菅沼ハコ  (ID:hakoxxx)
★22266

ショタとファンタジーが好きです。

投稿作品

担当希望

担当希望はありません

編集者メッセージ(新着)

  • 恋する野生児。へのメッセージ

    静と動のメリハリがあってすごく読みやすいです!
    摑みはばっちりなので、あとは話の柱作りやまとめ方(削ぎ落し方と膨らまし方)を身につければ、きっと連載が狙える実力をお持ちだと思います。
    期待しています。ごとうこうありがとうございました!


  • 恋する野生児。へのメッセージ

    最初の4P! 情感的な1P目と、主要キャラふたりの関係がわかりやすく描かれた冒頭の4Pに、これから始まる物語へのワクワク感と期待感をめちゃくちゃ煽られました。

    絵にかんしても、背景は細部まで描き込みがなされ、靴や制服の着こなしからもキャラクターを表現しよう、という菅沼さんのこだわりが感じられて非常に好印象でした。
    製作が2016年とのことですが、いまではどれくらい画力が上がってらっしゃるのかと、とても期待が膨らみます。
    最近描かれた作品もぜひ読ませていただきたいです!

    作品全体の感想しては、「すごく楽しかったけど、ちょっと物足りなかった」。
    菅沼さんの描きたいことが、詰め込まれ過ぎちゃったのかもしません。

    幼なじみとの再会から始まるラブストーリーというのは、とても王道的で親しみやすく個人的に大好物の設定ですが、この作品では、
    それ以上に「まだ恋をしたいことない主人公」に興味をそそられます。
    野生児のように振る舞い周囲からもそう思われている主人公はとても魅力的で、
    そこに離れ離れだった男の子が現れた。
    するとおそらく読者としては
    「この主人公がどんな初恋を迎えるのか」、「主人公を恋に目覚めさせるこの男はどんな男の子なのか」が知りたいし見たくなる。

    そうなると、
    三角関係的な要素が勘違いだったと回収する行にけっこうなP数が使われたり、
    主人公が恋心を自覚するまでの過程で相手役の男の子が別の女子に告白されたりするのは
    正直邪魔だな、と感じてしまいました。
    一方で、主人公が(いまの)ひろくんのどんな思いや姿に
    「恋をした」のか、その瞬間となるエピソードが描かれていないため、
    ラストの告白シーンにも説得力が欠けてしまい
    共感もカタルシスも生まれづらくなっています。

    「主人公がどんな初恋を迎えるのか」というのは、僕が冒頭を読んで勝手に期待したことなので、主題が別にあるのならそれで構わないと思います。
    大切なのは
    菅沼さんが「作品でいちばん描こうをしているポイント」を
    描き出す前にひとつに絞り込むこと。

    そのポイントをなるべく強く伝えるために
    キャラの感情も設定やエピソードも、優先順位をつけて取捨選択する意識がもてると
    より一層、最後まで読む人をワクワクさせられて満足感も得てもらえるような
    作品ができるのでは、と感じました。

    ただ、今回の作品にはそれだけ「描きたいポイント」が処理しきれないほど溢れていたということだと思います。
    めちゃくちゃ次回作が楽しみになる作品でした。
    期待しています!



  • 昆虫女史と神様トンボへのメッセージ

    実に想像力豊かで、
    心が騒めく素敵な作品ですね。

    アオが初めて
    羽を伸ばしたページと、
    ラストの飛翔の見開きには、
    感嘆のため息が漏れました。

    菅沼さんの描きたい
    リアルなファンタジック世界に、
    優しく引き込まれ、
    二人の出会いから始まる
    絆の物語に大きく共鳴いたしました。

    お話の根底に流れる
    環境破壊の問題や、
    亡き祖母との関係など、
    先々にドラマの素となる
    複数のアイデアのセッティングにも
    興味と好奇が湧いてきました。

    続きがあるならば、
    ぜひ拝読させて
    いただきたく存じます、、、。

    1ページ目に
    セリフとモノローグが
    やや多かった気がします。
    もう少しセリフを
    巧く振り分けられたら、
    もっと作品世界に読者を
    優しく導けると感じます。

    また冒頭の脱皮の皮も
    もっとハッキリ描いたほうが
    わかりやすかったかもですね。

    またページ数への配慮も
    あるかと想いますが、
    さらさの学校での変人ぷりを
    後半の男子らとの絡みで、
    前もって知らせておくと、
    さやさのキャラ立てが
    明確になったかと思います。

    ともあれ、
    お気に入りにさせて
    いただきますので、
    引き続きオリジナリティを大切に
    熱く頑張ってくださいませ。

    ご投稿ありがとうございました!








