★334,352

ふだんはイラストを描いていてときどき漫画を描きます。伝わるものを描きたいです。
アドバイス頂けたらと思います、よろしくお願いします('ω')ノ

編集者メッセージページ

  • 色彩がとても綺麗‥!

    とても面白いです!
    中学生の、「ごく普通の」恋愛なのですが、それを丁寧に丁寧に描いていて。キャラクターの気持ちがよく伝わります。
    主人公とヒロインを一話ごとに交互に視点人物にしていく作り方も、引き込まれました。(僕は男なので特に)
    鮮やかな色が心情とリンクしていてとてもいいですね。五話の夕暮れなんかもとても綺麗でノスタルジックで、素敵だと思いました。
    片桐くんがこれからどう物語に絡んでくるかなど、とても気になります。

    等身大のキャラクターを描くことがとても上手な印象を受けました。
    色彩豊かな絵が作り出す雰囲気と、胸をくすぐるキャラクターの気持ちが魅力的です。

    読んでいて、教室の様子なんかも知りたいな、と感じました。
    一人一人の気持ちに寄り添うとどうしてもアップの絵が多くなりますが、構図を引いたり寄せたり、を意識するとより場の雰囲気が十全に伝わるかもしれません。

    応援しています!また読ませていただきますね。

    2018/05/21 13:19
  • 猫の幽霊、めちゃくちゃ可愛いですね!
    頭につけている三角の布が耳に見えて、耳が3つあるように見えるのは少々残念ですが(笑)
    女の子の絵柄もゆるふわな感じがとても愛らしかったです。
    霊感ネタでも、それ以外でも良いですので
    彼女のために頑張るヘタレメガネ男子くんとのラブラブなやりとりをもっと見たいです。
    ぜひまたの投稿をお待ちしております!

    2018/11/26 00:25
  • おお! 僕の超好みのタイプの作品です!!
    本日、初めて第1話から6話まで読ませていただきました。

    ナッキーさんの特によかったところ!

    1、少女漫画で大切な「好き」の感情を伝える力がめちゃくちゃある!
    2、色使い、光と陰の使い方、すごく上手! 
    3、「こんな友達いたらいいなー!」など、10代少女の憧れが詰まってる!
    4、読者の感情を動かすセリフの力がある。
    5、1話目から6話目にかけて、ナッキーさんの力がどんどん伸びている!!


    少女漫画(というかラブストーリー)は、「あなたが好きです」という気持ちを、エピソードや映像を使って読者に伝えるものです。(なるべく「好き」という言葉に頼らずに手を変え品を変えありとあらゆる手段で)

    「cherish」は、全編にわたって中原さんと杉村くんがお互いを好きと想いあっている感情がビンビン伝わってきます。
    月曜日に学校に行くのが楽しみになるとか! 好きだから恥ずかしいもの見られたくないとか!! 

    あと「恋に落ちている人間だから見えちゃう好きな相手のキラキラ絵」がすごくよく描けていますね。特に6話目で杉村君が中原さんがいっしょに歩いている映像を思い浮かべるシーンはすばらしかったです。これは「好き」を絵で伝えているということになります。上記2のナッキーさんの絵の力がなくては表現できないものだったと思います。

    そして少女漫画にとても大切な「憧れ」も詰まっています。自分のことを大事に思ってくれて、時には忠告もしてくれる友達は、だれもが欲しい存在ではないでしょうか。だから美咲ちゃんみたいな友達がいる中原さんに憧れる読者は多いと思います。

    特に美咲ちゃんの「勇気がないんじゃない。出してないだけだよ!」は、めっちゃいいセリフ。僕も真似して使いたくなりました笑。

    そして何より、一番感動したのは1話目と最新の6話の絵のレベルが全然違うこと。人物の線もずっと安定するようになったし、難しいアングルの絵にもチャレンジして描けるようになっています。ナッキーさんはめちゃくちゃ伸び盛り。今こそたくさん描くべき時です!!


    今後の課題としては、

    「なるべくセリフやモノローグを減らして、もっともっとエピソードで『好き』を表現すること」かなと。

    中原さんと杉本さんの恋とともに成長しているナッキーさんの「cherish」の続きを楽しみにしています!!



    2019/06/30 12:00
  • とっても素敵なお話でした…!2人の初々しい恋に、胸の高鳴りが止まりません!!!
    モノローグが全て秀逸で、人が恋をしたときの感情を本当に適格に、豊かに、キュートに、描けています。優等生な女の子の普通なところを見てときめいたり、月曜日が楽しみになったり…ともすれば見落としてしまいそうな、日常の中にある「好き」の感情を、きちんと言語化して物語にする力が卓越していますね。漫画家さんとして大きな才能を感じます。続きもぜひ読みたいです!

    2019/07/01 16:21

TOP