プロフィール

モーニング西山

★49

15

経歴

モーニング/モーニング・ツー/コミックDAYS編集部所属

担当作

(過去担当作含む)
『ハーン -草と鉄と羊-』
『鬼灯の冷徹』
『GIANT KILLING』
『コウノドリ』
『ブラックガルド』

メッセージ

2018年1月よりモーニング編集部配属。
時間をかけて、面白い漫画作りのお手伝いをさせていただきます。
どうぞよろしくお願いしますー!

リンク

新着メッセージ

  • 黒ギャル可愛いですね!!
    謎の包容力、意外と気を使える、ギャルだから出来る距離の詰め方といった、キャラが持つ属性を上手く漫画に落とし込んで描かれている印象を受けました!

    男の子がアプローチに動じない性格なので、もっとあわあわする系男子というか、ギャルの積極性が活かされるキャラだともっと良かったかなと思います!

    女の子はとても魅力的だと思います。
    次の作品も楽しみにしています!!

    2019/07/08 06:22
  • 読ませていただきました!

    自然と距離の近い漫画が描きたいとおっしゃられるだけあって、雲や海の自然物がとても魅力的ですね(見開きにも目を奪われました…)。
    人物の表情や目も、読み手が引き込まれる、良い絵が入っていると思います。

    作画が安定しない箇所があったり、セリフで説明をしすぎるところ、描き文字のセリフが読みづらかったりするところはどの作品にも共通する点のように思えたので、その点に気をつけていけばより良い漫画が描けるのではと思います!

    個人的には自然をテーマにするなら、農業とか漁業とか林業とか、より読み手が身近に感じられるもの、共感性のあるテーマの作品も読んでみたいなと思いました。
    もしよろしければ、一度お会いしてお話しできればと思い、担当希望させていただきます。

    どうぞよろしくお願いいたします!

    2019/01/17 22:27
  • キャラクターが非常に魅力的ですね!
    10pの短いページ数のなかで、主人公のはつらつさと先生のどこか神秘的な雰囲気がバチッと伝わってきました。
    そしてそれは、他の編集の方もご指摘されている通りですが、キャラのちょっとした所作や表情を只瀬さんが魅力的に捉え、描いているからだと思います。
    多くの漫画・キャラクターが溢れている世の中で、「これはあの人が描いた漫画・キャラクター」だな、と思わせる力があるのは、作家として大きな武器だと思いますし、只瀬さんは将来そういった力のある作品を描ける方なのでは!と思いました。

    【原作付きで作画志望】とのことですが、まだ漫画歴も浅いということですので、そういった将来の方向性含め、一度担当としてご相談させていただき、よければ一緒に作品作りをさせていただきたいです!
    担当希望させていただきますので、ぜひぜひご検討ください。
    宜しくお願いいたします。

    アドバイスくださいとのことでしたので、ワンポイントですが、、
    キャラクターとカメラの距離が、どのコマもほぼほぼ一定なのが気になりました。
    場面によってはもう少しキャラクターの顔に寄って表情をより大きく見せると、画面にメリハリがでるのかなと思います!

    2018/06/20 17:36
  • 絵、構成ともに魅力的な2ページ。堪能させてもらいました!

    何より、キャラが「目」で語れてる点に惹かれました。
    夫婦のそれぞれの目を通して、妻の焦燥と夫の諦観、その2人が作るリビングの空気感が、手に取るように伝わってくる。
    時に目を逸らしたくなるような、リアルな人間の感情や表情を描けるというのは、作家としての大きな武器だと思いますし、そこに強く惹かれます!

    自分に寂しい思いをさせた母親と、今の自分がダブっていくという演出も、短いページ数の中で何かやってやろうという彼方さんの企みみたいなものが見えて、とても良いですね。

    この作品の続きもとても気になりますし、今彼方さんの中でどんな作品のタネがあるのか、非常に気になります。
    ぜひ一緒に、一度打ち合わせをさせていただきたいです。

    人間描写力のある方だと思いますので、個人的には、この作品で取り扱った諦観の先にある希望や暖かさまで描いた作品を読んでみたいなと思ってます。
    「希望も暖かさもないです!」と思われても、全然OKです。彼方さんの描きたいもの、好きなもの、気になっているもの、教えてください。そこから何か面白いものを、作るお手伝いさせてください。

    モーニング、モーニング・ツーでの連載目指して一緒に頑張らせていただきたいです。
    よろしくお願いします!!

    2018/04/17 04:06
  • いやー、面白かったです!
    最後の一コマにまとめられている数時間の中に、きっともっと面白いことがあったのでは!と期待させられてしまいました。
    ヤラシイイメージのあるスポットを、すごくポップに描けていて、その点も宮本さんの魅力の一つだと思います!

    2018/03/09 00:41
  • 1
  • 2

担当希望作品

TOP