投稿作品

担当希望

担当希望はありません

編集者メッセージ(新着)

  • 深く果てなんへのメッセージ

    これは怖い‥‥。サイコっぽい犯人の喋り方が秀逸ですね。
    強姦殺人の事情聴取なのに、「最高でしたよ」とか「この女、良かったですよ」とか、自分の主観をちょいちょい挟んでくる所を見て、素直に嫌~な気持ちになりました。ゾワゾワとした恐怖感というか。
    あと個人的には、最後の辞世の句の前に、「泣いて謝る女房の姿」と「もう一発やりたいとしか思ってない小平の姿」を描いたことで、この話の救われなさが倍増したなと思ってます。

    読み手の感情を狙ってコントロールするのはとても大事なことなので、こうした誰もが感じる気持ち悪さ・救われなさを描けるというのは大きな武器ですね。

    韓国映画の『チェイサー』なんかも「気持ち悪さ・救われなさ」の部分でかなり類似するものがあるので、観てみると参考になるかもしれません。(個人的にはクライムサスペンスの傑作です)
    史実に基づかない、谷口さんだから描けるヤバい犯人もぜひ見てみたいです!

編集者メッセージ(いいね)

  • 深く果てなんへのメッセージ

    これは怖い‥‥。サイコっぽい犯人の喋り方が秀逸ですね。
    強姦殺人の事情聴取なのに、「最高でしたよ」とか「この女、良かったですよ」とか、自分の主観をちょいちょい挟んでくる所を見て、素直に嫌~な気持ちになりました。ゾワゾワとした恐怖感というか。
    あと個人的には、最後の辞世の句の前に、「泣いて謝る女房の姿」と「もう一発やりたいとしか思ってない小平の姿」を描いたことで、この話の救われなさが倍増したなと思ってます。

    読み手の感情を狙ってコントロールするのはとても大事なことなので、こうした誰もが感じる気持ち悪さ・救われなさを描けるというのは大きな武器ですね。

    韓国映画の『チェイサー』なんかも「気持ち悪さ・救われなさ」の部分でかなり類似するものがあるので、観てみると参考になるかもしれません。(個人的にはクライムサスペンスの傑作です)
    史実に基づかない、谷口さんだから描けるヤバい犯人もぜひ見てみたいです!

TOP