作品詳細ページ

★5 839

最新話公開 2022年11月15日 第1話公開 2022年11月15日

骨のモンスターを倒すアクション漫画です。

担当決定済み

もくじ

  • 第1話

    公開日:2022年11月15日

    ★0

編集者メッセージ(新着)

  • 投稿ありがとうございました!
    絵が上手いですね…!!単純に画力が高いのもそうですが、画面作りが見やすく、迫力のあるアクションがよく伝わってきました。決めゴマ・見せ場の緩急もよく工夫されていて、大事なものがデカイ!という基本をしっかり守ってもらっているおかげで、上手く読者に見せたいものを見せられていると思います。
    ただ、100人中100人の読者が、話に置いてかれるつくりになってしまっているのが大変もったいなかったです。
    クライマックスから始まる構成自体はダイナミックで効果的なことも多いのですが、今作は上手く働いていないと感じました。
    恐らく、原因を大雑把に挙げると、
    ・状況がわかりづらい
    ・説明までが長い
    という2点になると思います。
    主人公が置かれている状況自体が切迫していると、その前提への説明がなくても読者へのストレスは意外と少ない(モンスターに襲われていて生き延びるために闘う、など)のですが、今回は状況自体が複雑でわかりづらいです。特にリリアンノンと主人公の関係性が師弟でもなければ護衛対象でもなく、一見して把握しづらいので、読者がのっかりづらくなってしまっています。
    また、闘いにかなり展開を持たせてしまっていて長いのですが、初戦はあっさり終わらせて、「なんで戦っているかというと…」という説明にすぐに入った方がいいと思います。読者が置いてかれている時間がそれだけ長いということなので。
    とはいえ、「皇の楯」というワードのチラつかせ方など、バックボーンになっている設定に魅力がありそうな匂いはさせられていて、世界観への興味は一定惹かれるものがありました。今はそれの見せ方がまだ上手くないので、単に「わからないもの」になってしまっているので、読者を載せる構成・情報整理という漫画の基本を突き詰めていくと、素晴らしく伸びるのはないかと思います。
    持っている世界観、バトルの画力、キャラ同士のかけあいなど、高い水準で才能をお持ちだと思いますので、もっと伝え方を磨いてってほしいです!
    担当希望させていただきますので、よろしくお願いいたします!

    2022/11/16 21:37
  • ご投稿いただきありがとうございます。
    フランスの漫画専門出版社Ki-oonで編集者をしています。

    とにかく主人公がカッコいいです!彼の弟の件で主人公の信念が一層伝わりました。バトルシーンも迫力抜群で、どんどん話の世界に呑み込まれます。
    リリアンノンの秘めた力がなんなのか、とても気になりました。一番強そうに構えていますね。

    そして、この龍!骨の龍はまた発想が面白いですし、変異にも寒気がしました。龍好きのフランスそして世界に通用する画力だと思い、担当希望をさせていただきました。
    お話ができれば幸いです。
    よろしくお願いします!

    2022/11/16 20:32
  • デイズネオへのご投稿ありがとうございます!
    とにかく絵力が素晴らしいですね!!神獣のデザイン、迫力ある戦闘シーン、優勢からの一転してピンチの演出(そしてその際の神獣のデザイン)など、一目見るだけでワクワクするような展開が満載でした。また、終盤の「口移しで」などのちょっとしたコメディ要素もとても好きです。


    一方で、【読者を作品に魅了するためのストーリーが足りていない】ことが気になりました。投稿された作品はいきなり戦闘シーンから始まっているため、「なぜ主人公が戦っているのか」「主人公はどんなキャラなのか」といった情報がしばらくわからないまま話が進行しています。そのため、主人公が戦っている理由(=どうしても勝たなくてはいけない理由)にしばらく共感ができず、神獣との戦いに勝利した後に感動が少し足りていない印象を受けます。


    具体的に言えば、35ページの弟への想いをもっと序盤に描いてあげることで、読者はもっと戦闘にのめり込んで読んでくれるのではないかと感じました。


    先にお伝えした通り、戦闘シーンなどはとても迫力があり、王道の少年漫画を描く力は十分にある方だとお見受けします。担当希望を出させていただきますので、ぜひ今後の作品つくりのお手伝いをさせていただけますと幸いです!

