プロフィール

アフタヌーン矢島

★74

26

経歴

2017年からアフタヌーン編集部に所属
それまでは文芸部署で、小説・イラスト集・アニメ関連書籍・絵本・バンドデシネなどなど担当してきました。

☆前部署での担当作品

「<物語>シリーズ」・「掟上今日子の備忘録」シリーズ(西尾維新)
「スノーホワイト」(森川智喜)
「うるうのもり」(小林賢太郎)
「絵本 くらいところからやってくる」(前川知大)

など(順不同)

担当作

◆アフタヌーンでの担当作品

「トップウGP」藤島康介
「ヴィンランド・サガ」幸村誠

プロフィールアイコンは藤島康介先生に描いていただきました。
先生の優しさで、魔法少女風に…!
杖の☆は、アフタヌーンの「A」が組みあわされてできています。

メッセージ

とにかく漫画でお客さんをびっくりさせたい、喜ばせたいとたくらんでいる方を応援したいです。
雑誌掲載はもちろん、
作品の個性に合わせて読者との新しい接点を一緒に探していけたらと思います。

٩( 'ω' )و

リンク

新着メッセージ

  • どのページも目に飛び込んでくるイメージが明るく、
    登場人物のふたりがとても青春を謳歌しているのが伝わってきます。
    そのすごく前向きなパワーがみなぎっている感じが何よりの魅力で、
    読み手を励ます力を持っていると思いました。
    髪の毛の描き方など、もっともっと観察と練習を重ねて
    描き慣れていっていただきたいです。
    次回作も楽しみにしてます。
    ご投稿ありがとうございました!

    2018/10/10 02:23
  • キャラクター、設定、色合い全部が「おしゃれ」・・・!!
    センスで押し切った、かっこいい作品ですね!

    徐々にわかってくる、ラッカーと人間の関係性も
    孤独を抱えている大人っぽいキャラクター達も
    かっこよくて引き込まれました。

    反面、スタイリッシュさを優先しすぎて
    設定をつかむのに時間がかかり
    ちょっとだけ読者に不親切かもしれません。
    もう少し分かりやすく、そしてもっと早く
    キャラクターに思い入れを持たせてもらえる作りだったら
    さらに素晴らしいのに…!と思いました。
    次回作を楽しみにしております。

    2018/05/25 16:10
  • かわいい絵柄と軽快なテンポで大変読みやすかったです!

    私は犬を飼ったことがないので
    トリマーの方々の知られざるご苦労と
    それでも変わらない、犬へのあたたかい気持ちに
    頭が下がる思いで読み進めていきました。
    そしてラストで明かされる「妻ちゃん」のエピソードと杉山さんの想いに
    もっとも心を動かされました。じんときます…。

    アドバイスとしては
    この、素敵なラスト1ページがもっと映えるように、
    妻ちゃんとのやりとりをもう少し入れておくなど
    逆算して作っても良かったのかな……と思います。
    (ひょっとしたら照れもおありだったのかもしれないですが…)

    また、肛門腺のネタは、少々長すぎるかなという印象です。
    トリマーの方のその他の苦労エピソード(飼い主さんとのやりとり含む)や
    もっとライトなネタ(今どんなトリミングが流行っているのかとか)で
    くすっと笑いに繋がりそうなものを盛り込むと、ますます面白くなる気がします。

    続きも楽しみにしております。
    引き続き明るさ・可愛さを保ちながら
    ぐっとくる直球をふいに放り込んできてほしいです…!

    ご投稿ありがとうございました!

    2018/05/23 23:07
  • 婚活ネタをここまでのスケール感にできるは…!!
    とっつきやすくて楽しい第1話を
    ありがとうございます。

    主人公とコンサルタント、
    さらにここにきっと一癖あって魅力的な
    お見合い相手(?)が毎回登場していくんですよね。
    キャラクター同士の関係性も
    動機付けもしっかりしていて
    しかも続きが気になる、素晴らしい設定だと思いました。
    お金をどう使うかの部分にセンスが問われそうですね。
    続きを楽しみにしています!

