プロフィール

経歴

三重県出身、上京してから十年以上経ちますが、未だに東京の道がわかりません。
ヤンマガ編集部に入ってから五年くらいです。

担当作

【現在の担当作品】
『小林少年と不逞の怪人』
『女神のスプリンター』
『なんくる姉さん』『俺と悪魔のブルーズ』
『アスペル・カノジョ』『飼ってない猫』

【過去の担当作品】
『監獄学園』『ケッチン』『よしふみとからあげ』『戦渦のカノジョ』
『僕はどこから』『銀河乙女』『カラスヤ、YouTuberになる』
『副会長ガンバル。』『ロックミーアマデウス』『監獄学園を創った男たち』
『レオくんは今日も優しい』

メッセージ

まず作家さんの描きたいもの、好きなもの、面白いと思うものを聞きたいです。
どんな漫画家さんになりたいか、教えてください。
そこから、どんな作品なら描けるか、一緒に考えていきましょう。

リンク

新着メッセージ

  •  2作品とも拝見させていただきました。絵柄、女の子の可愛さ、演出力、不穏な雰囲気の見せ方、エロさなど、どこも非常に達者で楽しんで読ませていただきました。思春期に女の子と接する男の気持ちのある「甘さ」を、切り取ろうとしておられるのが魅力ですね。

     一方で、私小説的な内容に走り過ぎず、美少女で楽しませようという気持ちもきちんと持っておられるのは、プロとしてやっていくうえで重要なことだと思います。また、男子キャラをブサイクに描きすぎないのも、今こういった作品を描く上で大切なことだと感じます。

     2作品両方で感じたのは、「もう一歩、二歩、傷つけてほしい」ということです。こういった思春期の懊悩を描く作品にはある種、傷つけられたいというマゾヒスティックな感覚で手を伸ばすことが多いのですが、まだそこまでは至っていない。
     傷つけられそうな予感はあるのですが、どちらも女の子が優しすぎる、と思いました。もし、そうした方向でないなら、徹底して甘くして読者を喜ばせないといけないだろうと感じます。

     ぜひ、ヤング誌ならではの容赦のない作品をご一緒に創れれば幸いです。担当希望押させていただきました。

    2018/06/12 01:28
  •  ゴキブリ、怖いですよね。自分も人生で初めて本気の悲鳴を上げたのはG相手でした。部屋に出てきたときの絶望感、ぞわっとする感覚が上手く表現できていると思います。実物の絵も描きながら、不愉快にならない程度のデフォルメが利かせてあるのも好印象ですね。

     こういう「大ピンチ」の状況って、いったん自分が置かれている状況を読者に向かって提示してあげることが重要だと思います。「部屋にGと二人きり、道具がない、逃げ場もない」=「ヤバい!」ということを丁寧に示してあげると、読者もより、感情移入しながら読めるかと。
     また、面白いシチュエーションなのにセリフでの説明が多くなってしまっているのが残念。引きの絵で部屋全体の状況を示しつつ、Gと主人公の位置関係を定期的に見せるだけでも、主人公がGにいかに追い詰められているかがわかりやすく伝わって、切迫感もより増すと思います。

     全体的にコマが小さいので、もっと大胆に描いてほしいなとも感じました。一般的に、コマが大きくなればなるほど、読者はそのコマの「作品内時間」を長く感じます。逆に小さいと読み飛ばしてしまう。「一瞬を永遠に感じた‥‥!」みたいなポイントを作るには、コマの大小にメリハリをつけましょう。

    2018/05/28 18:39
  •  2作品とも拝見させていただきました。キャラクターの表情を力強く描けるのはとてもよいですね。また、短いながらも遠近を使い分けたり、読みやすさを意識したコマ割りを作ることが出来ていると思います。可愛い女の子を描けるのは、成年誌でも少年誌でも女性誌でも、強い武器になります。
     ぜひ、短くても10P以上のお話になった作品を読ませていただきたいです。お待ちしております。

    2018/05/24 18:25
  •  ゲーム世界から魅力的な女の子が飛び出してきて‥‥というのは昔からあるネタではありますが、それが外部のプレーヤーで、というのは新しいですね。しかも神様。

     ちょっと、主人公がこのゲームの開発者という情報が、冒頭のキャラクター紹介用の小さな枠の中でしか出てきていないので、少し混乱しました。また、その設定がどう生きてくるのかもわからない‥‥のですが、それは1話目だからなのかなと思います。

    「神様がゲームをプレイする」というところにどんな意外性を出せるか、主人公がそのゲームの開発者であることがどう効いてくるのか、楽しみです。
     絵柄についても、線は少ないですが表情が可愛いので、観ていてそんなに物足りない感じはしないですね。ただ、画面全体の情報量を増やすためにもうちょっと背景を描きこむなどして密度を高めてほしいように思います。

    2018/05/24 18:13
  • 「カワイイとカッコイイは正義」とよく言われますが、とにかくキャラクターが二人とも可愛いのが素晴らしいですね!

