浅木翔太郎  (ID:shotaro_astom)
★321,232

アドバイス頂けると嬉しいです。

投稿作品

編集者メッセージ(新着)

  • ANCHORへのメッセージ

    ご投稿ありがとうございます!

    若々しくて、熱い、いい青春ストーリーでした!
    まさにスポーツマンガ!

    繰り上げスタートの選手を主人公に置くという目の付け所が非常に面白くて、読み始めました。

    主人公については、状況・プレッシャー・陸上を始めた理由・悩み、そして走ってる途中で答えを見つける…と、ムダなく拾うべきところを拾ってらっしゃって、話を整理する力は高い方だとお見受けします。

    主人公の心の声や回想も効果的に使われていて、主人公をスムーズに摑むこともできました。だからこそ彼が頑張っている姿に応援したい気持ちや、ゴールの感動も表現で来ていたと思います。
    ですが、メイン二人の人物の関係性をもっと描けていたら、感動をもっと強く描けていたんじゃないか、と思ってしまいます。
    (他の方と重複するポイントで申し訳ありませんが)

    それから、種目は違えども私も陸上競技経験者なため、気になってしまったのですが、試合前のオーバーワークは、普通はありえないなと思います。
    しかし、長瀬はそのあり得ないことをやった。長瀬がオーバーワークをしなきゃいけない事情は何だったのか…? その事情を主人公は知っていたのか…?
    もしかしたらここら辺にドラマ…二人の関係性を表現できるヒントがあるかもしれません。

    それでも、すごく気持ちよく読ませていただきました。
    一度話をしてみたいと思いましたので、担当希望を出させていただきます。
    ご縁がありましたら、よろしくお願いいたします!

  • ANCHORへのメッセージ

    まっすぐ熱いドラマを読ませていただきました。
    展開はシンプルながら、重ねられていく言葉とテンポが心地よくて、
    ついつい主人公を応援したくなってしまいました。
    箱根駅伝という舞台の、繋がれなかったタスキに注目された視点も
    素晴らしいと思います。

    個人的にもう一つ深く見たいと思ったのはドラマの部分です。
    立花と長瀬はどういう関係だったのでしょうか?
    立花は長瀬の何を背負って走ったのでしょうか?
    長瀬によって救われた過去があるとか、その天才性にコンプレックスを感じていたとか、
    そういった長瀬に対しての思いが描き切れていなかった分、
    読んでいても、立花の気持ちにイマイチ乗り切れなかった部分がありました。

    それでも演出でグッとこさせるまでに高められているのはすごいと思います。
    少しでも参考になりましたら幸いです。
    新しい作品も、楽しみにお待ちしております。

  • 蛇人へのメッセージ

    動き、構図、格好いいですね!
    いいいアクションが描けています。
    読者を楽しませようという気持ちも
    素晴らしいです。

    いいテーマと出会い、この人を見ていきたい
    と思わせるキャラクターを生みだしてほしいです。

    その手助けができれば。嬉しいです!

  • 蛇人へのメッセージ

    ご投稿ありがとうございます!
    サムネイルに惹かれて読ませていただきました。

    主人公のシロウがかっこいいですね!掴みどころがないように見えた前半と、一本芯の通った姿の見える後半とのギャップで、彼のキャラが一気に好きになりました。
    またp.6-7,p.28,p.34など、魅せたいコマがしっかりと書けていて、まだネームの段階ですが力強さを感じました。

    アドバイスとしては、タケヤスの回想の説明が少し長いかなという感じがしました。ほとんどが説明台詞で、もしかしたら読んでいて飽きてしまうかもしれません。逆にシロウの回想はもう少し詳しくしてもいいのではないでしょうか。起こった出来事がp.42-43にまとめられていて、今のままだと、徳川幕府にそれだけの恨みを持つ根拠が不十分かなと思います。
    また、「蛇人」とはどういうものなのかがもう少し知りたかったです!

    好きを詰め込んだ、とのことでしたがそれがひしひしと伝わってきました!
    ぜひ作品を作るお手伝いをさせていただきたく思います。
    もしよろしければ、一度お話しさせていただけますと幸いです。
    担当希望をさせていただきますので、ご検討をお願いいたします!

