篠ノ井亅軌  (ID:Shinonoi_Kekki)

★17387

しののいけっき。
1997年1月生まれ。

デビューに関して:某漫画雑誌の新人枠にて、ギャグ4コマを掲載していただいたことがあります。

Twitter:https://twitter.com/Shinonoi_Kekki?lang=ja
pixiv:https://www.pixiv.net/member.php?id=15611059

投稿作品

担当希望

担当希望はありません

編集者メッセージ(新着)

  • 昼休みのゲリラゴングへのメッセージ

    ゲーム女子と、
    腹へり女子(有り金5円)!

    遊びなのか、
    遊ばれなのか、

    放置ギリギリ、
    愛スレスレの
    なにげに可愛い二人でした♪

    軽妙なテンポが心地よく、
    昼休み50分に炸裂する
    かまってモードと
    するーモードが
    微妙に絡み合って、
    クセになる愉快さでありました♪

    個人的には、
    4コマよりも
    ショートにした方が
    相応しい作風のように感じます。

    小遊びのパターンが
    さらに積み重なり、
    50分で語れる
    ぷち青春遊戯みたいな
    切り口を確立して
    いただきたく存じます。

    飽くなき面白いを追求して
    頑張ってくださいませ。
    応援しております、押忍ッ!!!


  • 聖域を掃除するへのメッセージ

    横になって寝ると思うなよ、というキラーワードに触れられただけで大満足です。
    4コマ部分よりもむしろ導入と最後のコマ割りの部分に魅力を感じました。

    今回は2人が交互にツッコミあうというテイストでしたが、
    「誰から見た誰がどうなのか」という1点に話のウリをしぼると
    もっと訴求や拡散される作品になりえたかなと思いました。
    (「汚部屋叔母さん観察記」なのか「うちの甥が私にきつくあたるつらい」なのかということです)

    もう1作品やtwitterを拝見しましたが、最近の画風はシャープなんですね。
    そちらの画風になってから、ダークな作品も、「意図しない気持ち悪さ」は排除されていて、
    とても読みやすく、テーマや物語がすっと入ってきやすいです。
    ただしもう少し光ある、今作のような作品も好きだなと個人的に思いました。
    いずれにせよ「自分が読みたい漫画」&「読者が読んでよかったと思えるもの」の重なる部分に向けて主張や作品を撃ち続けていくことがプロへの道かと思います。
    応援しています。

    またのご投稿お待ちしております!

  • 聖域を掃除するへのメッセージ

    高校時代、
    しかも文化祭用に
    描かれたとは驚きです!

    ネタ量、構成、画力とも、
    すでに技術的には
    なんら本職と遜色ない
    力量だと感じます。

    プロとアマの違いは、
    いろいろんな方が、
    いろいろな見地で、
    いろいろな場所で話されていて、
    それこそ山のように
    芯を突いた考え方が
    あると思います。

    あるミュージシャンの
    言葉を拝借すると、、、

    金がない時、
    バイト雑誌を手にするのがアマ。

    金がない時、
    ギターを手にするのがプロ。

    との事で、、、

    当たり前のように
    椅子に座り、
    水を飲むみたいに
    ペンを握り、
    ご飯を食べるように
    面白いものを描き続けるための
    栄養を取り続ける事、、、
    なのかも知れませんね。

    なんだか偉そうな事を
    申し上げてすみません。

    篠ノ井さんの今作と
    もう一作も拝読し、
    とても刺激を受けましたので、
    ついこんなコメントに
    なってしまいました。
    ご容赦ください。

    誰かを面白がらせる事が、
    自らの喜びになるように、
    引き続き熱く楽しく
    頑張ってくださいませませ。

    応援しております。押忍ッ!










  • 記憶する傷跡へのメッセージ

    シャープでハイエッジ!

    一見クールすぎるように
    見える絵柄ですが、
    人肌にはしっかり体温が宿り、
    それが怖さを引き立ててます。

    コマ割りも簡潔でわかりやすく、
    白バックもキレてる印象!

    やや線が細さが気になりますが、
    なかなかに漫画表現が、
    巧みな方だとお見受けします。

    愛し合う二人に、
    どんな過去や因縁があるのか、
    まだハシリ程度にしか
    紹介されていませんが、
    何か途方もない緊迫と、
    血のニオイを感じます、、、。

    妹や家族をも巻き込んだ
    バイオレンス的展開を見せるのか、
    それともトゥルー・ラブを貫く
    ボーイズロマンスとなるのか、
    しかと続きを目撃させて
    いただきたく存じます。

    できる事なら
    身も心も傷だらけでも、
    愛と救いのある物語を
    描いていってほしいです。
    ご期待しております。押忍ッ!!











