしいです。
    この漫画は孤独と愛の物語だと思うのですが、遊星は閉ざされた月の世界を「とびきり愛された人が眠る場所」と言い、シャーリーは「愛された人が眠る場所であなただけが愛を知らない」と遊星を憂う。
    なんと美しく切ないネームでしょうか。泣けます。
    読者の心に残るネームを生み出せること、それは大きな財産です。
    丁寧で繊細な絵柄も相まって、詩的なセリフも違和感なくスッと心に入ってきました。
    要所要所でリアリティを持たせる設定が出てくるのもよいです。

    そのネームセンスをより生かすため、情報量はもう少し整理した方がいいかなと思います。
    読者に印象付けたいセリフと、物語の世界を知ってもらうために出す情報、その2つのバランスが良くなればもっと面白い作品になるはずです。

    そしてこれだけ秀麗な絵を描けるので、見開きを使った大きな絵も見たかったです!
    (「神つり」の方を拝見したら更に画力が上がって美しい大ゴマもたくさんあったので、なおさら本作でも見たかったなと…!)
    それから、(「神つり」もですが)もう少し背景にも情報があるといいなと思いました。
    文字で説明せずとも絵だけで読者に伝えられることはたくさんあるので、効果的なコマの作り方ができるようになると、更にメリハリの効いた作品になるはず!
    是非次作を一緒にを作ってみたいです。

    2018/03/07 03:44
  • 作中で起こることすべてにきちんとした理由があり、さりげなくはられた伏線が綺麗に回収されていて素晴らしいと思いました!
    最後、重力に負けて…というところがとても良かったです。
    華やかな画力も魅力ですが、ミステリーも描ける方なのではと思いました!
    読み終わったあとまた最初に戻って答え合わせしたくなるような、どんでん返しのある次回作が読んでみたいです。

    2018/03/07 00:21
  • 素敵な絵柄、ロマンある舞台設定、そして強いヒキ...!後半が楽しみです。
    画面の白黒バランスがよく、構図も素敵ですね。シャーリーかわいい。
    あえて一つだけ申し上げると、「情報が複数あるコマ」が散見されます。
    「1つのコマには1つの情報のみ入れる」ということを意識すると、読者が脳みそを理解に割くことなく、物語にもっと没入できると感じました。

    2018/03/01 13:08
  • 面白い! この二人が好きになりました。遊星がシャーリーのことを「お前さん」と呼んだ時、なんかキュンとしました笑 冒頭から世界観・設定の説明が自然でスムーズで良いですね。その上で、「でもなぜわざわざ月面に?」という疑問だけ残して、その答えはクライマックスで感動に繋げつつ明かす。上手いと思いました。ちゃんと読み切りとして起承転結つけた上で強烈なヒキがあるのも良かったです。続きを早く…!

    2018/03/01 13:44
  • 2話目! 待ってました!!
    そして1話目で感じた期待感を超えてきました。すごい…!
    僕が1話目を読んで期待したことを、とても鮮やかにロマンチックに表現してくれていました。それは「寂しさ」について。「一人=寂しい」と思いがちですが、実際ずっと一人だったらおそらく孤独には気づかなくて、誰かと触れ合って初めて「寂しさ」に気づくんだと思います。シャーリーが遊星の手を掴んだ瞬間、ちょっと泣きそうになりました。素敵な読書体験をありがとうございました。

    2018/03/02 02:54
  • 素晴らしい世界観で、のめり込んでしまいました!
    やっぱり宇宙はいいですね…。レゴリスやデブリなど、宇宙ならではの言葉で、世界観も作りこまれている感じがしてどっぷりはまれました。
    また遊星とシャーリーの立場が逆転するシーンも、物語に驚きを加えてくれていて、最後まで飽きることなく読まされてしまいました…!

    2018/03/02 14:29
  • 大変面白いです。「読み切りは少ない登場人物で」というセオリーを体現していてお見事です。
    以前の作品、ということを承知の上で難を挙げると、キャラの表情の硬さが気になります。
    表情のパターン、ひいては人物の顔の造形パターンが少ないのではと感じました。
    キャラの造形パターンが多いということは、今後の作品の読みやすさに繋がると思います。期待してます。

    2018/03/05 14:06

TOP