ツキシマテント  (ID:Tsukishima_Tent)
★11013,507

創作BLを描いてます。
キャラクターはパパ属性、無自覚に可愛いオヤジに弱いです。

投稿作品

担当希望

担当希望はありません

編集者メッセージ(新着)

  • パン職人の恋人へのメッセージ

    (感想)要士朗もナオキもとてもいいキャラクターですね。二人のビジュアル→おしゃれヒゲがポイントの40男と癒やし笑顔のナチュラルソフトゲイ(想像ですが)。それぞれのチャームポイントがきちんと絵に表れている点がまず素晴らしいです。そしてバックグラウンドも含め互いの抱えている問題も盛り込み、それを「ハグすること」を使ってちゃんと恋愛漫画にしようとしているところもよいですね~。

    (気になった点)全体を通しての「パン」や2話目の「雪の道路」3話目の「花火」と毎回描きがいのあるモチーフを用意されていますが、ここが絵になるキメキメのシーンになるとこのマンガがもっと印象的になると思いました。キャラの表情+背景のシーン、キャラがどんな気持ちで佇んでいるか、またその構図の良さがあればもっともっと勝負できるのでは?と欲張ってしまうのです。小物の見せ方、コマ内での小物の切り方などでも表現できますし。ツキシマさんに似た絵のタイプでいいますと、つゆきゆるこさんなどが参考になりそうです。

    ともあれ、嘘をついていたことを乗り越え二人なりのハッピーエンドを楽しみにしております!

  • パン職人の恋人へのメッセージ

    読み終わって「今日は帰りにパン買って帰ろう~」と平和な気持ちにさせていただきました。4話目においては、なおき&ようじろうの二人のすれ違いが描かれているのだけども、それでも「きっとこの物語は私をハッピーエンドに導いてくれる」という予感めいたものが、1話目からずっと作品の根底に流れていて、安心してページをめくれましたね。それって、めっちゃすごいことで、ツキシマさんが描かれている世界観があたたかいからこそ、そう感じさせてもらえる(安心感がある)のだろうなあと思いました。最後まで見守りたい作品です。

  • パン職人の恋人へのメッセージ

    愛しさの表現がステキです。
    要士郎が直生を見つめるまなざし、
    触れる手の緊張・ゆるみ、
    絵の一コマ一コマに
    性愛も含んだ愛しい気持ちが
    あふれていてドキドキしました。
    第一話のラスト、その愛情を感じる
    直生の幸せな表情もすごくときめきました。

    要士郎とそれ以外の人物の
    描き込み量の差がいちじるしいのは
    勿体ないですね。
    要士郎の外見にピンとくる人以外の読者を
    ふるい落としているなと感じます。
    直生や梨緒に、ファッションも含めた
    容姿のモデルを設定するといいのかも、と思いました。

    この作品の続きも楽しみですし、
    他のカップルも読んでみたいです。

  • パン職人の恋人へのメッセージ

    「ハグ」がこの漫画の大事な要素として、ちょこちょこ散りばめられているところに一貫性を感じました。

    あまりBLを読まない私でも、
    スッと入っていける優しい作品。

    全5話とのことですが、
    2話まで読んでみて
    男二人の心の距離感があまり変わらないところが気になっています。

    嵐のない優しいイチャイチャ関係を追っていくにしても、
    つかず離れずなところは多少なりともあってほしい!

    特に偏見はないとはいえ、
    もともとノンケな男性が
    同性にドキドキしてしまうことへの不安や困惑を入れつつ
    二人の仲が危うくなるドラマが見られるといいなと思います!

  • パン職人の恋人へのメッセージ

    BLは得意なジャンルではありませんが、もうおじさんに差し掛かった僕でも「ほう...」とちょっぴり共感してしまう作品、たまにあります。これがそれです。
    恐らく性別関係なく、人間の機微というものが描けているからだと思います。
    男だから女だからLGBTだから、という短絡的な作品が多い中、丁寧に人間描写を積み重ねることの強みがありますね。
    この調子でがんばってください!

