プロフィール

経歴

東京都出身。『GOTAVOICE』で1987年アフタヌーン四季賞春のコンテスト準入選受賞。1989年に「モーニング」にてデビュー。現在「週刊ヤングマガジン」で『NeuN』、「月刊アフタヌーン」で『BLACK-BOX』を連載中。

担当作

『地雷震』
『鉄腕ガール』
『スカイハイ』
『爆音列島』
『SIDOOH』
『ヒトヒトリフタリ』など。

メッセージ

『NeuN』第3巻9月6日(木)発売!





【DAYSNEO運営より】
9/5(水)19時から、髙橋ツトム先生がDAYSNEOに降臨!!
投稿作品を読んで、このアカウントでコメントをしていきます。
講評の様子は、動画サイトにてリアルタイムで配信。
URLはこちら↓↓
http://live2.nicovideo.jp/watch/lv315480353

髙橋先生に作品を読んでほしい方は、
公式タグの「ツトム先生読んで」タグを作品に付けて投稿してください。
公式タグは、以前に投稿した作品に追加することもできます。

※「ツトム先生読んで」タグは、一人につき1作品まででお願いします。
※時間の都合上、タグのついた作品でも講評できない可能性があります。ご了承ください。


髙橋ツトム先生が、あなたの作品を読んでメッセージをくれるかも…!

リンク

新着メッセージ

  • 絵が上手だね。
    でも2話目1枚しかない...それは「話(わ)」じゃないな。笑
    「このキャラが大変だけどスカッとした」ということは頭ではわかるんだけど、
    誰の視点から描いているのがわかりにくいから心にぐっとは来なかったかな。
    正直さ、リアリティだけではなく、
    ただ車に乗っけて景色を勝手に見てじゃダメで、どの席に座らせて、どういう角度でどんな光景を見せるかってところに腐心してほしいな。
    でもすごく上手いから早く連載してね。

    2018/09/05 20:34
  • 1ページ目から面白いなぁ。しかも読みやすいよ。

    最高のギャグ漫画家である和田ラヂヲさんと友達なんだけど、
    普段から作風どおり面白いんだよ。
    「間」の取り方も上手いんだ。

    そういう人だといいね。

    2018/09/05 20:22
  • 扉絵がいいから読みたくなる。
    俺、教室描く奴はすっげガッツあると思う。めっちゃ描くの大変だから。
    もうちょっとシュールな話かと思ったけど、ちゃんとしているね。
    見開き(P14~P15)の感じが好きだな。空気感とか距離を感じられる。
    もうちょっと瑞々しくて天使のような画力が必要かなぁ。
    表情はいいんだけど、もっと説得力増せるはず。

    ちなみに俺、描くときめっちゃシャーペンの芯折れるんだけど、
    浦沢直樹さんに0.7mmにしたらシャーペンの芯折れなくなったわ。笑

    2018/09/05 20:18
  • 作品のリアリティのレベルにもよるんだけど「キャラクターに動機があるかどうか」「その動機にオリジナリティがあるか」が良い作品と呼べる条件だと思う。
    自分はいまボクシング漫画を描いてるんだけど、ボクシングの動機って名作があるだけに、そことの差別化にすごく苦労した。
    漫画と編集の漫画って、俺も描いたけど、登場人物で一生懸命なキャラクターほど動きがないから、絵にメリハリだすのが難しいよね。
    とにかく「動機」が差別化につながると思って、がんばってください。

    漫画って数十ページでキャラの人生を「切り取る」わけだけど、その前後を描くことなく切り取れているか、「これまで」と「これから」を感じられるかどうかが、良い読み切りの条件かな。

    作り手は「何を入れるか」「どれだけ入れるか」「どういうフィルターを通すか」が個性に繋がるから、拙くても、そういう作品は絶対高評価になると思うよ。
    自分だけのアンテナでキャッチしたものを、世界に発信するのが創作だよね。

    「こうでなくてはいけない」じゃなくて「こうだったら面白い」を考えることが大事だよ。

    2018/09/05 20:06
  • あっはっは!
    やべえな、これ。
    まあ......良いんじゃないですか(笑)。
    楽しませようという心意気がある。
    アンドレ出してほしかったな。笑

    2018/09/05 19:51
  • ちょっと説明的すぎるかな。
    みんなそういうふうに思っていることを書いてるだけの入りになっているので残念。
    ここまで説明すると、そうとうすごいことが待ってないと読者として納得してくれない。
    「殴るぞ」と宣言するくらいなら、もう殴っちゃえばいいんだよ。
    「宣言→行動」というは芝居的観点からはまどろっこしくておススメできないね。
    構図感覚は悪くないだけに少しもったいないな。
    ターゲット読者をはっきり決めていることは良い。がんばってね。

    2018/09/05 19:46
  • 入りがいいね!
    目線の送りかた、セリフ、場所、キャラ、取引が1ページで込められているから
    読む気が湧くようになってるね。
    画面処理(配置)バランスがいいから、読みやすい。
    面白い。
    作家性がある。
    こういうネタを使っておきながら身につまされる真理を突こうとする姿勢がいい。
    プロなの?
    なんにも言うことないよ。このままでいい。
    タッチとか処理はいろいろ改良の余地あると思うけど、がんばれ。
    絶対どこかの編集者が担当するべきだよ。
    良いところを削ろうとする編集者は信用するな。笑

    ネタは選びつつ、このクオリティのものを2つほど描ければいけるぞ。

    2018/09/05 19:38
  • 描くのが難しいギターをちゃんと描いてるね。
    「やばいものを見てしまった」という導入なら、1ページ目の扉絵を内容に沿わせたほうがよかったね。
    「僕の人生は変わったのであった」という言葉を使わずにそれを描いていくのが漫画だから、こういう演出はできるだけしないほうがいいかな。
    いい表情を描くね。
    画力はまだまだだけど、コマの置き場所と絵の強弱の使い方はうまい。
    絵なんて描けば上手くなるから、伝えたいものをどう伝えるかということをもっと考え抜いていってほしい。
    描くことに時間をかけるのもいいけど、何をどう描くかに時間をかけていけるようになるといいね。

    5ページ目の1コマ目が、俺の子供の頃に似てるね。笑

    2018/09/05 19:26
  • スペクタクルだねぇ。
    もっと奥のものは奥、絵の距離感ににメリハリがあるといいなぁ。
    基本的に漫画のキャラの髪の毛をどれだけの精度で描いているかで、その漫画のディフォルメ度はわかるよね。
    最後まで読ませようとするのが大事。
    入り(1ページ目)で読者を作品世界へ連れていく気概で描くと良くなるね。
    俺はこれくらい情報量が詰まっていると、ちょっと読めなくなっちゃう。
    まずはキャラクターをでっかくわからせる、そこの摑みがほしい。
    最初から読まれなかったり、途中で読むのやめられないようにしてほしい。
    最後まで読んでくれて「つまんない」と言われるほうが良いよね。
    でも漫画描くのって大変だから、ここにアップしてるだけでも偉い!

    2018/09/05 19:13

担当希望作品

担当希望作品はありません

TOP