    2018/04/12 01:39
  • のしろちゃんと柊くんがお互いのことが大好きな感じが
    とても愛らしく、一気に5話読んでしまいました!
    ずっとこの二人を見ていたい…

    ともすればシリアスで内省的な話になりそうな設定を、
    のしろちゃんの可愛さと行動力でつつみこんで
    明るく楽しく読ませてしまうセンスがすごいと思います。
    反面、幼馴染である二人がお互いにも学校にも、
    自身の性別を隠したまま日常がずーっと続いていくというのは
    どうしてもリアリティがないので、連載で長く読み続けるのは難しいとも感じました。

    愛くるしい主人公にちゃんと負荷をかけて、立ち向かわせることのできる
    桜園さんは、きっと他の物語も巧みに語れる方なのだろうと思います。
    別作品をぜひぜひ、投稿していただけたら嬉しいです!

    2018/04/03 02:25
  • 全編にわたって前向きかつわかりやすくて
    一気に読んでしまいました!

    お金を稼ぐには…という、多くの人が気になるテーマを
    「お金を欲しいと思うことは悪いことじゃないんだよ!」という
    メッセージとともに届けられているのが、狙いとして素晴らしいと思います。

    今回はコンテストご応募用(?)ということでこの形式なのだと思いますが
    もっと具体的に、主人公ご夫婦のお仕事や、なぜタイに住んでいるのか
    本を読んでどういうアクションを起こしたのかなどなど
    感情移入できて丁寧に読めるような構成になっていると
    さらにさらに良かったと思います。
    でもとても面白かったです! ご投稿ありがとうございました!

    2018/03/29 18:42
  • カラーページのセンスがとても良いですね!
    世界観にぴったりの塗りと色づかいで、
    スマホで延々見ていたくなりました。

    擬人化した動物キャラ、私はとても好きなジャンルなのですが
    惜しむらくはサメのボスのデザインが
    もう少しだけリアル寄りな、強面のほうが良かったかも。
    いかついビジュアルなのに、優しい…というギャップがあると
    さらに愛しかったと思います!
    ほっこりする作品をありがとうございました^_^

    2018/03/28 13:50
  • 主人公・朔くんの、とまどう淡い恋心に引き込まれて一気に読みました。
    蓮見さんに一体何が……!? すごく続きが気になります。
    さらに盛り上げるために、こうしても良かったかも…と気になったことを書かせてください。

    ・朔くんが蓮見さんの見た目だけで恋に落ちているように見えるので、何かもうひとつでいいから、好きになる理由があると良かったと思います。自作のアイスを食べてもらったあとのリアクションがすごく可愛いとか…。

    ・おじさんが、少々察しが良すぎるように思います。朔くんが恋心ゆえに蓮見さんの前で何かをやらかしてしまって、蓮見さんは何とも思わないけどおじさんはそこで気が付く。朔くんは気まずさを募らせて、お店から足が遠のいた時期ができる・・・というふうにすると、その後の展開も自然だったのではないでしょうか。

    逆に、具体的なエピソードが無かったのにここまで面白く読めたのは、キャラクターの表情がひとつひとつ一生懸命に描かれていたり、おじさんのアドバイスなど、まっすぐな言葉選びが功を奏しているからだと思います。さすがです。

    続きを楽しみにお待ちしています!!!

    2018/03/22 21:09
  • 読み終えて、私も一緒に夜のドライブをしたかのような
    不思議な安心感に包まれました。
    非日常への距離感が絶妙で、何ともいえない「ちょうどよさ」を感じました。

    作品紹介文も巧みで、小説など他のジャンルにも
    アンテナを張っていらっしゃる方なのかなと思います。

    投稿者の方が描く、明快なストーリーがないタイプの作品は
    漠然としたり後味が暗い方向に向かって終わることが多いと感じているのですが、
    大町さんは、ちゃんと読後感が良いところに落ち着けていることにも
    読者を意識している感じがして好感を持ちました。

    『恋の特異点』も続きが大変気になっています!
    ご投稿、ありがとうございました!

    2018/03/15 17:15
  • が、学校の課題で、この完成度を…!?
    平成生まれで、6年前でこのクオリティとは、
    いったい今はどんな作品を描かれているのでしょうか。
    とてもとても気になります。

    久しぶりに帰省したら、妹がおっきくなっていて……という設定も、
    妹が市電について語りまくる理由も、とても巧みで技量を感じました。

    本作は課題にこたえきっていてすでに完成されていますが
    ストーリー漫画としては「ここから」のもうひと押しが、楽しいですよね。
    ぜひほかの作品を、読ませてほしいです!

    2018/03/13 19:31

担当希望作品

TOP