プロフィール

アフタヌーンたしろ

★90

24

経歴

別会社でまったく漫画と関係のない専門雑誌を2年作ったあと、
アフタヌーン編集部へ。在籍10年目です。

これまでの担当作:
『ウチの使い魔がすみません』(櫓刃鉄火)
『バギーウィップ』(大野すぐる)
『フラジャイル』(原作/草水敏、漫画/恵三朗)
『春と盆暗』(熊倉献)
『路地恋花』『海月と私』(麻生みこと)
『神様がうそをつく。』(尾崎かおり)
『ネメシスの杖』『インハンド』(朱戸アオ)
『BUTTER!!!』(ヤマシタトモコ)
など。

担当作

『青野くんに触りたいから死にたい』(椎名うみ)
『大上さん、だだ漏れです。』(吉田丸悠)
『金のひつじ』(尾崎かおり)
『甘々と稲妻』(雨隠ギド)
『一日三食絶対食べたい』(久野田ショウ)
『生花甘いかしょっぱいか』(熊倉 献)

メッセージ

読むとちょっと元気や勇気が出て、
明日もがんばろっかなーと思わせてくれる作品が好きです。
どうぞよろしくお願いします。

・あなたが好きで好きで仕方がないこと 
・なぜか囚われて離れられないこと 
そういうものを思う存分描いて見せつけてくれたら、とても嬉しいです! 

アイコンはハグキさんに描いていただきました。ありがとうございます。

リンク

新着メッセージ

  • このたびはご投稿ありがとうございます!「かわいい人」「かわいいやつ」両方拝見しました。

    どちらの作品も、大ゴマの表情がとっても魅力的ですね! うわ~いい絵を描く方だな~もっと見たいな~と率直に感じました。これからも、どんどん描きたい表情を突き詰めて追い求めていかれるといいのではないかなと思います。

    また、おそらくそれほど漫画を描き慣れていない方なのかな、という雰囲気がするのですが、小さいコマでも表情がきちんと入っていますよね。とても好感が持てました。なるべく丁寧に絵を描こうという意志を感じます。小さいコマであっても、それはキャラクターの人生の一場面なので、おろそかにはできませんよね。ぜひ、今後もすみずみまで丁寧に描くことを意識し続けてみてください!

    ひとつ気になったのは、顔のアップと、バスト~腰くらいのミドルのショットになることが多いですね。場面が変わったり、キャラクターが動いたりするときは、足から頭まで全部入っているヒキの絵を入れて、背景と人物を見せるようにしましょう。どこに誰がいるのか、ぐんとわかりやすくなります。わかりやすくなると、読者がより作品に没入しやすくなれると思います。

    今アップされている2作品は、どちらも断片的なシーンしかありませんが、今後は20~30ページのストーリーのある作品を描かれる予定はないのでしょうか。ぜひ読んでみたいです!アップされているキャラクターのこの先はどうなるのでしょうか?関係が発展するのでしょうか。
    このキャラクターたちがどうなっていく姿を見てみたいですか?ぜひ妄想をたくさん膨らませて描いてみていただけたら嬉しいです!! がんばってくださいね。

    2019/04/05 20:50
  • ご投稿ありがとうございます!
    一読した感想は、なんだこの変な漫画…だけど妙にひきつけられる…なんだこれ…!! という戸惑いと興奮を覚えました。

    ・変な生き物と主人公の掛け合いが、テンポがよくて面白いです!
    ・変な生き物が、妙に存在感があってすごいです。存在しないキャラクターの感覚をしっかりキイロイホウさんがイメージして描かれているのが伝わってきます。(たとえば2話1ページ5コマ目の「身体が足りない 厚みが足りない」というモノローグ)
    表情がないのに表情が見えるような感じすらします。かわいい。
    ・上半身が裸の絵が多いからというわけではなく、作品全体から妙に性的な雰囲気がして、それがすごい好きです。フェチを感じるというか…。ちょっとうまく言語化できてなくて申し訳ないのですが、なんなんだろうこの方…気になる…! と2回も読んでしまいました。

    単に感想で、何にもアドバイスになっていなくて恐縮です。
    とにかく、気になる!ぜひ続き読みたい!ということをお伝えしたく、書き込みさせていただきます。

    続きを楽しみにしています! がんばってください!!

    2019/03/12 18:41
  • 外見は猫だけど中身はヤンキー男子高校生の主人公と、おばあちゃん。とても面白くなりそうな2人組ですよね。
    絵柄とあいまって、ほのぼのとした可愛らしさがあり、とても楽しく読みました!

