プロフィール

経歴


入社して最初に週刊少年マガジンに配属。2年で少女漫画誌「デザート」に異動。以来ず〜っと「デザート」で少女漫画作ってきました。

2013年から2019年5月まで「デザート」編集長。

2019年5月に講談社を退職し、6月から漫画家さんのマネジメントとプロデュースを手がける会社を始めました。


アイコンは息子が5歳の時に描いてくれた似顔絵です。

担当作

現在も担当している作品
『春待つ僕ら』あなしんさん
『僕と君の大切な話』ろびこさん

主な担当作品
『好きっていいなよ。』葉月かなえさん
『となりの怪物くん』ろびこさん
『たいようのいえ』タアモさん
『ライアー×ライアー』金田一蓮十郎さん
『コスプレ☆アニマル』栄羽弥さん
『やさしい子供のつくりかた』丘上あいさん
『カンベンしてちょ!』木村千歌さん
など。

メッセージ

漫画って本当に奥深い。やってもやっても発見がある。そんな喜びを漫画家さんと一緒に味わうのが大好きです。

(※何か質問や相談などありましたら、いつでも遠慮なくツイッターにご連絡ください!)

リンク

新着メッセージ

  • 投稿ありがとうございます! すでにどこかでデビュー済みなのでしょうか? 読みやすさやテンポのよさなど、しっかりしているなあと思いました。

    お話は、一つの憧れのシチュエーションをうまく漫画にできている美味しい内容ですが、お互いに何をきっかけに思い出したのか気づいたのか、が少し曖昧でもったいない。相手にどんな風に気づいたらよりドキドキしてしまうか、もっと印象に残る再会の仕方が見たかったです。それと、もう一度恋してしまうきっかけ。

    「再会と再燃」の2つがこのお話の描きどころだと思うので、その2点をさらに盛り上がるように意識してみると、もっとよくなると思います。頑張ってください!

    2019/05/03 23:43
  • 投稿ありがとうございます! 可愛い絵柄で、ラブコメに向いてそうな描き方だなと思いました。お話はまだ出だしのみですが、ちょっとこの特異体質(?)の仕組みが分かりにくいです。近づくとド変態になってしまうのに、密着はOKなの? それとも密着して発動しないようにしてただけ? だとしたら30分は平気というのはちょっと違うのでは? と、混乱してしまいます。「近づくとド変態になってしまう」という縛りをつけるならば、出来るだけその設定通り、「好きだけどそのせいで近づけない」ということだけで描き進めた方がよかったと思いますし、唯一の例外が「密着してるかぎりは発動しない」ということなら、そのルールも徹底した方が色々浮かびやすくてよいのではないかと。せっかく考えた設定、どうすれば一番活きるのかを考えてから改めてチャレンジしてほしいです。頑張ってください。

    2019/04/14 18:19
  • 投稿ありがとうございます! 絵柄、カラー、ともに可愛くて目を惹かれてしまいました。タマとのコンビも楽しく読めそうですね。本編の投稿もお待ちしてます!

    2019/04/14 18:10
  • 投稿ありがとうございます! デビュー済みということもあって基礎はしっかりされているので、非常にテンポよく分かりやすいネームですらすら読み進めることができました。

    ただ、ミュージカルというのは、僕も大好きでよく観るのですが、漫画にするには非常に難しい題材ですよね。歌、踊り、音楽と、ライブだからこそ伝わるものが大きいエンタメなので。だから、ミュージカルの何が素晴らしいのか、もっともっと突き詰めないといけないのかなと思います。どこを伝えると、漫画としても魅力的に見えるのか。そこを頑張って考えてみてほしいです。

    お話は、1人の少年の成長ストーリーとしても描いていく意向かと思いますが、ミュージカルの取り上げ方次第で描き方も変わっていくのかなと思いますし、変わるべきだと思います。そうならないと、このテルくんならではの物語になってこないし、彼ならではの魅力も弱い。

    長編漫画としてミュージカルに挑戦しようという心意気はとてもいいと思うので、頑張ってください。

    2019/04/07 03:35
  • 投稿ありがとうございます! 食べっぷりがよくて、何でも美味しそうに食べてる姿がとてもよかったです。食べ物自体も美味しそうに描けてるし、ほどよく情報が入っているのもいい。浅草行きたくなりました。また、妊娠中のご自身の気持ちも描かれているのもよかったです。

    欲を言えば、雷門が工事中だったとはいえ、1か所でいいので観光名所にも触れてほしかったなあと思いました。歴史ある場所や建造物について触れても上手に描けそうなので。今の状況だと沢山は無理でしょうけど、また次の食べ歩きの話も読んでみたいです。

    2019/04/07 03:01
  • 沢山投稿ありがとうございます!この作品のように青春感が溢れている作品を描けるのは、とても魅力的です。女の子がモヤモヤした自分の感情に苛立っている様子もリアルに描けている感じがしました。他の作品でも感じますが、ネーム運びがうまくて読みやすいのもいい所だと思います。

    ただ個人的には、どの作品も主人公1人の心の問題で終わってしまっているところが少し気になります。自分の心に何かの整理がついた後、どのようにしていくのか。どうやって実際の出来事に向き合っていくのか。心の中の第一歩目だけではなくて、現実の一歩二歩を歩む中での話も読んでみたいです。これからを楽しみにしてます。

    2019/03/31 13:23
  • 最後に選んだ一言にグッときます。その一言しか言えないのが嫌だったはずなのに。。。すごくネームうまいし、カラーも可愛い。他の作品も全部うまいなあと思うのだけど、欲を言えばもう少し長めの話を読んでみたいと思います。色々できそうな人なので楽しみにしています。

    2019/03/31 13:07
  • 投稿ありがとうございます! 幽霊ものは結構多く目にしますが、出だしの2ページ目で笑わされてしまいました。こういう、作者ならではの着眼点を感じられるものってすごく好きです。

    お話はさくらの明るさと、次第に分かる切ない事情とで読まされてしまったのですが。。どの地点まで「さくら」を知らない初めて会う女の子だと思っていて、どの地点から正体に気づいていたのか。また、お母さんとは最後まで仲が良かったのか、そうではなく思春期なりに話さなくなってて後悔していたのか。お父さんはどうしているのか。などなど結構気になってしまいます。いい話風ではあるのですが、下手するとただのマザコンにも見えてしまいそうなので、その辺をもう少し考えて突き詰めつつ、もっと良い話に膨らませることもできると思いました。いい着眼点、観察眼の持ち主だと感じたので、これから楽しみにしています。頑張ってください。

    2019/03/31 13:03
  • 投稿ありがとうございます! 絵はシャープで綺麗な絵柄で、絵的な見せ場も多くて目を惹き付けられました。お話の方は、主人公の自己解決で完結してしまっているので、どうしてこの後輩には惹かれるのか、なぜ心許せるようになったのか、など主人公の感情の変化の元になることをもう少し考えて、それを具体的な出来事で表現してみてほしいです。感情が変わったあとだけではなく、感情の変わり目にもっとフォーカスできると、より沢山の人に伝わると思います。頑張ってください。

    2019/03/31 07:42
  • 投稿ありがとうございます! 非常に印象に残る絵柄で、主人公(?)の女の子の目の強さにも惹かれます。不幸の番人のビジュアルもユニークですね。お話がまだ前振りだけなので、この後どうなっていくのか楽しみにしています。続きも頑張って描いてください!

    2019/03/31 07:28

担当希望作品

担当希望作品はありません

TOP