作品詳細ページ

日曜日は、コンティニュー ネーム

コボリヤスヒラ

★5 499

最新話公開 2019年11月16日 第1話公開 2019年11月16日

もくじ

  • 第1話

    公開日:2019年11月16日

    ★0

編集者メッセージ(新着)

  • 色覚障害を「普通じゃない」と表現してしまっているので、商業誌に載せるのは難しいお話かもしれませんが、とてもいいお話でした。「大スキだ!!」の演出がとても素敵でしたし、指摘すればキリがないほど細かい演出やネタが仕込まれている作品だったと思います。

    キャラクター(特に女の子)の表情が豊かで、ネームの状態ながら絵を見て楽しむことができました。表情だけでなく、全身を使って演技させているので、キャラがとても生き生きとして見えますね!

    設定で惜しいと思ったのは、主人公の斎藤が色覚を取り戻すことにリスクが何もなかった点です。ベタかもしれませんが、色覚を取り戻すオペには失敗する可能性を匂わせ葛藤があったほうが、ドラマがより盛り上がったのではないかと思います。

    どういうことかと申しますと、この物語は「幽霊の紗凪に出会って、背中を押されて色覚を取り戻し、夢をもう一度追いかけることにした」というプロットの話ですが、「別に紗凪に出会わなくても、(リスクがないなら)色覚を取り戻すことになったのではないか」と感じてしまうのがもったいないな、という感想です。

    お話の中で不思議に思ったのは、斎藤が幽霊の紗凪に出会った際のリアクションです。因縁のある女の子ですから、この時点で斎藤はすぐに気づいたと思うのですが、他人のように接しています。なぜこのようなリアクションになったのか、そして、紗凪だと気づいたのか、少しモヤモヤしてしまいました。(最初は本当によく似てるだけの迷子の子だと思っていた…?)

    なので、「お前、やっぱり…紗凪なのか?」「え…おじさん、なんで私の名前を知ってるの?」というような会話があるとよかったかもしれません。

    細かい部分で気になる点はありますが、それでもよく練り込まれた力作だと思います!

    2019/11/16 02:51

編集者メッセージ(いいね)

  • 色覚障害を「普通じゃない」と表現してしまっているので、商業誌に載せるのは難しいお話かもしれませんが、とてもいいお話でした。「大スキだ!!」の演出がとても素敵でしたし、指摘すればキリがないほど細かい演出やネタが仕込まれている作品だったと思います。

    キャラクター(特に女の子)の表情が豊かで、ネームの状態ながら絵を見て楽しむことができました。表情だけでなく、全身を使って演技させているので、キャラがとても生き生きとして見えますね!

    設定で惜しいと思ったのは、主人公の斎藤が色覚を取り戻すことにリスクが何もなかった点です。ベタかもしれませんが、色覚を取り戻すオペには失敗する可能性を匂わせ葛藤があったほうが、ドラマがより盛り上がったのではないかと思います。

    どういうことかと申しますと、この物語は「幽霊の紗凪に出会って、背中を押されて色覚を取り戻し、夢をもう一度追いかけることにした」というプロットの話ですが、「別に紗凪に出会わなくても、(リスクがないなら)色覚を取り戻すことになったのではないか」と感じてしまうのがもったいないな、という感想です。

    お話の中で不思議に思ったのは、斎藤が幽霊の紗凪に出会った際のリアクションです。因縁のある女の子ですから、この時点で斎藤はすぐに気づいたと思うのですが、他人のように接しています。なぜこのようなリアクションになったのか、そして、紗凪だと気づいたのか、少しモヤモヤしてしまいました。(最初は本当によく似てるだけの迷子の子だと思っていた…?)

    なので、「お前、やっぱり…紗凪なのか?」「え…おじさん、なんで私の名前を知ってるの?」というような会話があるとよかったかもしれません。

    細かい部分で気になる点はありますが、それでもよく練り込まれた力作だと思います!

    2019/11/16 02:51

TOP