プロフィール

経歴

会社に2人しかいない(らしい)辺境の地・鳥取出身。

担当作

【ヤングマガジン】
『ソウナンですか?』(岡本健太郎 氏/さがら梨々氏)
『喧嘩稼業』(木多康昭 氏)

【月刊ヤングマガジン】
『特攻の拓~After Decade~』(佐木飛朗斗 氏/桑原真也 氏)
『サイレントメビウスQD』(重馬敬 氏/麻宮騎亜 氏)

【eヤングマガジン】
『少女支配』(筒井いつき 氏)

【コミックDAYS】
『マーダーボール』(肥谷圭介 氏)

メッセージ

漫画は“憧れ”を作る装置だと思います。
何に憧れるか、それは人それぞれ違うと思いますが、僕の中の“憧れ”とは“カッコイイ”だと思っています。
主人公でも、世界観、絵でもなんでもいい。その作品だけが魅せてくれるかっこよさがある漫画はいつ読んだってワクワクするし、元気をくれます。
そんな作品を作る手助けが楽しくて編集者をしています。
みんなが憧れるようなあなたの“憧れ”を、一緒に世の中にぶつけてやりましょう!

リンク

新着メッセージ

  • 完成お疲れ様でした。
    オフビート感が、最後まで心地よかったです。
    Natsukiさんの作られる雰囲気に癒されました~~。

    どの登場人物にも、そのキャラだけの味がしっかりとあり素晴らしいのですが、
    反対に1人のキャラクターを中心に置くという作り方がまだ弱いように思いました。
    視点役であるかもねんに、気持ちや悩みを織り込んでいってあげて、しっかり主人公としておいてあげると、
    もっとほかのキャラクターたちを楽しめるかもしれないなぁ‥‥と、
    改めて通して読ませていただいて、感じておりました。

    ただ、登場するキャラクターすべてにきちんとした人間味を、
    しかも全員に出せているのは素晴らしいと思います。
    また、それぞれがきちんと絡まって笑いを作りだしているところも素晴らしいです。
    すっかりnatsukiさんの作品の雰囲気に惚れてしまいました。

    ぜひ作品作りをご一緒させていただければ嬉しいです。

    2018/08/05 19:56
  • 切ない物語ですね‥‥。
    メガネがコンタクトに代わっていたり、女性の象徴である髪が伸びていたり。
    たった2pでも切なさを増すための変化まで、丁寧に織り込まれていて
    より切なくなりました。
    反面、子供のころの面影を明確に残す部分が一か所くらあっても良かったように思います。
    髪も、メガネも成長してしまったけど、それでも彼女を感じさせるものがあると、
    より切なさが増すのではないでしょうか?

    ぜひほかの作品も拝見してみたいなぁと思い、コメントさせていただきました。
    楽しみにしております。

    2018/07/27 07:12
  • 「シュレディンガーの童貞」「女性経験がないのに得意気」など笑わされてい増しました。
    果たしてこれはSFなのか‥‥!?
    それすら突っ込んだら負けな気配がしますが‥‥。

    少し描きたいことが見えづらい印象を持ちました。
    もう一人のアツシが出てきてから、少し話の方向性が変わってしまったような‥‥。
    個人的には女の子にモテたいから、全力で“個性”を付けようと奮闘する少年‥だがその方向性が間違ている。という当初の流れは変えない方が良い気がします。
    ギャグ漫画とはいえ、少し強引に話が変えられてしまっている印象を受けてしまい、
    上手く入り込むことができませんでした。
    (多分途中で描きたいことが変わってしまった感じでしょうか‥‥?)

    大きな方向は決して間違っていない気がしますので、そこを最後まで貫き切ってほしいです!

    2018/07/27 06:58
  • とても印象的なサムネイルでついつい読まされてしまいました。
    まだまだ絵は伸びていってほしいですが、
    今の時点でしっかり「エロい」と感じさせる絵が描けているのは素晴らしいと思いました。
    仕草や目線や‥人間観察力のある方だなぁと感じます。

    作品自体も独特のむずがゆさがあり、好きなのですが、
    願わくば主人公に何か恥ずかしいことをさせてほしいと思いました。
    最後のシーンも「俺が何かしても嫌味になる」と何もしない。のではなく、
    それでも何かしてほしいです。
    そして、個人的には大失敗してほしいです。
    青春時代のむずがゆい思い出って、大抵は失敗談な気がするんですよね‥‥。
    それくらい大きくズッコケてしまう方が、作品の持つ味わいをより強くしてくれる気がします。

