青山惟月  (ID:ituki98)
★172,012

ふだんは漫画かいたり、小説かいたり、イラスト書いたり。好きなものを詰めていきたいです。よろしくお願いいたします。
漫画の完成原稿はアダムズコードで初めて描いたので、かなり未熟です。

投稿作品

担当希望

担当希望はありません

編集者メッセージ(新着)

  • 椿の花嫁へのメッセージ

    竜のリュカ、人間のクロエ、どちらも非常に愛おしい存在でした!
    自分の左目を、クロエに「宝石のような目」と言われ、思わず表情が崩れるシーンは、リュカのクールを装いながらも、愛を求めている人となりというものが伝わってきますし、クロエが竜になったリュカを叩いて「ぜーったい嫌っ!」というシーンはクロエの心の底からの優しさが感じられます。
    心根の優しいキャラを素直に描けていることが長所だと思いました。

    また、展開についても一工夫されていてよかったと思います。
    竜が実はいいやつだった。お互い両思いになった。めでたしめでたし、ではなく、人間側の悪いやつが現れてもう一波乱が起きるというのは、サプライズをしようという意思が感じられます。
    事実、私も矢が飛んできたところでは「おっ!」となりました。


    中盤、竜の目の説明あたりで、文章が増えてしまうところが残念に思います。そこでこれまでのテンポが止まってしまうきらいがありました。リュカとクロエの会話劇で進んで欲しかった、というのが率直な感想になります。
    また、母がリュカにかけた呪いが嘘だった、ということに少し拍子抜けしてしまいました。「何のためにリュカの母は嘘をついたのだろう」という疑問、違和感をぬぐうことができませんでした。
    そのあたりの話の流れを意識すると、もっとリュカというキャラに深みがでると思います。

    まっすぐな物語を作る力がおありだと感じました。これからも素敵なキャラを生み出していってください!!

編集者メッセージ(いいね)

  • 椿の花嫁へのメッセージ

    竜のリュカ、人間のクロエ、どちらも非常に愛おしい存在でした!
    自分の左目を、クロエに「宝石のような目」と言われ、思わず表情が崩れるシーンは、リュカのクールを装いながらも、愛を求めている人となりというものが伝わってきますし、クロエが竜になったリュカを叩いて「ぜーったい嫌っ!」というシーンはクロエの心の底からの優しさが感じられます。
    心根の優しいキャラを素直に描けていることが長所だと思いました。

    また、展開についても一工夫されていてよかったと思います。
    竜が実はいいやつだった。お互い両思いになった。めでたしめでたし、ではなく、人間側の悪いやつが現れてもう一波乱が起きるというのは、サプライズをしようという意思が感じられます。
    事実、私も矢が飛んできたところでは「おっ!」となりました。


    中盤、竜の目の説明あたりで、文章が増えてしまうところが残念に思います。そこでこれまでのテンポが止まってしまうきらいがありました。リュカとクロエの会話劇で進んで欲しかった、というのが率直な感想になります。
    また、母がリュカにかけた呪いが嘘だった、ということに少し拍子抜けしてしまいました。「何のためにリュカの母は嘘をついたのだろう」という疑問、違和感をぬぐうことができませんでした。
    そのあたりの話の流れを意識すると、もっとリュカというキャラに深みがでると思います。

    まっすぐな物語を作る力がおありだと感じました。これからも素敵なキャラを生み出していってください!!

TOP