プロフィール

モーニングの鈴木

★67

15

経歴

月刊情報誌編集

文芸編集

モーニング編集部

担当作

『あせとせっけん』『はたらく細胞BLACK』『はたらく細胞BABY』『テロール教授の怪しい授業』『どくヤン!』『アニメタ!』『天牢のアヴァロン』『エルフ湯つからば』『あなたはブンちゃんの恋』『コウノドリ 新型コロナウイルス編』『18=80(エイティーン エイティ)』など。

メッセージ

紆余曲折を経て漫画編集になりました。
ラブコメからSFまで(担当作もそうですが)なんでも好きですが、
人の人生を動かしたり壊したりしてしまう、ゴツくて重たい漫画を読みたい、と最近は思います。
……が、ずっと見ていられる幸せカップルの話とか、そういうのも相変わらず大好きです。
ネームすぐ読みます!即返信します!!

リンク

新着メッセージ

  • ご投稿ありがとうございます。もっと読みたい!となってpixivにご掲載のものもすべて読んでしまいました…!
    こうしたカップリングもの、片方のキャラクターが強く前に出る形の作品が多いように思うのですが、この漫画は二人ともがめちゃくちゃ魅力的に描かれていて、愛され度がしっかり並び立っていてすごい!!!と感じました。
    社会的ステータスも見た目的な強さも持っているはずの彼が、彼女に対してまったく強く出れないのもいじらしいですし、彼女もS度高めなのに実は彼への愛にあふれている感じで、安心して読めて最高です。
    「彼の好みを考えて~」というのが世間とは全く逆の意味を持っていたり、実は発明的なセリフにあふれている作品だとも思いました。

    ちょっとエロい方向に振ることも全然できそうですし、そうでなくとも無限に読み続けられる漫画になると思います。男女関わらず多くの人の心を救える作品になるはずなので、ぜひ青年誌での連載もご検討いただきたいです。この作品での連載を前提に打ち合わせさせていただけたらとっても嬉しいです。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    2022/09/13 16:54
  • どれもすさまじい才能にあふれた作品だと感じました。そしてパッと見で目をくぎ付けにする画力も、簡単に身に着いたものではないと思います。
    緩急の付け方が絶妙で先の予測が全くできないですし、驚きの展開なのにそれが白けない斜め上の範囲にしっかり収まっていて、もっともっと振り回されたい!もっと読みたい!!と思いました。

    「おやつ」でシュークリームについて長々と哲学を語るところ、超どうでもいいのにどこか説得力を感じてしまう言葉選びが楽しいですし、甘いものを擬人化して比較しそれが全員ビジュアルとして可愛いところ、「確かに選べないわ」となってしまいました…。

    絵、構成、セリフ、すべて持っている人は非常に少ないです。生活が破綻していようが、題材がハマればすぐにでも長編・連載作が描けるパワーをお持ちだと思います。色々とご提案させていただきたいです。
    結果が出るまで向き合いますので、担当希望出させてください。よろしくお願いいたします。

    2022/09/13 16:21
  • ご投稿ありがとうございます。
    とってもかわいく楽しい漫画ですね!シンプルな線でパッと見て可愛い!とわかるキャラクターが描けていて、素晴らしいと思います。
    また当たり前のように宇宙人や見たことのない生き物が街を闊歩していて、そらとなく謎を演出するのがとてもお上手だと感じました。世界観自体にすごく惹きつけられます。これである時いきなり仰天するような展開が訪れたりすると、読者を更にグッと引き込めそうです。

    担当希望出させていただきますので、もしよろしければ是非一度打ち合わせさせていただきたいです。
    よろしくお願いいたします。

    2022/09/08 18:00
  • ご投稿ありがとうございます。とても楽しく拝読しました!
    「腋毛」という目を引くワードがタイトルに入っている&物語のテーマにもなっていますが、それでも全く下品な感じにならないのは、絵柄やキャラの朗らかさのおかげだと思います。
    健康的な雰囲気を狙って演出するのって実は難しいので、小野さんの才能なのではないかと。大切にしていただきたいです。

    宮森さんが見られたのかどうかを気にするという攻防を描く作品だと思うのですが、小犬丸くんが割とエキセントリックな人物なので、視点は宮守さんだけに絞ってしまっても良いのかなと思いました。

    また最初のシーンですが、タイトルで謳っているわけなので、腋毛そのものは描かないにしても、宮森さんが自分の腋毛をチェックしているシーンはリアルタイムで描いてほしいなと感じます。

    フェチや、ちょっと言いにくいようなテーマを爽やかに描ける力があると思いますので、ぜひこのまま描き続けていただきたいです。次作が拝読できることを楽しみにしております…!

