レディー・ゾゾ  (ID:GA-HAN)
★581,006

個人サイトでも作品を公開してますよ 探してね♪

投稿作品

担当希望

担当希望はありません

編集者メッセージ(新着)

  • 恋する花園へのメッセージ

    このたびはご投稿有り難うございます!

    この作品、実はすごく繊細なテーマを扱っていると思うのですが、
    それが可愛くてお耽美なキャラクター達によって描き出されているので、(良い意味で)重すぎることなく、あくまで楽しみながら、読むことができました。
    基本的な作品テンションがコミカルなぶん、主人公が悲しむシーンにはギャップがあって、彼女の悩みの深さも伝わってきました。
    キャラクターもデフォルメされているけれどリアリティありますね。
    細かいところですが、優介くんが「初咲き見逃しちゃったなあ」と言うくだり。本人にそのつもりはないけれど無神経なことをうっかり言ってしまう、こういう瞬間あるなぁ~と。。笑
    ただどのキャラクターもみんな憎めない感じで、作者の方が色んな人に対して愛を持って描いているのが伝わってきました。

    独特の世界観を持った作家さんだと思うので、ほかにどんな舞台を描かれるのか、もっと読んでみたいです。
    担当を希望いたします。

  • 恋する花園へのメッセージ

    植物の擬人化の表現が絶妙で、とても綺麗ですね。
    最初、水に浸かっている描写も夢があって素敵でしたし、
    キャラクターたちがお互いに繊細な思いやりを持っているところも好感が持てます。

    「花が咲く」ことが人間にとっての第二次性徴という扱いなのも面白かったのですが
    現実世界の語彙や常識を作中に持ち込みすぎなのが、もったいなかったです。
    植物ベースの世界なのであれば、種類によって開花時間や好みの温度が違ったり繁殖方法も違って、
    それがキャラの個性や、社会システムに影響を及ぼすはずだと思います。
    たとえば「BEASTERS」や「宝石の国」も擬人化ものですが、
    動物・宝石ならではの登場人物の生活スタイルが規定されていますし、作品のテーマに直結しています。

    すでに絵的な魅力がとてもあるので、
    この設定をキャラクターとストーリー、そして作品のテーマにうまく反映させられたら
    ものすごくいい一作になると思いました。

    ご投稿ありがとうございました!


  • アフロマンスへのメッセージ

    最初の入りは暗い話かな?と思ったんですがとても明るく、笑えました!
    爆発頭から繰り出されるギャグは、ナンセンスではありますが、明快でした。昭和レトロな絵柄と雰囲気が個人的にはとても好きです。他のサイトの投稿作もチラッと拝見しましたが、とても多作でネタも幅広いようですね。次回作も楽しみにしています。

  • アジトへのメッセージ

    子供の頃、秘密基地に対する憧れって誰もが抱いてましたよね。
    普通の人にとっては公園の茂みの中とかなのに、彼らは廃校全てを秘密基地にできるなんて!!
    夢の詰まった作品だと思います!ポスターが貼られた教室のシーンには思わず心うたれました。

    キャラの表情がとてもよく、とくに14pの和馬の叫びの迫力はピカイチでした。
    ハジメが最後まで和馬に対し信頼し続ける友情も心温まります。

    気になってしまったのは、和馬の精神面です。「大人になれない子供」というよりも「幼いまま大きくなってしまった大人」という面が目立ってしまったように感じました。
    市長に向かって持ち看板を投げる部分もちょっと身勝手かな‥と
    その行動に対し、和馬なりの信念や考え方がこもって入れば、もっと強烈なキャラクターへと昇華できたかもしれません。
    また、もう少し思慮深さがあれば、読者も共感できるキャラクターになったかもしれません。
    どちらに振るかを意識していただくと和馬をもっとすぎになれるのでは、と思いました。

    次回作も是非読ませてください!
    よろしくお願いします!

編集者メッセージ(いいね)

  • アフロマンスへのメッセージ

    最初の入りは暗い話かな?と思ったんですがとても明るく、笑えました!
    爆発頭から繰り出されるギャグは、ナンセンスではありますが、明快でした。昭和レトロな絵柄と雰囲気が個人的にはとても好きです。他のサイトの投稿作もチラッと拝見しましたが、とても多作でネタも幅広いようですね。次回作も楽しみにしています。

  • 恋する花園へのメッセージ

    植物の擬人化の表現が絶妙で、とても綺麗ですね。
    最初、水に浸かっている描写も夢があって素敵でしたし、
    キャラクターたちがお互いに繊細な思いやりを持っているところも好感が持てます。

    「花が咲く」ことが人間にとっての第二次性徴という扱いなのも面白かったのですが
    現実世界の語彙や常識を作中に持ち込みすぎなのが、もったいなかったです。
    植物ベースの世界なのであれば、種類によって開花時間や好みの温度が違ったり繁殖方法も違って、
    それがキャラの個性や、社会システムに影響を及ぼすはずだと思います。
    たとえば「BEASTERS」や「宝石の国」も擬人化ものですが、
    動物・宝石ならではの登場人物の生活スタイルが規定されていますし、作品のテーマに直結しています。

    すでに絵的な魅力がとてもあるので、
    この設定をキャラクターとストーリー、そして作品のテーマにうまく反映させられたら
    ものすごくいい一作になると思いました。

    ご投稿ありがとうございました!


  • 恋する花園へのメッセージ

    このたびはご投稿有り難うございます!

    この作品、実はすごく繊細なテーマを扱っていると思うのですが、
    それが可愛くてお耽美なキャラクター達によって描き出されているので、(良い意味で)重すぎることなく、あくまで楽しみながら、読むことができました。
    基本的な作品テンションがコミカルなぶん、主人公が悲しむシーンにはギャップがあって、彼女の悩みの深さも伝わってきました。
    キャラクターもデフォルメされているけれどリアリティありますね。
    細かいところですが、優介くんが「初咲き見逃しちゃったなあ」と言うくだり。本人にそのつもりはないけれど無神経なことをうっかり言ってしまう、こういう瞬間あるなぁ~と。。笑
    ただどのキャラクターもみんな憎めない感じで、作者の方が色んな人に対して愛を持って描いているのが伝わってきました。

    独特の世界観を持った作家さんだと思うので、ほかにどんな舞台を描かれるのか、もっと読んでみたいです。
    担当を希望いたします。

  • アジトへのメッセージ

    子供の頃、秘密基地に対する憧れって誰もが抱いてましたよね。
    普通の人にとっては公園の茂みの中とかなのに、彼らは廃校全てを秘密基地にできるなんて!!
    夢の詰まった作品だと思います!ポスターが貼られた教室のシーンには思わず心うたれました。

    キャラの表情がとてもよく、とくに14pの和馬の叫びの迫力はピカイチでした。
    ハジメが最後まで和馬に対し信頼し続ける友情も心温まります。

    気になってしまったのは、和馬の精神面です。「大人になれない子供」というよりも「幼いまま大きくなってしまった大人」という面が目立ってしまったように感じました。
    市長に向かって持ち看板を投げる部分もちょっと身勝手かな‥と
    その行動に対し、和馬なりの信念や考え方がこもって入れば、もっと強烈なキャラクターへと昇華できたかもしれません。
    また、もう少し思慮深さがあれば、読者も共感できるキャラクターになったかもしれません。
    どちらに振るかを意識していただくと和馬をもっとすぎになれるのでは、と思いました。

    次回作も是非読ませてください!
    よろしくお願いします!

TOP