編集者メッセージ(いいね)

  • パン職人の恋人へのメッセージ

    BLは得意なジャンルではありませんが、もうおじさんに差し掛かった僕でも「ほう...」とちょっぴり共感してしまう作品、たまにあります。これがそれです。
    恐らく性別関係なく、人間の機微というものが描けているからだと思います。
    男だから女だからLGBTだから、という短絡的な作品が多い中、丁寧に人間描写を積み重ねることの強みがありますね。
    この調子でがんばってください!

  • パン職人の恋人へのメッセージ

    「ハグ」がこの漫画の大事な要素として、ちょこちょこ散りばめられているところに一貫性を感じました。

    あまりBLを読まない私でも、
    スッと入っていける優しい作品。

    全5話とのことですが、
    2話まで読んでみて
    男二人の心の距離感があまり変わらないところが気になっています。

    嵐のない優しいイチャイチャ関係を追っていくにしても、
    つかず離れずなところは多少なりともあってほしい!

    特に偏見はないとはいえ、
    もともとノンケな男性が
    同性にドキドキしてしまうことへの不安や困惑を入れつつ
    二人の仲が危うくなるドラマが見られるといいなと思います!

  • パン職人の恋人へのメッセージ

    読み終わって「今日は帰りにパン買って帰ろう~」と平和な気持ちにさせていただきました。4話目においては、なおき&ようじろうの二人のすれ違いが描かれているのだけども、それでも「きっとこの物語は私をハッピーエンドに導いてくれる」という予感めいたものが、1話目からずっと作品の根底に流れていて、安心してページをめくれましたね。それって、めっちゃすごいことで、ツキシマさんが描かれている世界観があたたかいからこそ、そう感じさせてもらえる(安心感がある)のだろうなあと思いました。最後まで見守りたい作品です。

  • パン職人の恋人へのメッセージ

    (感想)要士朗もナオキもとてもいいキャラクターですね。二人のビジュアル→おしゃれヒゲがポイントの40男と癒やし笑顔のナチュラルソフトゲイ(想像ですが)。それぞれのチャームポイントがきちんと絵に表れている点がまず素晴らしいです。そしてバックグラウンドも含め互いの抱えている問題も盛り込み、それを「ハグすること」を使ってちゃんと恋愛漫画にしようとしているところもよいですね~。

    (気になった点)全体を通しての「パン」や2話目の「雪の道路」3話目の「花火」と毎回描きがいのあるモチーフを用意されていますが、ここが絵になるキメキメのシーンになるとこのマンガがもっと印象的になると思いました。キャラの表情+背景のシーン、キャラがどんな気持ちで佇んでいるか、またその構図の良さがあればもっともっと勝負できるのでは?と欲張ってしまうのです。小物の見せ方、コマ内での小物の切り方などでも表現できますし。ツキシマさんに似た絵のタイプでいいますと、つゆきゆるこさんなどが参考になりそうです。

    ともあれ、嘘をついていたことを乗り越え二人なりのハッピーエンドを楽しみにしております!

  • パン職人の恋人へのメッセージ

    愛しさの表現がステキです。
    要士郎が直生を見つめるまなざし、
    触れる手の緊張・ゆるみ、
    絵の一コマ一コマに
    性愛も含んだ愛しい気持ちが
    あふれていてドキドキしました。
    第一話のラスト、その愛情を感じる
    直生の幸せな表情もすごくときめきました。

    要士郎とそれ以外の人物の
    描き込み量の差がいちじるしいのは
    勿体ないですね。
    要士郎の外見にピンとくる人以外の読者を
    ふるい落としているなと感じます。
    直生や梨緒に、ファッションも含めた
    容姿のモデルを設定するといいのかも、と思いました。

    この作品の続きも楽しみですし、
    他のカップルも読んでみたいです。

TOP