編集者メッセージ(いいね)

  • 聖域を掃除するへのメッセージ

    高校時代、
    しかも文化祭用に
    描かれたとは驚きです!

    ネタ量、構成、画力とも、
    すでに技術的には
    なんら本職と遜色ない
    力量だと感じます。

    プロとアマの違いは、
    いろいろんな方が、
    いろいろな見地で、
    いろいろな場所で話されていて、
    それこそ山のように
    芯を突いた考え方が
    あると思います。

    あるミュージシャンの
    言葉を拝借すると、、、

    金がない時、
    バイト雑誌を手にするのがアマ。

    金がない時、
    ギターを手にするのがプロ。

    との事で、、、

    当たり前のように
    椅子に座り、
    水を飲むみたいに
    ペンを握り、
    ご飯を食べるように
    面白いものを描き続けるための
    栄養を取り続ける事、、、
    なのかも知れませんね。

    なんだか偉そうな事を
    申し上げてすみません。

    篠ノ井さんの今作と
    もう一作も拝読し、
    とても刺激を受けましたので、
    ついこんなコメントに
    なってしまいました。
    ご容赦ください。

    誰かを面白がらせる事が、
    自らの喜びになるように、
    引き続き熱く楽しく
    頑張ってくださいませませ。

    応援しております。押忍ッ!










  • 聖域を掃除するへのメッセージ

    横になって寝ると思うなよ、というキラーワードに触れられただけで大満足です。
    4コマ部分よりもむしろ導入と最後のコマ割りの部分に魅力を感じました。

    今回は2人が交互にツッコミあうというテイストでしたが、
    「誰から見た誰がどうなのか」という1点に話のウリをしぼると
    もっと訴求や拡散される作品になりえたかなと思いました。
    (「汚部屋叔母さん観察記」なのか「うちの甥が私にきつくあたるつらい」なのかということです)

    もう1作品やtwitterを拝見しましたが、最近の画風はシャープなんですね。
    そちらの画風になってから、ダークな作品も、「意図しない気持ち悪さ」は排除されていて、
    とても読みやすく、テーマや物語がすっと入ってきやすいです。
    ただしもう少し光ある、今作のような作品も好きだなと個人的に思いました。
    いずれにせよ「自分が読みたい漫画」&「読者が読んでよかったと思えるもの」の重なる部分に向けて主張や作品を撃ち続けていくことがプロへの道かと思います。
    応援しています。

    またのご投稿お待ちしております!

  • 昼休みのゲリラゴングへのメッセージ

    ゲーム女子と、
    腹へり女子(有り金5円)!

    遊びなのか、
    遊ばれなのか、

    放置ギリギリ、
    愛スレスレの
    なにげに可愛い二人でした♪

    軽妙なテンポが心地よく、
    昼休み50分に炸裂する
    かまってモードと
    するーモードが
    微妙に絡み合って、
    クセになる愉快さでありました♪

    個人的には、
    4コマよりも
    ショートにした方が
    相応しい作風のように感じます。

    小遊びのパターンが
    さらに積み重なり、
    50分で語れる
    ぷち青春遊戯みたいな
    切り口を確立して
    いただきたく存じます。

    飽くなき面白いを追求して
    頑張ってくださいませ。
    応援しております、押忍ッ!!!


  • 記憶する傷跡へのメッセージ

    シャープでハイエッジ!

    一見クールすぎるように
    見える絵柄ですが、
    人肌にはしっかり体温が宿り、
    それが怖さを引き立ててます。

    コマ割りも簡潔でわかりやすく、
    白バックもキレてる印象!

    やや線が細さが気になりますが、
    なかなかに漫画表現が、
    巧みな方だとお見受けします。

    愛し合う二人に、
    どんな過去や因縁があるのか、
    まだハシリ程度にしか
    紹介されていませんが、
    何か途方もない緊迫と、
    血のニオイを感じます、、、。

    妹や家族をも巻き込んだ
    バイオレンス的展開を見せるのか、
    それともトゥルー・ラブを貫く
    ボーイズロマンスとなるのか、
    しかと続きを目撃させて
    いただきたく存じます。

    できる事なら
    身も心も傷だらけでも、
    愛と救いのある物語を
    描いていってほしいです。
    ご期待しております。押忍ッ!!











TOP