四方井ぬい  (ID:Yomoi_)
★363,979

よもいと申します。
漫画、イラストなど描いています。
https://yomoi.myportfolio.com/yomoi

投稿作品

担当決定

編集者メッセージ(新着)

  • うわさのくまのおでん屋さんへのメッセージ

    しまった出遅れた!

    …いや、楽しく読ませていただきました。
    すっごく癒されました、ありがとうございます!

    また、くまに会いたいです、
    一ファンとして応援しております!

  • うわさのくまのおでん屋さんへのメッセージ

    「わかる…ぜんぶわかる……」と頷きながら楽しませていただきました。疲れ果て、ただただ丸くてフカフカしたものに顔を埋めたいと思う夜、あるじゃないですか…ある…!

    一読しただけで作品のサビというか、面白がりどころ、楽しみ方がわかるので、本当に読みやすかったです。冒頭で手早く主人公の背景描写を済ませてしまったのも、大正解ですね。他の作品もすべて拝読しましたが、今作は「誰に読んでもらいたいか」を四方井さんが明確に意識して描かれた作品なんだな、と思いました。抜群に面白くなっているし、ステップアップされてると感じました。

    デフォルメの強い絵柄ですが、喜怒哀楽の表現が豊かで、主人公をかわいいな、と思うコマがいくつもありました。P9のむぎょおおおおのコマ、本当に愛くるしいです。描き文字まで全部、愛くるしい! 感覚的な物言いで恐縮ですが、四方井さんの描く絵や漫画には「手元で大事に持っておきたい」「しんどい時に開ける、好きなものだけ入れた引き出しにしまっておきたい」と思わせるような、不思議な魅力があると思います。かと思えば、オチの「3分くらいはがんばるかー」のようなすっとぼけ方もしてくれるし…好き…!

    でも、なにより四方井さんに魅力を感じて興味を持ったのは、「元気じゃない日でも、生きていく」人を描こうとしているところです。『くまのおでん屋さん』はそれをエンタメに昇華できていると思います。

    ぜひ、四方井さんと一緒に作品づくりをさせてください。

  • うわさのくまのおでん屋さんへのメッセージ

    癒されました...!
    どんなに仕事が好きでも、たまには「はたらきたくない」んですよね!
    熊の造形、僕は好きです。
    熊の優しさに、おろおろするだけではない、特徴があれば(まったくしゃべらないとか、いっけん厳しいこと言ってくるとか、子供っぽいとか、おばあちゃん的な知恵あるとか)、立派な「作品」として連載できると思いました。
    以上、ファンレターでした。

  • うわさのくまのおでん屋さんへのメッセージ

    デイズネオに投稿ありがとうございます。
    これは…いいですね!!すでに企画として成立しています。
    最後まで楽しく読めました。

    一方、熊の造形がやや可愛すぎたかもしれません。
    あまりに可愛いので、主人公が
    食べられちゃうかも!?となった時に
    いや、絶対そうはならないでしょ…という風に感じてしまい
    そのあとの「熊だけどめっちゃ優しい!」というギャップが
    意外に感じられづらいのでは…???と思ってしまいました。
    熊のデザインは一考の余地があるかもしれません。

    プロを目指されている、ということですので、
    引き続きどんどん投稿してみてください。
    投稿、お待ちしております。

  • なかみのないはなしへのメッセージ

    過去作も拝見したのですが、いろいろと絵柄を試されているようですね。
    個人的な好みもあると思いますが、今回が一番かわいらしく感じました。
    ただ、線が少し太くて画面が見づらくなってしまっているかもしれません。

    2人のキャラのうち、「てきとう王」はすごくわかりやすいです。
    一方で「頭がせわしない女」は具体性が欠けるように思います。
    もしかして、四方井さんの中でも整理しきれていないのかもしれませんね。
    まずはキャラの特徴をしっかり把握し、読者にわかりやすく伝えてください。

    その上で、そのキャラが「てきとう王」に絡むと、どういう“楽しさ”や“面白さ”が生まれるのかを考えてみてください。その楽しさや面白さに焦点をしぼってエピソードを紡いでいくと、「この2人の人間関係、いいな」となって、読者として読み続けたい作品になると思います。

  • きのこクラブへようこそ!へのメッセージ

    変わった子に振り回されるマンガというのは多々あれど、
    その主役を読者に好きになってもらうことが作品として大事なのに、
    その主役が作中でみんなから好かれているという描写を入れる人が少ないですよね。
    これだけでぐっと主役=作品が好きになれました。
    四方井さん上手いです。

    1話目はこれだとして、2話以降がどうなるのかがすごく大事だと思います。
    できれば四方井さんの考える2話目が読みたいなと思いました!
    (お気に入り作品に追加させていただきました)