    こういう何とも言えない、かさぶたを掻かれているようなこそばゆさと気持ちよさのある作品は大好きなので、今後も応援しております。

    2018/07/27 06:49
  • 「春光クンツァイト」の時から、好きな雰囲気の漫画家さんだな。と思っていましたが、
    今回も心地いい読後感ですね。
    以前よりも1pのコマの密度が減り、のびのび描かれている印象を受けました。

    男の子は主だったセリフがないですが、それでもしっかり愛らしさが伝わってくるあたり、
    うまいなぁ‥と思います。

    他の方も言われていますが、また長編を見てみたいです。
    応援しておりますので、頑張ってください。

    2018/07/27 06:36
  • アメコミ感満載の作品ですね。
    まだまだ物語の序盤ですが、コメント欄にある謳い文句に期待感を煽られております。

    「予言」という武器を手に、一体どんな困難に立ち向かっていくのか、
    その困難が面白いかどうか‥もっというと「絶対に越えられない壁」と読者が思い込むほど難しいミッションを物語に折りこめるかどうかが肝になりそうですね。
    「予言」とは実在しない妄想の産物がゆえにドキドキします。

    2話目を楽しみにしております。

    2018/07/27 06:25
  • 主人公の初登場シーンの眼が魅力的で、拝見させていただきました。

    荒廃した地球、少女のロボット、刀‥などいろいろとワクワクする設定はあるのですが、
    物語はまだまだ始まったばかり。という印象を持ちました。

    主人公の過去と現在は何か繋がりがあるのか‥? 
    元同僚は顔が出てきませんが、彼の存在は主人公にどういう意味を持っているのか‥?
    などなど、主人公への疑問が解消されていないからだと思います。

    せっかく設定だけはワクワクするものが並んでいるのに、
    肝心の主人公についての掘り下げが終わらぬまま物語が終わってしまったように読めてしまい、
    そのが口惜しかったです。
    もっと主人公の苦悩や活躍が見たい!

    ぜひぜひ次回作、期待しております。

    2018/07/27 06:09
  • 言葉のセンスや画面の綺麗さ・耽美さが美しい!!
    僕の狭い狭いマンガ世界にはない、
    新しい感覚に触れたような気がして、とても興奮しております。

    榎本というとても立ったキャラクターにばかり目が行ってしまいましたが、
    ふと思ったのは安原がもう少し輪郭を持ってくれるといいなぁ‥ということでした。
    僕にとって榎本先輩はとびぬけすぎていて、そこを魅力と感じきるまでにページをかなり進めなければいけませんでした。
    というのも安原がどういった状態の時に榎本に出会ったのか、その部分が描かれていないせいで、
    「確かにそういう状況で、こんな先輩に出会ったら惹かれるかも」という妄想が出来ず、
    上手く僕と榎本先輩を繋ぐ役として安原が立ってくれていないように感じたからだと思います。
    シャレていて、カッコいい。榎本先輩のようなキャラを作ることができるだけで素晴らしい才能だと思います。
    次は安原のような、ある種凡人のキャラクターも立つように意識してもらうとうれしいです。

    2018/07/27 05:55
  • 最後の笑顔がとてもキレイですね。
    女性誌志望とのことですが、
    人間のきたない欲望×美女という掛け合わせは
    男性向けの作品でも通用すると思いました。

    まだキャラクターは弱いと思いますので、
    その部分が課題かな?と思っております。
    今のところ全員が疑ったりすることなく簡単に起きていることを信じてしまっているような気がして、
    キャラクターに入り込みずらかったです。

    もっと登場人物たちに、人間のアクが出てくると、
    青年誌でも十分に通用する方だと思います。
    応援しております。

    2018/07/27 05:42
  • 脱力感のある千鶴や美涼と、おどろおどろしい怪異とのギャップが醸し出す独特な雰囲気が好きでした。
    見開きでのお母さんはインパクトありますね。
    絵柄に騙されていたこともあり、一気に引き込まれました。

    個人的にはお母さんの登場が物語に事件を生んでくれていないのが勿体なかったです。(ページ数などの関係でしょうか?)
    「これからだ!」となった矢先に無事解決してしまったので、
    あそこでもう1つ何か起こしてもよいのでは?と思いました。

    また、主人公と怪異とのギャップや作品の雰囲気はすでにあると思いますので、
    あとは物語に連続性を持たせるような、主人公の問題や欲を見てみたかったです。

    2018/07/27 05:34

担当希望作品

TOP