免条ユウ  (ID:menzyo8)
★7860

漫画歴1年/建築系の専門卒でデザイン業界で働いていました。/主に過去作を載せていこうと思っています。

投稿作品

担当決定

編集者メッセージ(新着)

  • GRIM REAPERへのメッセージ

    まず、原稿がとても丁寧で、非常に好感が持てました! ペンタッチもしっかりしているし、毛先や服のシワ、背景や小物に至るまで、手を抜くことなく、このページ数を描き切れているのは、集中力がある証拠だと思います! 寄り引きのバランスも良いし、カメラアングルも考えられているため、非常に読みやすかったのも◎!!

    扉ページや、魂を回収するシーン、ハーキャットが飛び出してくるコマなど、
    思わず手を止めてしまう絵も多かったです。描きたい絵のイメージがしっかり頭の中にあるのだなと感心しました。

    画力も一定ありますし、非常に丁寧なのですが、
    全体的に絵にカタさがあるのは今後の課題かもしれないですね。
    キャラの表情が乏しいのも気になるので、特に目元周り(黒目と黒点の描き方)を中心に、
    顔面の表情の変化がよりつけられるよう、
    ご自身が目指すべき作家さんの絵柄を研究してみても良いかと思います。

    ストーリーについては、信念を持って死神になろうとする女の子、という部分と、それをしっかりと遂行していく彼女の行動自体は良かったと思います。

    ただ、現状のストーリーで気になるのが、「死神になるために悪人を殺し続けている女の子」の話になってしまっている点。
    そもそもなぜ彼女は死神になりたいのか。そこが語られているようで語られていない。
    「誰かを助ける強くて優しい死神になる」のが彼女の目的かもしれませんが、
    少なくともこの物語の中では死神は魂を回収することしかしていないため、
    彼女がこのまま66人を殺して死神になってしまったら、
    彼女が目的は達成するけれど手段を失ってしまうのでは? という気がするんですよね。

    死する運命をそこそこイージーに回避できたのもやや引っかかりましたし、
    (しかもそこに死神はまったく関与していない)
    人間状態で死神から超能力を与えられる、という設定も、かなり唐突に思えます。

    なんとなく、ストーリーを進めるためにキャラや設定を動かしてしまったかな、
    という印象を全体的に受けました。

    この子がなぜ死神になりたいと願ったか。
    死神になって何をしたいのか。また、それはできることなのか。

    この2点を、この主人公の心情描写とともにもっと掘り下げて描いていけると説得力が増したのかなと感じます。

    以上です! 長くなりましてすみません!
    よろしければ今作っている別のお話や、考えているアイディアなどのこともお伺いしてみたいです。

編集者メッセージ(いいね)

  • GRIM REAPERへのメッセージ

    まず、原稿がとても丁寧で、非常に好感が持てました! ペンタッチもしっかりしているし、毛先や服のシワ、背景や小物に至るまで、手を抜くことなく、このページ数を描き切れているのは、集中力がある証拠だと思います! 寄り引きのバランスも良いし、カメラアングルも考えられているため、非常に読みやすかったのも◎!!

    扉ページや、魂を回収するシーン、ハーキャットが飛び出してくるコマなど、
    思わず手を止めてしまう絵も多かったです。描きたい絵のイメージがしっかり頭の中にあるのだなと感心しました。

    画力も一定ありますし、非常に丁寧なのですが、
    全体的に絵にカタさがあるのは今後の課題かもしれないですね。
    キャラの表情が乏しいのも気になるので、特に目元周り(黒目と黒点の描き方)を中心に、
    顔面の表情の変化がよりつけられるよう、
    ご自身が目指すべき作家さんの絵柄を研究してみても良いかと思います。

    ストーリーについては、信念を持って死神になろうとする女の子、という部分と、それをしっかりと遂行していく彼女の行動自体は良かったと思います。

    ただ、現状のストーリーで気になるのが、「死神になるために悪人を殺し続けている女の子」の話になってしまっている点。
    そもそもなぜ彼女は死神になりたいのか。そこが語られているようで語られていない。
    「誰かを助ける強くて優しい死神になる」のが彼女の目的かもしれませんが、
    少なくともこの物語の中では死神は魂を回収することしかしていないため、
    彼女がこのまま66人を殺して死神になってしまったら、
    彼女が目的は達成するけれど手段を失ってしまうのでは? という気がするんですよね。

    死する運命をそこそこイージーに回避できたのもやや引っかかりましたし、
    (しかもそこに死神はまったく関与していない)
    人間状態で死神から超能力を与えられる、という設定も、かなり唐突に思えます。

    なんとなく、ストーリーを進めるためにキャラや設定を動かしてしまったかな、
    という印象を全体的に受けました。

    この子がなぜ死神になりたいと願ったか。
    死神になって何をしたいのか。また、それはできることなのか。

    この2点を、この主人公の心情描写とともにもっと掘り下げて描いていけると説得力が増したのかなと感じます。

    以上です! 長くなりましてすみません!
    よろしければ今作っている別のお話や、考えているアイディアなどのこともお伺いしてみたいです。

TOP