編集者メッセージ(いいね)

  • きのこクラブへようこそ!へのメッセージ

    変わった子に振り回されるマンガというのは多々あれど、
    その主役を読者に好きになってもらうことが作品として大事なのに、
    その主役が作中でみんなから好かれているという描写を入れる人が少ないですよね。
    これだけでぐっと主役=作品が好きになれました。
    四方井さん上手いです。

    1話目はこれだとして、2話以降がどうなるのかがすごく大事だと思います。
    できれば四方井さんの考える2話目が読みたいなと思いました!
    (お気に入り作品に追加させていただきました)

  • うわさのくまのおでん屋さんへのメッセージ

    デイズネオに投稿ありがとうございます。
    これは…いいですね!!すでに企画として成立しています。
    最後まで楽しく読めました。

    一方、熊の造形がやや可愛すぎたかもしれません。
    あまりに可愛いので、主人公が
    食べられちゃうかも!?となった時に
    いや、絶対そうはならないでしょ…という風に感じてしまい
    そのあとの「熊だけどめっちゃ優しい!」というギャップが
    意外に感じられづらいのでは…???と思ってしまいました。
    熊のデザインは一考の余地があるかもしれません。

    プロを目指されている、ということですので、
    引き続きどんどん投稿してみてください。
    投稿、お待ちしております。

  • うわさのくまのおでん屋さんへのメッセージ

    「わかる…ぜんぶわかる……」と頷きながら楽しませていただきました。疲れ果て、ただただ丸くてフカフカしたものに顔を埋めたいと思う夜、あるじゃないですか…ある…!

    一読しただけで作品のサビというか、面白がりどころ、楽しみ方がわかるので、本当に読みやすかったです。冒頭で手早く主人公の背景描写を済ませてしまったのも、大正解ですね。他の作品もすべて拝読しましたが、今作は「誰に読んでもらいたいか」を四方井さんが明確に意識して描かれた作品なんだな、と思いました。抜群に面白くなっているし、ステップアップされてると感じました。

    デフォルメの強い絵柄ですが、喜怒哀楽の表現が豊かで、主人公をかわいいな、と思うコマがいくつもありました。P9のむぎょおおおおのコマ、本当に愛くるしいです。描き文字まで全部、愛くるしい! 感覚的な物言いで恐縮ですが、四方井さんの描く絵や漫画には「手元で大事に持っておきたい」「しんどい時に開ける、好きなものだけ入れた引き出しにしまっておきたい」と思わせるような、不思議な魅力があると思います。かと思えば、オチの「3分くらいはがんばるかー」のようなすっとぼけ方もしてくれるし…好き…!

    でも、なにより四方井さんに魅力を感じて興味を持ったのは、「元気じゃない日でも、生きていく」人を描こうとしているところです。『くまのおでん屋さん』はそれをエンタメに昇華できていると思います。

    ぜひ、四方井さんと一緒に作品づくりをさせてください。

  • うわさのくまのおでん屋さんへのメッセージ

    癒されました...!
    どんなに仕事が好きでも、たまには「はたらきたくない」んですよね!
    熊の造形、僕は好きです。
    熊の優しさに、おろおろするだけではない、特徴があれば(まったくしゃべらないとか、いっけん厳しいこと言ってくるとか、子供っぽいとか、おばあちゃん的な知恵あるとか)、立派な「作品」として連載できると思いました。
    以上、ファンレターでした。

  • うわさのくまのおでん屋さんへのメッセージ

    しまった出遅れた!

    …いや、楽しく読ませていただきました。
    すっごく癒されました、ありがとうございます!

    また、くまに会いたいです、
    一ファンとして応援しております!

  • なかみのないはなしへのメッセージ

    過去作も拝見したのですが、いろいろと絵柄を試されているようですね。
    個人的な好みもあると思いますが、今回が一番かわいらしく感じました。
    ただ、線が少し太くて画面が見づらくなってしまっているかもしれません。

    2人のキャラのうち、「てきとう王」はすごくわかりやすいです。
    一方で「頭がせわしない女」は具体性が欠けるように思います。
    もしかして、四方井さんの中でも整理しきれていないのかもしれませんね。
    まずはキャラの特徴をしっかり把握し、読者にわかりやすく伝えてください。

    その上で、そのキャラが「てきとう王」に絡むと、どういう“楽しさ”や“面白さ”が生まれるのかを考えてみてください。その楽しさや面白さに焦点をしぼってエピソードを紡いでいくと、「この2人の人間関係、いいな」となって、読者として読み続けたい作品になると思います。

TOP