    2022/08/19 16:17
  • 素晴らしいの一言です。もーーー鳥肌立ちました。
    散々言われていると思いますが、キャラの表情、風景描写、どれをとってもとにかく絵が美しい…
    神様が出てくるシーンは特に、一枚絵としてもずっと見ていられます。

    そして絵だけでなく、作品全体に儚げで懐かしく、神秘的な雰囲気をもたらしているのは、実はセリフ(神様の口調)なんじゃないかと感じました。
    特に終盤の
    「お前と会えて楽しかったね」
    というところ…絵も相まってため息が出ます。
    語尾が「ね」
    になっていることで、親しみやすい存在だけど、この人はやっぱり神様なんだ…という神秘性、超常性を感じてしまいました。
    神様の造詣が中性的で、BLの空気があるのも、この神秘性には欠かせないのだと思います。

    絵の美しさとキャラの造形、言葉選び、主人公が大きく成長してかつての思い出と再会するという誰しもが感動する構成、
    全部がすごいバランスで絡み合って成立している傑作だと思いました。

    神秘性を演出するためだと思うのですが、画面が白い(光の飛ばし過ぎ)と感じる人もいそうなので、
    陰影の付け方をもっとビビッドにしても良いのかなと感じました。それによってこの世界観が損なわれることはないかなと。

    本作のような方向性で、長編作りをぜひご一緒させていただきたいです。
    一撃で読者を虜にできる才能をお持ちだと感じました。担当に着かせていただけるのを熱望しております。よろしくお願いします。


    2020/02/26 18:01
  • たった3ページなのに、主人公の性格や二人の関係性などたくさんの情報量がぎっしり詰め込まれていて、シンプルに漫画力を感じました。
    悲恋…かと思いきや甘い!の驚きがあり、満足感がすごい…!
    これだけのページ数で「二人の行く末に幸あれ!」と思わせられる感じ、たまらないです。
    「埋められない時間」という、恋愛において誰もがぶち当たる壁が導入に使われているので、共感しやすいです。

    この二人の日常や今後も気になりますし、もっと長い作品を読んでみたい!と思いました。担当希望させてください。

    2020/02/25 19:51
  • 面白かったです!!!!
    ゴミ取りという地味でどうでもいい(ように見える)仕事のディティールの描き方、そしてそれがラストで人生的な教訓に繋がっていく構成が爽快の一言です。「いい話読んだなー!!!」という感じがずっと心に残っています。

    ネームも大変読みやすく、すらすらページをめくってしまうので体感20pくらいの感じがします。その中でキチンとドラマが完結していて、新しく始まる二人の交流を想像すると嬉しくなりました。

    日常の中にあるちょっとした違和感や、なんでもないことの喜びを人に伝える才能を感じます。担当希望させていただきますので、ぜひ一度お話しさせていただけたら嬉しいです。
    よろしくお願いいたします。

    2019/11/24 14:32
  • もーーー二人とも猛烈に可愛いですね!!!永遠に読んでいたくなる素敵なお話です。
    現状ギャルの方が存在感強く、ぼっちよりエネルギー込めて描かれている印象ですが、ギャルに勇気をもらったぼっちが少しずつ殻を破っていくところを、もっともっと読みたいなあと思いました。

    続きもですが、こういった可愛いキャラクターを次々と生み出せそうなので、連載作拝読できるのを楽しみにしております!

    2019/09/30 12:17
  • 「一滴」でも少なく、「一本」でも多く。
    メチャクチャカッコいいセリフだなと震えました!!

    40pを凝縮されただけあって、背景にある、主人公がこれまで積み重ねてきたものが、8pを読むだけでも十分に感じられます。
    なぜ彼が刀を折ることにこだわったのか、彼の伝承はどのように語り継がれたのか…どんどん気になってきてしまっています。
    続きが読める日を楽しみにしております!

    2019/09/30 11:15
  • ナチュラルに可愛い女の子が描けていて素晴らしいと思います。
    4pで波を作り、しっかりオチをつけられている点もとても良いです。

    二人の今までの関係性も推し量ることができ、もっとこの子たちを見ていたい!!と思いました。
    個人的には8pくらい使って、もうちょっと焦らされたいな…とも思います。
    続きを楽しみにしています!!

    2019/09/08 14:03
  • 1
  • 2

担当希望作品

TOP