     ヒロインはもちろんですが、「ボスゴリラ」くんも愛らしい。二人が、お互いに対して時めいている瞬間をきちんと描けているので、この短さ、シンプルな展開でも登場人物の魅力が行動・演技・セリフ・表情など、しっかり伝わってきます。「好きになれる」キャラクター、もっと拝見したいです。

     絵的なセクシーさも、もちろん魅力として大きいですね。「エロいけど清純」、両立させられる絵柄は、男女ともに読んでもらえるので強いです。ストーリー性の強い青春ラブコメ、あるいは「少し不思議」ぐらいのSF要素が入った作品もいいかもしれません。

     原作・作画でお二人でご執筆されているとのことですが、どのような感じでご相談しながら作品作りされているのか、伺いながらぜひ、ヤングマガジンで描いていただきたいです。担当希望させていただきます。
     よろしくお願いいたします!

    2018/05/07 14:06
  •  いやー、凄い面白かったです。アイディアもシチュエーションもたまらないですね。爺L、アリだと思います。長い年月を挟んでいる(そして読者に感じさせる)からこそ、最後の最後に奇跡的に成り立った愛、っていいですねえ。

     純粋にこの二人の過去とか、今までの人生とか、奥さんとどんな関係だったのか、とかいろいろ読みたくなってしまいました。それが読めるともっとこのお話が楽しめるなあ‥‥この関係性が楽しめるなあ‥‥と。
     また、奥さんのふりをして関わることで起きるハプニングも、もっといろいろ見られると面白いだろうな‥‥とか。日向さんがどれぐらい認知症が出ているのだろうか、とかも気になったり。ホームの職員さんのキャラクターも気になります。

     どれも、もっと読みたいなあ、というところに端を発しております(笑)。
     もう1作のほうでも、とても丁寧で完成度の高いネーム力を楽しませていただいているので、強い企画があれば、商業でも行けると感じております。
     実はブログのほうも拝見させていただいて、漫画家デビューは考えていません、とお書きになっているのも観てはいるのですが、もし原作者としてでもご興味があれば‥‥と思って、担当希望押させていただきました。

    2018/04/21 03:00
  •  夜中にイッキに11話まで読んで、続きがない!って気づいて「えー!」って編集部で言っちゃいました(笑)。面白いですね! 上手い!
    「苦い恋とスイーツ」という組み合わせもいいですし、話の運び、エピソードの組み立て、一つ一つのセリフ、どれもテンプレ的な要素を使わずに丁寧に作り上げているのが読んでいて楽しかったです。王道恋愛マンガ、って感じでしたね。特にセリフの切れ味が素晴らしいです。

    「君はうつくしい
    心がどれほど傷ついていても
    いや、だからこそ
    あたらしく生まれ変わる力を内包している
    春待つ息吹きの力強さだ(7話目)」

     見事だと思います。
     いろんな方面の知識も自然にストーリーに組み込まれていて、単に読ませるだけでなくきちんとキャラクターを立てる方向に機能しているのも読みごたえにつながっていますね。とにかく先が楽しみです。

    2018/04/21 02:25
  •  おねショタ、いいですよね。しかも本作、かなり攻め攻めのおねショタで面白いです。大人のお姉さんがどんな姿なのかすらまだわからない‥‥。出だしから幼児が深刻な話を雑談交じりで始める(いい意味での)心無さも笑えました。
     まだ始まったばかりだからとも思いますが、ショタ三人のキャラがもっとそれぞれ違うベクトルを向いていてくれると、これからどんな絡みがあるか期待できる気が。とはいえ、お姉さんがどんな人なのか、これから楽しみです(続き、ありますよね?)。

    2018/04/21 01:45
  •  10Pの読み切り漫画として、理想的な始まり方をしていると思います。まずは何はともあれ、先が気になる驚く部分からスタートする必要がありますので。
     ふたりのやり取りが終始、抽象的な会話になってしまっているのが残念に感じられました。ふたりとも行動に出ないと、せっかく意外性あるところから始まっても、「次一体どうなるのだろう」という予想外のシチュエーションにはなかなか進まず、展開に期待しづらくなってしまいます。
     大治を虐待しているという親の人物像が想像できるような絵でわかる描写、或いは空和の神らしい行動を見せてもらいたかったな、と思います。オチも、結局何も起こらず終わる、という流れは予想の範疇に入ってしまうのがもったいなかったな‥‥と。

    2018/04/19 01:37
  •  天候力、という言葉のカッコよさにまず惹かれました。能力者バトル漫画だとするとどんなお話になるのだろう‥‥と。それで読み始めてみたのですが、具体的に「天候力」がどんな能力なのかが、読んでいてもなかなかわからないのが残念でした。
     画力は決して低くなく、勢いあるキャラのアクションを見せることもできているのですが、能力がどんなものなのかがわからないとどうしてもお話に入り込めません。
     たとえば最近のスーパーヒーロー映画などでも、まず最初に主人公の能力を見せる短い出来事を挟み込んで、観客にわかりやすく「すごさ」を印象付けますよね。
     もしかすると「全ての人に」天候力が備わっているという壮大さが、能力の説明を難しくしてしまっているかもしれません。お話を成り立たせるためには、絞れる部分はあえて絞って、削ってしまった方がよいです。

    2018/04/11 01:26

担当希望作品

TOP