    ただ、読み終わったときに、なんだか全部薄味だな?とも感じてしまいました…きつい言い方でごめんなさい!
    このキャラクターたちならではの面白さや魅力が、まだまだたくさん描ける気がしました。

    真昼さんは、この漫画の、どのキャラクターのどんなところを、一番に見てもらいたいですか?

    たとえば。
    ヤンキーの男の子のツンデレさをとにかく一番に見てもらいたい漫画でしょうか?
    だとしたら、ヤンキーの男の子が、どんなふうだと真昼さんは萌えますか?楽しいですか?ニヤニヤしちゃいますか?

    そして、せっかく猫の外見なわけなので、猫の外見だからこそ描けるニヤニヤポイントを、もっともっと細かく具体的に膨らませていけるといいのかな〜と思います。
    このキャラのここをどうしても見てほしい!という真昼さんのこだわりを、もっと作品で見られたらと嬉しいです!

    設定を思いつかれたのは本当に素晴らしいので、よりキャラを育てていってあげてほしいな〜と思いました。

    ご投稿ありがとうございました、ぜひ頑張ってください!

    2019/02/27 20:22
  • コマ割りのメリハリが上手で非常にスラスラと読めました。主役の2人が、とにかくどちらも可愛くて表情豊かで、とても好感が持てました~

    現状では、視点になっている弟くんが、没個性な受け身のキャラクターに収まっている点が気になりました(作品の導入部分なので、ある種致し方ないと思いますが…)。
    「人見知りで友達がいない」という設定はありますが、具体性に欠けている、という印象なんです。

    彼は具体的にどんな人なんでしょう?ずっと友達がいなかったんでしょうか。男友達もずっといなかったのか?お姉ちゃんとの仲の良さは?
    そのあたりがもっとハッキリ描かれると、「彼にとって、彼女がどれくらいの切実さを持った関係性の相手なのか??」みたいなことも明確になっていくと思います。

    今後、失恋確定してしまった彼が挽回していくのだとしたら、「彼だからこそ」の活躍、がんばり、輝き…が描かれるといいなと期待しています!

    とりとめない雑感ですが、参考になれば幸いです。ご投稿ありがとうございます、引き続きがんばってください!

    2018/11/16 20:20
  • 「裏切り者を始末したときと同じ顔」とか、小ネタがいちいち面白いですね! 
    ボスのキャラがすごくよくて、悪そうなおじさんが必死にスイーツを作る様子がかわいらしくて、これはもっと見てみたいな~と思いました。

    ただ、ボスがずっと情けなかったりかわいかったり弱い描写ばかりなので、本来描こうとしている「すごい強い怖い人が、スイーツを必死に作っていてかわいい」というギャップがあまりうまく出ていなくてもったいない…という印象です。

    ボスは他の部下や敵組織にはむちゃくちゃ悪くて恐れられているけど、一緒にスイーツを作っているこの部下にだけは違う一面を見せる…みたいなシーンがきちんと入ってくると、もっとボスのかわいらしさが引き立つのではないかなと思いました!

    また、絵に関してですが、キャラクターの目の描き方が気になりました。
    黒目が小さいので、キャラと目が合いにくいし、どこを見ているかがわかりにくい…。
    三白眼だったり、目つきの悪さがアイデンティティーのキャラたちだとは思いますが、少し考えてみていいのかもしれません。

    ご投稿ありがとうございました、がんばってください!

    2018/08/03 15:31
  • 利便性さんの新作! 楽しみに読ませていただきました。

    感想は、せ、せつねえ…!! 
    自分の中の出来心が、友情を壊しちゃうことって、ありますよね…。
    後悔しつつ、「彼の秘密は墓まで持っていくんだ」と、せめて友情に殉じよう(というと大げさですか)という主人公の気持ちがとても素敵でした。

    ストーリーとは、ということについてはスズキの書いている通りで、わたしもそういうものが読んでみたいです!

    ある作家さんが「自分の書いた話の『転』の部分を、物語の『起』に持っていくようにする。それで考え直してみると、物語は格段に面白くなる」というようなことをおっしゃっていたんですね。
    そういうことに、ちょっとトライしてみてもいいのかな~と思いました。

    今回の話で言えば「大事な友達を傷つけてしまい、彼は怒って宇宙に帰ってしまった」「彼と再び友達になりたい」から始まるお話し、ということになりますね。

    その先に利便性さんの描きたいものがあるかどうかは、正直わからないのですが、どんなものになるのかなあとワクワクします。

    参考までにしていただければ幸いです。がんばってください!