編集者メッセージ(いいね)

  • 昆虫女史と神様トンボへのメッセージ

    実に想像力豊かで、
    心が騒めく素敵な作品ですね。

    アオが初めて
    羽を伸ばしたページと、
    ラストの飛翔の見開きには、
    感嘆のため息が漏れました。

    菅沼さんの描きたい
    リアルなファンタジック世界に、
    優しく引き込まれ、
    二人の出会いから始まる
    絆の物語に大きく共鳴いたしました。

    お話の根底に流れる
    環境破壊の問題や、
    亡き祖母との関係など、
    先々にドラマの素となる
    複数のアイデアのセッティングにも
    興味と好奇が湧いてきました。

    続きがあるならば、
    ぜひ拝読させて
    いただきたく存じます、、、。

    1ページ目に
    セリフとモノローグが
    やや多かった気がします。
    もう少しセリフを
    巧く振り分けられたら、
    もっと作品世界に読者を
    優しく導けると感じます。

    また冒頭の脱皮の皮も
    もっとハッキリ描いたほうが
    わかりやすかったかもですね。

    またページ数への配慮も
    あるかと想いますが、
    さらさの学校での変人ぷりを
    後半の男子らとの絡みで、
    前もって知らせておくと、
    さやさのキャラ立てが
    明確になったかと思います。

    ともあれ、
    お気に入りにさせて
    いただきますので、
    引き続きオリジナリティを大切に
    熱く頑張ってくださいませ。

    ご投稿ありがとうございました!








  • 恋する野生児。へのメッセージ

    最初の4P! 情感的な1P目と、主要キャラふたりの関係がわかりやすく描かれた冒頭の4Pに、これから始まる物語へのワクワク感と期待感をめちゃくちゃ煽られました。

    絵にかんしても、背景は細部まで描き込みがなされ、靴や制服の着こなしからもキャラクターを表現しよう、という菅沼さんのこだわりが感じられて非常に好印象でした。
    製作が2016年とのことですが、いまではどれくらい画力が上がってらっしゃるのかと、とても期待が膨らみます。
    最近描かれた作品もぜひ読ませていただきたいです!

    作品全体の感想しては、「すごく楽しかったけど、ちょっと物足りなかった」。
    菅沼さんの描きたいことが、詰め込まれ過ぎちゃったのかもしません。

    幼なじみとの再会から始まるラブストーリーというのは、とても王道的で親しみやすく個人的に大好物の設定ですが、この作品では、
    それ以上に「まだ恋をしたいことない主人公」に興味をそそられます。
    野生児のように振る舞い周囲からもそう思われている主人公はとても魅力的で、
    そこに離れ離れだった男の子が現れた。
    するとおそらく読者としては
    「この主人公がどんな初恋を迎えるのか」、「主人公を恋に目覚めさせるこの男はどんな男の子なのか」が知りたいし見たくなる。

    そうなると、
    三角関係的な要素が勘違いだったと回収する行にけっこうなP数が使われたり、
    主人公が恋心を自覚するまでの過程で相手役の男の子が別の女子に告白されたりするのは
    正直邪魔だな、と感じてしまいました。
    一方で、主人公が(いまの)ひろくんのどんな思いや姿に
    「恋をした」のか、その瞬間となるエピソードが描かれていないため、
    ラストの告白シーンにも説得力が欠けてしまい
    共感もカタルシスも生まれづらくなっています。

    「主人公がどんな初恋を迎えるのか」というのは、僕が冒頭を読んで勝手に期待したことなので、主題が別にあるのならそれで構わないと思います。
    大切なのは
    菅沼さんが「作品でいちばん描こうをしているポイント」を
    描き出す前にひとつに絞り込むこと。

    そのポイントをなるべく強く伝えるために
    キャラの感情も設定やエピソードも、優先順位をつけて取捨選択する意識がもてると
    より一層、最後まで読む人をワクワクさせられて満足感も得てもらえるような
    作品ができるのでは、と感じました。

    ただ、今回の作品にはそれだけ「描きたいポイント」が処理しきれないほど溢れていたということだと思います。
    めちゃくちゃ次回作が楽しみになる作品でした。
    期待しています!



  • 恋する野生児。へのメッセージ

    静と動のメリハリがあってすごく読みやすいです!
    摑みはばっちりなので、あとは話の柱作りやまとめ方(削ぎ落し方と膨らまし方)を身につければ、きっと連載が狙える実力をお持ちだと思います。
    期待しています。ごとうこうありがとうございました!


TOP