作品詳細ページ

戦場

redo

★40 3,613

最新話公開 2019年01月31日 第1話公開 2019年01月07日

戦いが描きたかったので描きました。
4回くらいで完結予定です。

(1/11)
編集者の皆様、メッセージありがとうございました。漫画を描き始めてから2ヵ月、一人悶々と描いていた物に初めて感想を頂きまして、本当にうれしいです。話はもう少し続きますので、またよろしくお願い致します。


(1/31)頂いたコメントを元に予定していた話から変更を加えたため、少し時間がかかりました。ありがとうございました。

もくじ

  • 第1話

    公開日:2019年01月07日

    ★6
  • 第2話

    公開日:2019年01月11日

    ★3
  • 第3話

    公開日:2019年01月19日

    ★4
  • 第4話

    公開日:2019年01月31日

    ★3

編集者メッセージ(新着)

  • 3話目、楽しみにしてました!
    カルム初殺しの敵兵の「目」惹き込まれました。
    『戦場』を読むと、「自分が戦争に行ったら、こうなっちゃうのか?いや、俺はならないぞ」と考えてしまうのですが、そう考えることがもうこの漫画の術中にハマってしまっているなと。
    漫画歴2ヶ月とのことですが、絵力、眼力を見ると、
    redoさんにはどれだけポテンシャルがあるのだろうかと、すごく気になります。

    人が容易く狂う戦場で、
    カルムの「目」がどう染まるのか…最終話楽しみにしてます!

    2019/01/22 22:08
  • 1-3話改めて一気に読ませていただきました。境界線に立つ主人公、一挙手一投足、選択を間違えてはいけない戦場でのひりひり感、さすがです…!!予定では、残り1回でお話がまとまる予定ですが、、いい意味で先が全く読めず、楽しみです。彼に戦場の狂気が伝播するのか、それとも違う結末を迎えるのか…。

    戦争に対して考えの帰結が見れるといいなぁと思います。楽しみにしております。

    2019/01/21 22:29
  • 第2話の6P目「聞け」にナレーションをかぶせる巧みさにびっくりしました。
    デッサンやペン使いという観点からは未熟でも、読者を没頭させる魔力のようなものがありますね。
    「漫画が上手い」ということだと思います。自信を持って描いていってください。

    2019/01/16 11:54
  • 『Girl eats Boy』を読んでからこちらの作品を拝見しましたが、やはりredoさんの作品は得も言えぬ「説得力」的なものがあって引き込まれますね…!
    画力はまだ発展途上なところもあるかと思いますが、今作ではその粗さも味になっていると感じます。

    欲を言えば、もう少し派手な要素(戦場ならではのグロっぽいカットなど)を最序盤に用意した方が、読者をもっとそそれるのでは…と思いました。
    物語を読ませる原動力として、『Girl eats Boy』にあった「笑い」という要素に代わる何かがこの作品にももっと欲しい、という感覚です。

    3話も期待しております!

    2019/01/15 23:59
  • 2話目お待ちしておりました!
    「これは別に聞かなくていい」というセリフを
    創れるの、すごくないですか?
    こんなの戦場行ったことある人じゃないと
    出なさそうだなと。
    redoさんは、実は戦場に行かれたことがあるのでは?と
    思えるくらいに戦場のリアリティがこのマンガにはありますね。
    主人公が戦場でどんな選択をしていくのか、最後まで早く読みたいです。

    2019/01/15 22:41
  • 緊張感があって読んでヒリヒリしました。

    言葉にも力があります。
    自分の言葉で、自分の描き方で
    戦争を、生き死にを描こうとしているのが
    伝わってきます。

    ありものじゃないその描き方に
    強い魅力を感じます。

    次回も楽しみにしております!


    2019/01/09 15:18
  • ゴリっとしてて最高です!
    2P目の兜と槍の1枚絵(おそらく主人公の視点で見えた光景なんでしょうね)で世界観をバシッと伝え、
    最終ページの「敵兵の光のない目」でこの世界の非情なルールをビシッと伝える。「絵でシンプルにストロング語れる」センスを感じます。続き楽しみにしています。

    2019/01/09 13:42

編集者メッセージ(いいね)

  • 2話目お待ちしておりました!
    「これは別に聞かなくていい」というセリフを
    創れるの、すごくないですか?
    こんなの戦場行ったことある人じゃないと
    出なさそうだなと。
    redoさんは、実は戦場に行かれたことがあるのでは?と
    思えるくらいに戦場のリアリティがこのマンガにはありますね。
    主人公が戦場でどんな選択をしていくのか、最後まで早く読みたいです。

    2019/01/15 22:41
  • ご投稿ありがとうございます!戦争前のリアリティを感じられる、緊張感の高い作品でした。まだ冒頭ですが、この物語がいい方向に進まないのだろう…という不安感と、彼らにそれを覆してほしいという期待を感じました

    redoさんが描きたい戦いがどういったものになるのか、続きが楽しみです。
    お待ちしております!

    2019/01/08 19:33
  • ゴリっとしてて最高です!
    2P目の兜と槍の1枚絵(おそらく主人公の視点で見えた光景なんでしょうね)で世界観をバシッと伝え、
    最終ページの「敵兵の光のない目」でこの世界の非情なルールをビシッと伝える。「絵でシンプルにストロング語れる」センスを感じます。続き楽しみにしています。

    2019/01/09 13:42
  • 緊張感があって読んでヒリヒリしました。

    言葉にも力があります。
    自分の言葉で、自分の描き方で
    戦争を、生き死にを描こうとしているのが
    伝わってきます。

    ありものじゃないその描き方に
    強い魅力を感じます。

    次回も楽しみにしております!


    2019/01/09 15:18
  • 『Girl eats Boy』を読んでからこちらの作品を拝見しましたが、やはりredoさんの作品は得も言えぬ「説得力」的なものがあって引き込まれますね…!
    画力はまだ発展途上なところもあるかと思いますが、今作ではその粗さも味になっていると感じます。

    欲を言えば、もう少し派手な要素(戦場ならではのグロっぽいカットなど)を最序盤に用意した方が、読者をもっとそそれるのでは…と思いました。
    物語を読ませる原動力として、『Girl eats Boy』にあった「笑い」という要素に代わる何かがこの作品にももっと欲しい、という感覚です。

    3話も期待しております!

    2019/01/15 23:59
  • 第2話の6P目「聞け」にナレーションをかぶせる巧みさにびっくりしました。
    デッサンやペン使いという観点からは未熟でも、読者を没頭させる魔力のようなものがありますね。
    「漫画が上手い」ということだと思います。自信を持って描いていってください。

    2019/01/16 11:54
  • 1-3話改めて一気に読ませていただきました。境界線に立つ主人公、一挙手一投足、選択を間違えてはいけない戦場でのひりひり感、さすがです…!!予定では、残り1回でお話がまとまる予定ですが、、いい意味で先が全く読めず、楽しみです。彼に戦場の狂気が伝播するのか、それとも違う結末を迎えるのか…。

    戦争に対して考えの帰結が見れるといいなぁと思います。楽しみにしております。

    2019/01/21 22:29

TOP