編集者メッセージ(いいね)

  • 蛇人へのメッセージ

    ご投稿ありがとうございます!
    サムネイルに惹かれて読ませていただきました。

    主人公のシロウがかっこいいですね!掴みどころがないように見えた前半と、一本芯の通った姿の見える後半とのギャップで、彼のキャラが一気に好きになりました。
    またp.6-7,p.28,p.34など、魅せたいコマがしっかりと書けていて、まだネームの段階ですが力強さを感じました。

    アドバイスとしては、タケヤスの回想の説明が少し長いかなという感じがしました。ほとんどが説明台詞で、もしかしたら読んでいて飽きてしまうかもしれません。逆にシロウの回想はもう少し詳しくしてもいいのではないでしょうか。起こった出来事がp.42-43にまとめられていて、今のままだと、徳川幕府にそれだけの恨みを持つ根拠が不十分かなと思います。
    また、「蛇人」とはどういうものなのかがもう少し知りたかったです!

    好きを詰め込んだ、とのことでしたがそれがひしひしと伝わってきました!
    ぜひ作品を作るお手伝いをさせていただきたく思います。
    もしよろしければ、一度お話しさせていただけますと幸いです。
    担当希望をさせていただきますので、ご検討をお願いいたします!

  • 蛇人へのメッセージ

    動き、構図、格好いいですね!
    いいいアクションが描けています。
    読者を楽しませようという気持ちも
    素晴らしいです。

    いいテーマと出会い、この人を見ていきたい
    と思わせるキャラクターを生みだしてほしいです。

    その手助けができれば。嬉しいです!

  • ANCHORへのメッセージ

    まっすぐ熱いドラマを読ませていただきました。
    展開はシンプルながら、重ねられていく言葉とテンポが心地よくて、
    ついつい主人公を応援したくなってしまいました。
    箱根駅伝という舞台の、繋がれなかったタスキに注目された視点も
    素晴らしいと思います。

    個人的にもう一つ深く見たいと思ったのはドラマの部分です。
    立花と長瀬はどういう関係だったのでしょうか?
    立花は長瀬の何を背負って走ったのでしょうか?
    長瀬によって救われた過去があるとか、その天才性にコンプレックスを感じていたとか、
    そういった長瀬に対しての思いが描き切れていなかった分、
    読んでいても、立花の気持ちにイマイチ乗り切れなかった部分がありました。

    それでも演出でグッとこさせるまでに高められているのはすごいと思います。
    少しでも参考になりましたら幸いです。
    新しい作品も、楽しみにお待ちしております。

  • ANCHORへのメッセージ

    ご投稿ありがとうございます!

    若々しくて、熱い、いい青春ストーリーでした!
    まさにスポーツマンガ!

    繰り上げスタートの選手を主人公に置くという目の付け所が非常に面白くて、読み始めました。

    主人公については、状況・プレッシャー・陸上を始めた理由・悩み、そして走ってる途中で答えを見つける…と、ムダなく拾うべきところを拾ってらっしゃって、話を整理する力は高い方だとお見受けします。

    主人公の心の声や回想も効果的に使われていて、主人公をスムーズに摑むこともできました。だからこそ彼が頑張っている姿に応援したい気持ちや、ゴールの感動も表現で来ていたと思います。
    ですが、メイン二人の人物の関係性をもっと描けていたら、感動をもっと強く描けていたんじゃないか、と思ってしまいます。
    (他の方と重複するポイントで申し訳ありませんが)

    それから、種目は違えども私も陸上競技経験者なため、気になってしまったのですが、試合前のオーバーワークは、普通はありえないなと思います。
    しかし、長瀬はそのあり得ないことをやった。長瀬がオーバーワークをしなきゃいけない事情は何だったのか…? その事情を主人公は知っていたのか…?
    もしかしたらここら辺にドラマ…二人の関係性を表現できるヒントがあるかもしれません。

    それでも、すごく気持ちよく読ませていただきました。
    一度話をしてみたいと思いましたので、担当希望を出させていただきます。
    ご縁がありましたら、よろしくお願いいたします!

TOP