鹿原  (ID:sanzaki)
★9 3,512

連絡先:siokahara@gmail.com

投稿作品

編集者メッセージ(新着)

  • 読み切りネーム ※差し替え済へのメッセージ

    ご投稿ありがとうございます。

    「感情がない」キャラクターが、
    初めての感情を得たり、何かに目覚めたりするのではなく
    そこに「かわいそう」という感情を見出していた主人公側がそれを自覚し
    そのままでいられる良い環境を作り出す、という展開が
    新しく、かつ納得感のあるテーマで面白かったです!
    キャラの掛け合いもかわいらしく魅力的でした。

    一方で、キャラやシーンを取捨選択できていないことで
    その面白いテーマが少し伝わりにくい気がした点と、
    ソフィアが何をしたいのか、何を目標としてこれからやっていくのかが不明瞭ゆえに
    少し爽快感・決着感が足りなく感じた点はさらに伸ばせる点かなと思います。

    他の作品もテーマ選びと印象的なシーンづくり(演出力)が魅力的で
    「描きたいこと」をいろいろ持ってらっしゃる、そしてそこにオリジナリティが
    ある作家さんなのかなと思いました。

    もしモーニング、モーニングツー、コミックDAYSにご興味ありましたら
    一度お話させていただけないでしょうか。
    何卒よろしくお願いいたします!

  • 鳥の子どもへのメッセージ

    決意の時の表情だったり、泣く寸前の表情だったり、どれもすごく素敵で見返したくなる絵を描かれるなと思いました。羽の生えた鳥族がいるという世界の設定は、シンプルではあると思いますが、羽が売買されたり鳥飼いの習慣があったりなど、「鳥族」という大きな嘘を現実味のある設定で補強できていて、すんなりとこの世界に入ることができました。
    鳥族の少女を助けてくれた彼らもまた、同じような立場にあったという最後の展開にもしっかりと驚かされました。この設定はキャラクターへの共感につながっているので、よりいっそう彼らを好きになれるなと思います。
    一方で、後半にかけて、ばばも含めた4人の位置関係などがちょっとわかりづらく感じました。基点となる背景があったりすると、読者にはわかりやすかったかもなと思います。

    『いつかの約束』も拝読しました。お金を貸してくれたお姉さんと、涙目の主人公の目線が重なるシーンがたまらなくいい顔ですね。

    ぜひ一度、お話させていただけないでしょうか。
    ご検討のほどよろしくお願いいたします。

編集者メッセージ(いいね)

  • 鳥の子どもへのメッセージ

    決意の時の表情だったり、泣く寸前の表情だったり、どれもすごく素敵で見返したくなる絵を描かれるなと思いました。羽の生えた鳥族がいるという世界の設定は、シンプルではあると思いますが、羽が売買されたり鳥飼いの習慣があったりなど、「鳥族」という大きな嘘を現実味のある設定で補強できていて、すんなりとこの世界に入ることができました。
    鳥族の少女を助けてくれた彼らもまた、同じような立場にあったという最後の展開にもしっかりと驚かされました。この設定はキャラクターへの共感につながっているので、よりいっそう彼らを好きになれるなと思います。
    一方で、後半にかけて、ばばも含めた4人の位置関係などがちょっとわかりづらく感じました。基点となる背景があったりすると、読者にはわかりやすかったかもなと思います。

    『いつかの約束』も拝読しました。お金を貸してくれたお姉さんと、涙目の主人公の目線が重なるシーンがたまらなくいい顔ですね。

    ぜひ一度、お話させていただけないでしょうか。
    ご検討のほどよろしくお願いいたします。

  • 読み切りネーム ※差し替え済へのメッセージ

    ご投稿ありがとうございます。

    「感情がない」キャラクターが、
    初めての感情を得たり、何かに目覚めたりするのではなく
    そこに「かわいそう」という感情を見出していた主人公側がそれを自覚し
    そのままでいられる良い環境を作り出す、という展開が
    新しく、かつ納得感のあるテーマで面白かったです!
    キャラの掛け合いもかわいらしく魅力的でした。

    一方で、キャラやシーンを取捨選択できていないことで
    その面白いテーマが少し伝わりにくい気がした点と、
    ソフィアが何をしたいのか、何を目標としてこれからやっていくのかが不明瞭ゆえに
    少し爽快感・決着感が足りなく感じた点はさらに伸ばせる点かなと思います。

    他の作品もテーマ選びと印象的なシーンづくり(演出力)が魅力的で
    「描きたいこと」をいろいろ持ってらっしゃる、そしてそこにオリジナリティが
    ある作家さんなのかなと思いました。

    もしモーニング、モーニングツー、コミックDAYSにご興味ありましたら
    一度お話させていただけないでしょうか。
    何卒よろしくお願いいたします!

TOP