    2018/06/09 01:13
  • 絵の雰囲気にひかれて読み始めましたが、つ、続き……! ぜひ続きを描いてください~~~

    「ネーム原作者志望」とのことですので、どんなストーリーやエピソードを紡がれる方なのかを、楽しみに待ちたいと思います。

    あと、1ページ2コマ目のヤンキー女子(ヤンキー成分が出る前にお話が終わってるので、非常に気になってます…!!)の後ろにいるお友達?の造詣がすごくいいですね。この友達のキャラクターがどんなふうなのかも、とても気になります。

    このたびはご投稿ありがとうございました、がんばってください!

    2018/06/04 20:52
  • 最初、腕が蟹爪(に見えてしまいましたすみません)になっているところで
    ふっと思わず笑ってしまいました。無駄がなくてテンポのいい会話劇で、あっという間に読み切ってしまいました。面白かったです!

    気になったのは、腕がすごいことになった!という絵のインパクト以上の面白さがないことでしょうか。このワンアイディアからどう広げていけるかがこの先の課題なのかな??と思います。

    この腕のネタ自体は、もうそんなに広がりはないのかな、という気がしますが(そんなことはなかったらごめんなさい!)キャラクターは、まだまだどんどん広がっていきそうですし、転がっていけそうな気がします。

    異星人と地球人、殺しかけて改造したヤツと殺されかけて改造されたヤツ。
    コンビものに重要な「まったく違う境遇のふたりが出会う」というポイントはすでにクリアしているので、次はこの二人に何か「共通の目的」を持たせるといいかもしれないですね。
    この先、キャラクターを深めた作品が読めるのを期待しています!


    ところで、クルベ星人は、ほんとに何したんですかね…?
    腕もがれて文句言わないって相当ですよね……。

    2018/06/01 22:59
  • 花にだけ色があるところが、webならではの表現で面白かったです!作品の、静謐で色気のある雰囲気もすばらしいですね。

    6ページからモノローグが切り替わるところは、他の編集者と同じく、わたしも一瞬「あれ?」と手が止まってしまって、読みにくかったです。

    雰囲気はすごくいいなあ…と思うものの「人の心に強く残る」「ファンになってもらう」というこの作品独自の強みには到達できておらず、そこが今後のひめのさんの課題なのかな??とも思います。

    今回は途中で視点を切り替えて、二人の事を描いていますが、どちらも感情への踏み込みが浅い印象です。キャラクターの感情に思いきり感情移入して、悲しみや苦しみを味わう作りになっていないように思います。
    どちらかに絞って、もっとキャラクターの個別的で具体的なエピソードを想像して描いて行くところから始めてみるといいかもしれません。

    たとえば…
    このふたりはどう出会って、どんなところに惹かれていったのか?花になっていく兆候が表れたときの彼女の気持ちは?言葉は急にしゃべれなくなったのか?それならそのときの戸惑いや絶望はどんなだったのか??などなど…

    すごく膨らんで、面白くなりそうな設定とキャラクターなので、ぜひぜひもっと深堀りしてみてもらえたらなあ、と思います!

    このたびはご投稿ありがとうございました!

    2018/05/23 13:10
  • 非常にかわいらしい二人で好感が持てました!
    最終ページでびっくりしたのですが、松本くんは彼女がいるんですね!???

    彼女がいる松本くんを、花子さんは恋愛として好きなのでしょうか。
    それとも放課後にちょっと気になる異性と、友達以上恋人未満的な時間を過ごしているのが心地いいのでしょうか…とても気になります!ぜひ、もっと長い尺で描いてみてはと思いました。

    また、二人の関係性の「どこを一番読み手においしく味わってほしいのか」が、もっとハッキリ出てくるといいなと思いました。
    たとえばですが「彼女がいるのに思わせぶりな態度をとる(顔をあんなに近づけてくるとか!)松本くんに、悔しいけどメロメロでベタ惚れの花子さんを見て楽しむ漫画です!」なのか??
    ずあんさんの一番のこだわりがどこか、もっともっと見せびらかしていただけたら嬉しいです!

    このたびはご投稿ありがとうございました、がんばってください!

    2018/05/10 16:54

担当希望作品

担当希望作品はありません

TOP