プロフィール

経歴

ディズニーとプリキュアに詳しくなった販売部時代(1年)を経てヤングマガジン10年目。
作家さんが世に出したい作品と世の中の読者が読みたい作品、そのバランスがなんとなく分かってきた中堅。

担当作

週刊ヤングマガジン
アンダーニンジャ
code:ノストラ


月刊ヤングマガジン
亜人ちゃんは語りたい
オカルトちゃんは語れない


過去立ち上げ担当作品
アルキメデスの大戦、決闘裁判、GTO、[R-16]R、吉祥寺だけが住みたい街ですか?、もののけ◇しぇありんぐ、眠れる森のカロンなどなど

メッセージ

とにかく熱量がある骨太な作品が大好きです。そこにいるだけで物語が成立してしまうキャラクターも大好きです!
連載を追いかけるのが好きなので、基本ほとんどの漫画雑誌を読んでます。
漫画史に残る作品の誕生をお手伝いするのが夢ですが、まずは作家さんが漫画で食べていけるようになる事も本当に大事な事だと思います。そういった戦略も一緒に考えさせてください!
写真は大好物の納豆巻きです!

リンク

新着メッセージ

  • 元になっている事件があると思いますが、本当の事件はライコのような存在がいなくて悲しい結末をたどってしまっただけに、理解してくれて寄り添ってくれて、そして立ち向かってくれたライコは、大刃堂さんの怒りとかやり場のない感情の化身なのでしょうか。大刃堂さんの創作の原動力となるものを是非知りたいです。そしてこの先描いていきたいと思う漫画を世に出すお手伝いをさせていただけると幸いです。

    2022/05/10 01:16
  • まず圧倒的な画力に度肝抜かれました。
    ゴリゴリのハードSFは頭の中にある世界観を表現できる画力が伴っているかが、すごく重要な要素だと思いますが全く問題ないですね。ぜひこのまま物語を存分に描き切っていただきたいです。
    コマ割りやセリフ回し、フキダシの使い方も既存のルールに収まっていなくて本当に新時代の作品を覗いた気分です。
    この作品を広く届けるためのお手伝いをさせていただきたいです。
    まずは、じっくり何時間かかっても良いので川乃さんの頭の中にある世界を話してもらって共有したいです。
    ぜひヤングマガジンのハードSFの系譜を引き継ぐ代表作を一緒に作らせてください。

    2022/02/22 02:41
  • 力作ありがとうございました!
    カッコいいアクションシーンに加えて、主人公の苦悩、成長も描けており素晴らしかったです。何より色んなアングルが描けていて、ただ喋っているシーンも飽きさせない作りでよく考えられているなと思いました。
    ちょっと設定が連載向きと言いますか、読み切りには複雑すぎて説明が多くなってしまったのだけ残念かなとは思いました。ただキャラクターへの意識もあるし派手なお話を描き切る画力もあるので、情報の出し方を整理していけば連載まですぐだと思います。担当希望させていただきます!

    2022/02/05 03:54
  • まず、めちゃくちゃ強いギャルだなと思いました。(派手さとかではなくて、キャラクターとして)ギャルが喋ってるコマ全部良いです。表情も所作も最高です。このギャルがいれば、物語は8割型成立しているのではないでしょうか?あとは、視点となる男をどうするかどんな肉付けするかとか、先行するギャル作品たちとどこで差別化するかなどの味付けの部分でしょうか。
    ヤンマガはグラビアもありますので、ギャルとのコラボグラビアといった他誌にはできない宣伝展開も可能です。
    ぜひギャルに寛容なヤンマガで勝負してみませんか? 担当希望させていただきます。

    2022/01/28 03:48
  • とても面白かったです! 朝子さんのキャラクターが真っ直ぐでとても気持ちいいですし、非常に可愛い!そのスポーツに興味ない人にも、「朝子」さん萌えというしっかりとしたフックが出来ていますし、その先にちゃんとjunpeiさんがやりたいスポ魂が描けてます!
    昨今、とてもスポーツ漫画のヒットが難しいなと感じていて(先行作品の多さ、メジャースポーツ漫画の飽和、マイナースポーツのとっつきにくさなど)僕自身もスポーツ漫画が大好きなのですが、どういった切り口なら現在でも戦えるものになるのかが中々浮かばない歯痒い状況ではありました。なのでこの作品をを読んで「なるほど!」と声が出てしまいました。こういう風にキャラクター要素をプラスできれば、現代でも斜め上の切り口を使わずとも「スポ魂」で勝負できますね!
    あとシンプルながらもjunpeiさんの描く線が非常に柔らかく、女の子の絶妙な身体の丸みや柔らかさが伝わってきて、エロさもあるのが凄いです。扉ページの朝子のくびれや、二の腕、太ももは最高です!目に留まる絵になってます。
    また、魚眼を使った俯瞰の構図だったり、スピード感あふれる効果線の使い方だったり、時折しっかりとヒキの絵を入れて読者に位置情報を整理させる重要ポイントも巧みに取り入れられていて、非凡なセンスを感じます。
    スポーツ漫画は1巻のうちに抑えなければならない要素(敵、主人公の魅力、状況、試合など)が8割で、残り2割のオリジナリティでいかに読者を魅了できるかにかかっていると思ってますが、それを満たした上で、さらに試合を面白く描けるか、いくつの視点カメラを持っているかなど、編集ではどうしようも出来ないセンスの部分も多分に要求されます。そこをjunpeiさんは持っています!素晴らしい!

    今回の作品で言えば、読み切りとしては絶妙なバランスでうまく成立しているとは思いますが、連載を見据えていたとすれば、病気の部分などは非常に扱いが難しいマイナス要素かと思います。朝子に弱点をつけるための選択肢としては悪手かもしれません。ただ褐色の選手の中に混じる色白の最強選手は最高ですね(笑)これは何とか生かしたいなと思います。
    ここでは文字が足りませんので、どんなスポーツ漫画が好きか、メジャースポーツの良さマイナースポーツの良さなど色々と打ち合わせをしながら、「2年後のオリンピックイヤーにスポ魂連載」ぜひ実現しましょう!お手伝いさせてください!

    2018/03/27 13:33
  • 3作品ともとても面白かったですが、「青鬼」は特にグッと来ました。何をするわけでもない弟の存在が、兄の本当の胸の内をあざとくなく語らせる上手な人物配置になっていると思いました。
    内容面に関しては、若干分かりづらいコマ割りやフキダシなどを打ち合わせで修正できれば完璧ですね!
    あとはどうやって沢山の人に読んでもらうか、です! どんな題材で勝負するかの事前打ち合わせをたくさんしたいです。カラー原稿も拝見したいです!

    2018/03/18 15:01

担当希望作品

TOP