投稿作品

担当決定

編集者メッセージ(新着)

  • オバケはお菓子がお好きへのメッセージ

    ご投稿ありがとうございます。
    可愛らしい作品でした。
    ぜひ漫画制作をご一緒したいです。

    週刊少年チャンピオンで担当希望です。
    ご興味があられましたら、ご連絡ください。

    秋田書店 週刊少年チャンピオン編集部
    蛇口玲(へびぐちれい)

  • オバケはお菓子がお好きへのメッセージ

    古西様

    はじめまして。
    月刊少年マガジン編集部の市原と申します。

    『オバケはお菓子がお好き』『告白』ともに拝読いたしました。
    両作に共通して、キュートさの演出力が素晴らしいですね。
    まずこちらの作品では猫又とタヌキという人ではないキャラが主役となっており、
    中身のあるお話にするのが非常に難しかったと思います。
    しかし、猫又の高貴さとデレデレの描き分けが爽快で、すぐに大好きになりましたし、飼いたくなりました。
    自分にだけデレてくれるというのは人間でもそうでなくても愛らしいものですね。

    そして『告白』、私は適当な感じの、良い意味で小汚く、かっこいいおっちゃんキャラが好きで、まずそこで刺さったのですが、
    想定の上を越されました。とても良いキャラだったと思います。
    欲を言えば、告白シーンでのエンドではなく、
    おじいちゃんとわかったあとの秋津さんの返事までしっかり描き、
    秋津さんの一癖もさらに見せられると良かったかと思います。
    とはいえ非常に楽しませていただきました。

    月マガ編集部では、本誌以外にもいろいろな媒体での作品を手掛けており、古西様に合った活動がしやすいのではないかと思います。
    そのあたりを含めて、ぜひ一度、漫画作りについてお話する機会をいただければと思います。
    担当希望を出させていただきますので、ご検討いただけますと幸いです。
    何卒よろしくお願いいたします!

  • オバケはお菓子がお好きへのメッセージ

    ご投稿いただきありがとうございます!

    冒頭の強面おじさんが豪華で可愛らしいケーキを作っているギャップ、狸がひらがなのトリックオアトリート(とりーとおあとりーと)を書かれた紙をもって訪ねてくる、キュートな冒頭が掴みとしてしっかり機能していると思いました!

    読み始めてみると、どんどん化け狸の小物感が強くなっていき面白いのですが、それに加えて彼と猫又のユキとのやり取りを通して、どれだけ男が良いやつなのかが強く伝わってきました。ユキの恐ろしさを描くことで、狸よりも恐ろしい存在であるユキですら懐いてしまう、という男の魅力が間接的に表現されていて、非常にお上手だなと…!

    また、本作とともに「告白」も読ませていただきました。ドレッドヘアーのおじ様に恋の相談をして告白しにいったら、相手の女の子がまさかの…といった展開が予想できそうではあるけども、その予想を超える面白さで引き込まれました!
    また、こちらでは「オバケはお菓子がお好き」とは違った年齢・性別の3キャラクターが描かれていたことがあまりにも衝撃的でした!
    まさか強面おじさんと動物だけでなく、イケオジ、中学生男子、可愛らしい女子中学生まで描けるとは…!
    広い幅のキャラクターを描く作画の技量はどのジャンルを描くうえでも非常に大きな武器になると確信しております。

    そこで是非一度古西さんと、今後の制作についてのお話の機会をいただきたいと考えております。テンポの良い掛け合いと、多様なキャラクターを最大限に生かせるお話作りのお手伝いをさせてください!
    担当希望出させていただきましたので、もしよろしければご検討いただけますと幸いです。

    何卒よろしくお願いいたします。

編集者メッセージ(いいね)

  • オバケはお菓子がお好きへのメッセージ

    ご投稿ありがとうございます。
    可愛らしい作品でした。
    ぜひ漫画制作をご一緒したいです。

    週刊少年チャンピオンで担当希望です。
    ご興味があられましたら、ご連絡ください。

    秋田書店 週刊少年チャンピオン編集部
    蛇口玲(へびぐちれい)

  • オバケはお菓子がお好きへのメッセージ

    ご投稿いただきありがとうございます!

    冒頭の強面おじさんが豪華で可愛らしいケーキを作っているギャップ、狸がひらがなのトリックオアトリート(とりーとおあとりーと)を書かれた紙をもって訪ねてくる、キュートな冒頭が掴みとしてしっかり機能していると思いました!

    読み始めてみると、どんどん化け狸の小物感が強くなっていき面白いのですが、それに加えて彼と猫又のユキとのやり取りを通して、どれだけ男が良いやつなのかが強く伝わってきました。ユキの恐ろしさを描くことで、狸よりも恐ろしい存在であるユキですら懐いてしまう、という男の魅力が間接的に表現されていて、非常にお上手だなと…!

    また、本作とともに「告白」も読ませていただきました。ドレッドヘアーのおじ様に恋の相談をして告白しにいったら、相手の女の子がまさかの…といった展開が予想できそうではあるけども、その予想を超える面白さで引き込まれました!
    また、こちらでは「オバケはお菓子がお好き」とは違った年齢・性別の3キャラクターが描かれていたことがあまりにも衝撃的でした!
    まさか強面おじさんと動物だけでなく、イケオジ、中学生男子、可愛らしい女子中学生まで描けるとは…!
    広い幅のキャラクターを描く作画の技量はどのジャンルを描くうえでも非常に大きな武器になると確信しております。

    そこで是非一度古西さんと、今後の制作についてのお話の機会をいただきたいと考えております。テンポの良い掛け合いと、多様なキャラクターを最大限に生かせるお話作りのお手伝いをさせてください!
    担当希望出させていただきましたので、もしよろしければご検討いただけますと幸いです。

    何卒よろしくお願いいたします。

  • オバケはお菓子がお好きへのメッセージ

    古西様

    はじめまして。
    月刊少年マガジン編集部の市原と申します。

    『オバケはお菓子がお好き』『告白』ともに拝読いたしました。
    両作に共通して、キュートさの演出力が素晴らしいですね。
    まずこちらの作品では猫又とタヌキという人ではないキャラが主役となっており、
    中身のあるお話にするのが非常に難しかったと思います。
    しかし、猫又の高貴さとデレデレの描き分けが爽快で、すぐに大好きになりましたし、飼いたくなりました。
    自分にだけデレてくれるというのは人間でもそうでなくても愛らしいものですね。

    そして『告白』、私は適当な感じの、良い意味で小汚く、かっこいいおっちゃんキャラが好きで、まずそこで刺さったのですが、
    想定の上を越されました。とても良いキャラだったと思います。
    欲を言えば、告白シーンでのエンドではなく、
    おじいちゃんとわかったあとの秋津さんの返事までしっかり描き、
    秋津さんの一癖もさらに見せられると良かったかと思います。
    とはいえ非常に楽しませていただきました。

    月マガ編集部では、本誌以外にもいろいろな媒体での作品を手掛けており、古西様に合った活動がしやすいのではないかと思います。
    そのあたりを含めて、ぜひ一度、漫画作りについてお話する機会をいただければと思います。
    担当希望を出させていただきますので、ご検討いただけますと幸いです。
    何卒よろしくお願いいたします!

TOP