    2022/11/16 02:58

編集者メッセージ(いいね)

  • 投稿ありがとうございました!
    絵が上手いですね…!!単純に画力が高いのもそうですが、画面作りが見やすく、迫力のあるアクションがよく伝わってきました。決めゴマ・見せ場の緩急もよく工夫されていて、大事なものがデカイ!という基本をしっかり守ってもらっているおかげで、上手く読者に見せたいものを見せられていると思います。
    ただ、100人中100人の読者が、話に置いてかれるつくりになってしまっているのが大変もったいなかったです。
    クライマックスから始まる構成自体はダイナミックで効果的なことも多いのですが、今作は上手く働いていないと感じました。
    恐らく、原因を大雑把に挙げると、
    ・状況がわかりづらい
    ・説明までが長い
    という2点になると思います。
    主人公が置かれている状況自体が切迫していると、その前提への説明がなくても読者へのストレスは意外と少ない(モンスターに襲われていて生き延びるために闘う、など)のですが、今回は状況自体が複雑でわかりづらいです。特にリリアンノンと主人公の関係性が師弟でもなければ護衛対象でもなく、一見して把握しづらいので、読者がのっかりづらくなってしまっています。
    また、闘いにかなり展開を持たせてしまっていて長いのですが、初戦はあっさり終わらせて、「なんで戦っているかというと…」という説明にすぐに入った方がいいと思います。読者が置いてかれている時間がそれだけ長いということなので。
    とはいえ、「皇の楯」というワードのチラつかせ方など、バックボーンになっている設定に魅力がありそうな匂いはさせられていて、世界観への興味は一定惹かれるものがありました。今はそれの見せ方がまだ上手くないので、単に「わからないもの」になってしまっているので、読者を載せる構成・情報整理という漫画の基本を突き詰めていくと、素晴らしく伸びるのはないかと思います。
    持っている世界観、バトルの画力、キャラ同士のかけあいなど、高い水準で才能をお持ちだと思いますので、もっと伝え方を磨いてってほしいです!
    担当希望させていただきますので、よろしくお願いいたします!

    2022/11/16 21:37
  • デイズネオへのご投稿ありがとうございます!
    とにかく絵力が素晴らしいですね!!神獣のデザイン、迫力ある戦闘シーン、優勢からの一転してピンチの演出(そしてその際の神獣のデザイン)など、一目見るだけでワクワクするような展開が満載でした。また、終盤の「口移しで」などのちょっとしたコメディ要素もとても好きです。


    一方で、【読者を作品に魅了するためのストーリーが足りていない】ことが気になりました。投稿された作品はいきなり戦闘シーンから始まっているため、「なぜ主人公が戦っているのか」「主人公はどんなキャラなのか」といった情報がしばらくわからないまま話が進行しています。そのため、主人公が戦っている理由(=どうしても勝たなくてはいけない理由)にしばらく共感ができず、神獣との戦いに勝利した後に感動が少し足りていない印象を受けます。


    具体的に言えば、35ページの弟への想いをもっと序盤に描いてあげることで、読者はもっと戦闘にのめり込んで読んでくれるのではないかと感じました。


    先にお伝えした通り、戦闘シーンなどはとても迫力があり、王道の少年漫画を描く力は十分にある方だとお見受けします。担当希望を出させていただきますので、ぜひ今後の作品つくりのお手伝いをさせていただけますと幸いです!

    2022/11/16 02:58
  • ご投稿いただきありがとうございます。
    フランスの漫画専門出版社Ki-oonで編集者をしています。

    とにかく主人公がカッコいいです!彼の弟の件で主人公の信念が一層伝わりました。バトルシーンも迫力抜群で、どんどん話の世界に呑み込まれます。
    リリアンノンの秘めた力がなんなのか、とても気になりました。一番強そうに構えていますね。

    そして、この龍!骨の龍はまた発想が面白いですし、変異にも寒気がしました。龍好きのフランスそして世界に通用する画力だと思い、担当希望をさせていただきました。
    お話ができれば幸いです。
    よろしくお願いします!

    2022/11/16 20:32

TOP